2019-03-10

ファッションの主役は自分から

服のテイストミックスしたり、外しを加えたりするのが好き。

キメキメは今の時代フィットしない気がするし。

そうやって工夫すること自体面白い

骨格診断、パーソナルカラー、顏タイプ診断。すべて受けて自分に似合う服は総じて

クール

だった。

(ウィンター/ストレート/クール

他の人は知らないけど、3つの診断の傾向がすべて同じなのには笑ってしまった。

まり、一番似合うのは、上質なスーツなどのカチッとしたデザイン、色はモノトーン寒色系、赤などのハッキリした色、と言った次第。

私がかつて好きだったのは、フリルとかレースとかほっこりフェミニンで淡い色なんだけど、診断を受けて潔くあきらめた。

実際、診断にあわせた服を着ると周りの反応がすごい良かったし、自分も確かによく見えるもの

よく考えると昔は人に嫌わないように、優しい人ぶるところがあった。服もそれに合わせたぶりっこ風。

でも実際は我の強い、ハッキリした性格目力の強さは定評あり。優しくなくはないと思うけど、どうしてもクールに見られがちだったっけ。

自分個性を受け入れる方がおしゃれになる。似合わない服を無理して似合わせる工夫をする方が大変だしね。

ただし、毎日スーツなんてもちろんあり得ないし、仕事柄まず着ない。

フリーランス服装自由なのに、かっちりした服着る筋合いもなく。

ここで冒頭のミックスやはずしテクを使うのだ。

基本的にはきれいカジュアル

ニットタイトスカートシャツなどのプレーンな服をメインに、スニーカーやカゴバック、ロック柄(ロック好き♪)など自分らしさを一匙混ぜるのだ。

元々好きなガーリーな服も、革ジャンとゴツイブーツでハードに振れば程良くクールに締まる。

ポイントは各アイテムの甘さ辛さ度合いを数値化しておくこと。

もちろんざっくりでいい。

組み合わせながら、自分に似合う甘辛バランスの数値に納めていく。

簡単なのは、まず100%甘い(辛い)コーデをして、そこから逆のテイストのものと1アイテムずつ交換していって、ちょうどいいところを鏡の前で見つけること。

たとえば革ジャンと黒スキニー女の子をこないだ見かけたけど、ハードすぎて近寄れない印象。

最近、ちらほら見かけるんだけど、こういう子。はやってる?)

私だったらバッグをファーバックにしたり、インナーレースを合わせたりするかな。

黒革ジャンに黒スキニー自体合わせることはないけど。。

同じはずしアイテムでGジャンをガーリーワンピに合わせるのもあるけど、私にはまだ甘みが強すぎる。。

かわいい系の女子にはすごく似合うんだけどな。

ちなみに、甘辛の見分け方は、男が着てもおかしくないアイテム=辛い、女だけ=甘です。

そんなわけで私の家は、モノトーンブルー系が多く、一瞬男のクロゼット?に見えそうな中、急にピンクのプリースカートや赤のカーで、大きい花柄ワンピが並んでおります(笑)

かっちり、ハッキリしたものが似合うストレートインターには、このくらいの振り幅が必要なよう。

逆に中途半端が一番ぼやけるんだよなぁ。

  • anond:20190310175807

    私はイエローオータムで混じり気のないきれいな色が似合わないので羨ましいわ 一番おしゃれなもの着れる系統だと思うけど、人の好みはそれぞれですね

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん