2019-10-15

私は昔偽善者だったことがある

確かあれは、合格して来春から通うことになった高校へ何らかの書類を提出しに行った帰りの電車の中だったように思う。

隣には友達のお母さんがいて、私はそのお母さんと一緒に電車に乗り込んで、3人がけの座席の前に立った。

目の前の席にホームレス男性が座って寝ているのに異臭で気づいた。

友達のお母さんも私も何も言わず男性のことには何も触れず、車両を移ろうかというそぶりも見せず、全く関係ない話をして目的の駅で降りた。

全く関係ない話をしながら(臭うなあ、ここに立つ前に気づいていたらこんな席来なかったのに。今更どこか別の場所に移ろうとお母さんに伝えたら、目の前の人は嫌な気持ちになったり怒ったりするだろうか。お母さんや全く気にしないそぶりで座っている周りの人は、この子ホームレス差別するような子だと思うだろうか)とずっと考えていた。

もう25年も昔の話だ。


就職して何年か経ち、もらったはいいが持て余した夏休みを、一泊二日の箱根ひとり旅に使おうと出かけた時のことだ。

よくある観光コースの例にそのまま倣って、旅館へは直行せず、ケーブルカーロープウェイに乗って向かうことにした。

観光シーズンからロープウェイに向かう行列は非常に混んでいた。だいたい30分〜1時間は並んでいたように思う。今のようにスマホで気軽に暇が潰せる時代ではなかったので、みな愚直に待っていた。

すると私の何人か後の行列で奇声が上がった。知的障害を抱えた成人男性特有の甲高い声だ。

声はそれからも断続的に上がった。静かにするよう諭す保護者の声はなく、誰も何も言わなかった。しかしその場にいる多くの人が無言のストレスを抱えていたこともわかった。

混雑もあいまって行列殺伐とした雰囲気に包まれていた。

(静かにしてくれ)と思いながら私は待っていた。(あの後ろの人と同じロープウェイに乗る羽目になったら景色台無しだ)というような事をおそらく考えていたのだと思うが覚えていない。

そのとき私は前に並んでいた人から罵声を浴びたからだ。

かにも、後ろの障害者男性から少しでも距離を離そうと歩を進め、無理に前に詰めようとしたから。

「ああ、後ろの人と一緒になりたくないのを見透かされた」という感情に頬を張られた衝撃しか覚えていない。

結局件の男性は一つ後の便のロープウェイに乗った。

この箱根旅行で唯一楽しかったと思えたのは、翌日の早朝にたった1人で散策した広場ウッドチップの柔らかさと澄んだ空気だけだ。

もう20年も昔の話だ。


私は昔偽善者だったことがある。

「お前は偽善者だ」という恥を突きつけられた、あの恐ろしい2つの思い出を忘れた事はない。

あんな思いをするくらいなら差別主義者だと非難される方がずっとましだった。


から今の私は差別主義者だ。

彼らとは関わりたくはない。彼らを助けるために税金が使われるのは全く構わない。けれど自分の目の届かない場所でやってほしい。彼らを助ける労力を担う人に十分な報酬を与えてあげてほしい。

私は彼らと同じ場所で過ごしたくはない。同じ避難所に入れというなら心底嫌だが甘んじて受け入れる。けれど不潔な人間免疫力のない子供妊婦病人、老人を近づける事を決して許したくないし、幼子でもないのにあたりの迷惑を顧みず騒音を垂れ流す人間に心近しく接する事は決してないだろう。

差別主義者の私にできることはそこまでだ。

かわいそうだから助けてあげるべきだ、それが人権だ、それをしない職員は人でなしの無能だなどと口が裂けても言いたくない。


私は差別主義者だ。

だが自分偽善を疑うことすらなかったあの頃よりはずっと明快な気分でいられる。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん