2019-10-11

BL好きも百合好きもホモソーシャル憎さから

ミサンドリー(男性蔑視的)な話なので男性が読むと不快になると思います

私は若くて綺麗な同性同士が仲良くしてる所を見るのが好きだ。

BL百合も…

どちらも同性愛だけど、でも同性愛というテーマが好きなわけではない。

コンテンツに何を求め、どんな快を得ているかを突き詰めると自分精神構造がよくわかった。

まず「同性同士であれば男も女も同じように」というわけではなく、

やっぱり男か女かで萌え方は違う。

BL百合では得ているものが違う。

BLでは男性搾取の嗜虐的な興奮。

百合ではシスターフッドの暖かさと和やかさ。

からBLエロいのがいいけど百合エロくなくていいのだ。

BLエロ楽しいエロ精神身体を手っ取り早く収奪する行為から

でも百合は二人の心の結び付きが大事で、精神身体収奪するようなエロはいらない。

ちなみにBLセックスシーンがなくても良いのだが、その場合セックス以外の方法性的な心身の搾取はしているからこれもエロ定義している。

結論としては、私のBL好きも百合好きも、現実ホモソーシャルへの憎しみという同根から来ているようだ。

現実では男が悉く女を侵害してきて苦しいから、男を憎んでいるから、侮蔑したくて、BLでは搾取していじめている。

百合では男を排除して女だけで平和に楽しくやりたい。

そして私の理想統合して極端に表現するとこうなった。

「男は排除して女だけで楽しく利益を独占し、男はコンテンツとして消費したり、従属させて都合よく使いたい」

現実ホモソーシャルを裏返したいわけだな。

この見方に気づいたとき自分の心の解釈が一気に分かりやすくなった気がする。

とはいえ現実ホモソーシャル男と女位置をそのまま裏返したいわけではない。

それは地獄だと思うから

私の理想とする女の同性連帯は、ホモソーシャルとは違って、女性間でのヒエラルキー同性愛フォビアもない。

女でさえあれば多様性が認められ、コミュニティに参加するための贄や儀式必要ない、マイルドで優しい世界だ。

その上で男には冷たいのは、今までやられた侮蔑収奪を取り返すだけはしたい。

という感じだ。

十分取り返せて気がすんだら、男も多様性の仲間に入れてあげる。

ところで「若くて綺麗な同性同士が仲良くしてる所を見るのが好き」の「若くて綺麗な」という限定条件にはルッキズムエイジズムがあるようだが、

若くて綺麗な子が好きといっても、

百合に関しては対象が年とってても美形じゃなくても萌えられる。

シスターフッド連帯萌えなので精神的なもの大事から

単に若くて綺麗な子同士だと視覚的な華という楽しみが増えるってだけ。

一方BL若い美形以外、私が性的に消費できる対象じゃないからまったく興味ないです。

BLにというか男に対しては強固なルッキズムがある。

この辺もホモソーシャルの裏返しっぽいな。

女には若さと美しさしかコンテンツ価値を見出ださない大方の男の価値観へのカウンターでこうなってるところはあると思う。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん