2018-02-07

吉野家コピペって要は「言語ゲーム」だよね

言語ゲームの簡潔な説明はこれがわかりやす

https://anond.hatelabo.jp/20130722013200

ここで言う吉野家コピペとはTwitter吉野家コピペ貼ったらマジレス飛んできたと言う話題に対してである

https://togetter.com/li/1195871

これって別に今の若者吉野家コピペ知らない、といった局所的な現象として捉えられるのではなくて、抽象化して捉えると要は言語ゲームだよね、と。

そこら辺にサッカーボールが転がっていれば足で蹴る、手は使わない「サッカー」をやるように。

で、一人だけサッカールール運用方法がわからず、手で持って投げたら当然イエローカードなわけですよ。

まり、「昨日、近所の吉野家行ったんです。吉野家〜」から始まる言葉を見た時に、吉野家コピペという対象に対し、過去運用されてきた言葉の交わし方のルールに対する共通認識を持った人間ゲームをしてるわけで、そのゲームルールと違ったことをしたら叩かれるわけですよね。

何が言いたいかって言うと、吉野家コピペというルール形成されている以上、一連の現象の中で言われている「インターネット老人」という主体が「知ってるのが当たり前」と思ってるのは当然なんだよね。ルールから

これってどうなんでしょうね?

記事への反応 -

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん