2009-07-19

弟の相談を笑っていたら死にやがったw

2年前、弟が自分マンション風呂場で死んだ。死亡診断書によると心筋梗塞だった。もともと心臓が弱かったらしい。

先月、父親の納骨に京都の墓にいった。弟の骨を入れた袋は、去年、納骨したばかりだったので、まだ、新しかった。

父親と弟は仲が悪かった。父親は飲んだくれで、昔、酔っぱらって自動車に轢かれたことがあった。警察から電話があってお宅の御主人が道で酔っぱらって道に倒れていますので救急車を呼んでおきましたと連絡があった。後日、近所のひとにきいたら、確かにその夜パトカーがその付近にとまっていたらしい。救急車が運んだ病院で父親は服を脱がされると、身体にはタイヤの跡がついていた。事故証明かなんかをもらおうと警察に連絡すると、その夜、だれも酔っぱらいを発見して救急車を呼んだ警官なんていないといわれた。そんなことがあれば必ず記録には残るそうだ。だれが父親を轢いたのかは謎のまま残った。

アル中気味の父親は家庭では尊敬されていなかった。妹や弟から馬鹿にされても父親は特にプライドがないのかいつも笑ってごまかしていた。

弟は難産だった。母親医者出産するとあなたは死ぬから子供は堕ろすようにといわれたそうだ。母親子供を産んで死ぬのは親の本望だといって無理矢理に弟を産んだ。帝王切開だった。

どちらかは死ぬはずだった母と弟はともに生き残った。

母親占い師にいわれたそうだが、弟の運命は僕を助けることだそうだ。

なので、ぼくはいつか弟は僕を助けてくれるんだろうとなんとなく昔から信じていた。

人付き合いが苦手な僕と違って、弟は社交的だった。中学時代から彼女はいたし、友達も多かった。

そんなにレベルの高い大学にはいけなかったが、楽しそうに生きていた。

僕は社会人になって27歳のときに勤めていた会社倒産してヘッドハントとかされなかったのでやむなく仲間を集めて会社をつくった。

何年かして会社もなんとか軌道にのったあたりで弟が相談をしてきた。弟は大学卒業した後、デジタルハリウッドにいってCG勉強したらしい。友達と一緒に大阪の大手ゲーム会社の下請けの仕事をしたいんだという。ただ、仕事を貰えると決まった訳じゃなくて、まず、タダで仕事をして、能力を認められたら、きちんと発注してくれるらしいので、そしたら、弟の友達は会社をつくるという。で、弟はそこで働きたいそうだ。すごいチャンスだと思うと弟は熱心に説明した。

ちょうど、その数ヶ月前のことだが、ある別の大手ゲーム会社の重役に挨拶にいったことがある。そのときにこれからなにをしたいんだと尋ねられた。僕はネットゲームシステム開発会社として日本一会社になりたいと答えた。それってようするに下請けだろ、と目の前の重役にいわれた。下請けというと、つまりゴミだ、おまえはゴミになりたいのか、と重ねて尋ねられた。もっと目標を高くもて、コンテンツ世界自分コンテンツをつくらないと一人前じゃないと説教された。

そのことがすごく頭に残っていたので、僕も弟に同じことをいった。お前が掴もうとしているのはゴミになる大チャンスだ、と責めた。しかもゴミの一番下っ端になりたいのかと問い詰めた。

結局、弟は夢をあきらめて上京した。

何年かして僕の会社の取引先のひとつに弟は就職した。僕は縁故とかはあまり弟のためによくないと思っていたので、1年間勉強して、他の会社に移れといった。

しかし、2年たっても3年たっても弟は同じ会社にいた。

すくなくとも僕の前では、弟は仕事についてはあんまり自信がなさそうに見えた。でもプライベートでは友達も多く面倒見もよかったらしい。

ある日、弟に相談をされた。鬱病の友達がいて、頼られていて、ずっと相談にのっていた。1週間以上も家に泊まったこともあったらしい。ずっと話をきいていてあげたら、元気になったといって自宅にかえっていったんだが、すぐにその夜に、また、相談にのってほしいと電話があったので、いいかげんにしてくれと思って断ったそうだ。そうしたら、結局、友達じゃなかったんだね。これまでありがとう、恨んでないから、といわれて電話を切られたそうだ。その友達はその晩に自殺した。弟は自分のせいで友達は死んだと責任を感じているようだった。

僕はこれは笑い飛ばしたほうがいいと思って、たいしたことじゃないじゃん、しょうがないといって、あまりとりあわないことにした。

弟は不満げだったが、僕はこういうのは思い詰めるのはよくない、と思った。

そんな相談されたことも忘れたある日、僕は弟が勤めている会社取締役と話をしていた。弟は結構会社では戦力として活躍しているそうだった。ただ、勘違いをする癖があって、ある時、社内で弟が、僕は一番重要な取引先の代表取締役の弟なんだから、それを生かして自分にしかできない調整をやるのが自分の使命だ、とか言い出したことがあるらしい。そのときは勘違いするな、生意気なことをいうな、と散々説教したそうだ。しばらくそんなことはいわなかったらしいが、おととい、また、飲み会のときに、ぼくがいなくなったら、みんな困りますよね、とか言い出したらしい。最近仕事ができるようになったからといって、また、生意気なことをいいはじめたと、みんなでよってたかって虐めたそうだ。一人前になったのなら、最初の予定どおりに独立するなり、別の会社転職すればいい。

おとといは遅くまでのみすぎたせいか、昨日から、弟は連絡もなしに会社を休んでいた。今日もきていないらしい。

弟は父親は嫌いだったが、母親は大好きでしょっちゅう母親とは会っていたし、頻繁に連絡をとっていた。

その夜、母親が弟といっこうに連絡がつかないことを怪しんで騒ぎはじめた。弟のマンションは僕のマンションのすぐ近くだったが、いったことがなかった。夜中だったので、どのマンションかどうしてもわからず管理人のひともいなかったので、その夜は諦めた。

ふてくされて部屋にひきこもっているんだったら、明日でも一緒だし、そうじゃなかったら、たぶん、もう…、おそい、となんとなく予感した。

翌日、会社会議にでていたら、弟の自宅にいった母親から携帯電話があった。会議中だったが、電話にでた。携帯電話からは、僕の名前を絶叫する母親の声がきこえた。

弟のマンションの部屋には鍵がかかっていなかった。見つけて欲しかったのだろう。弟の死体母親が浴室で発見した。

弟の死因は死亡診断書によると心筋梗塞だ。もともと心臓が弱かったから寿命だったに違いない。

弟とはほとんど話をしたことがなかった。僕は弟のプライベートはまったくしらない。部屋には僕の知らない弟の趣味のものがあふれていた。母親はいろいろ知っているようだった。

母親も弟から友達の自殺の話を何度も相談されていたらしい。不幸にはなりたくない、でも幸せになるのもいやだ。弟はそういっていたそうだ。

台所に楽天の箱があり、中身を見ると練炭だった。期日指定配達で、ちょうど弟が死んだ3日前に届けられていた。

調べてはいないが、一年前に死んだ友達の命日なんだろうと思う。

弟が死んだ夜は東京台風がきていて記録的な暴風雨がふきあれていた。その日の昼間には、権利者団体との和解後、暴騰をつづけていた僕の会社株価が、その月に三度目となるストップ高記録していた。

弟は服を着たまiPodだけもって浴室にはいった。窓とドアに目張りして明かりを消した浴室の中で、弟はなにを考えながら死を待っていたのか。コブクロからはじまっていた最後のプレイリストは、いったいどの曲まで聴いたところで、弟は息絶えたのか。

葬式は身内だけでやるつもりで、まわりに連絡はしなかったが、弟の勤務先にはそうもいかず、ぼくの素性をしった葬儀屋の薦める最低限の告別式は、ずいぶんと派手になった。弟は来週から出向する予定だった会社副社長通夜にも告別式にもきてくれた。嬉しかった。

弟の死で僕の家族の生活は一変した。結束は強くなったと思う。父親ははじめて酒をやめた。そのつぎの正月ゴールデンウィークにもひさびさに家族が集まって海外旅行にいった。

父親と母親は弟の死を弔うために四国八十八寺のお遍路参りをはじめた。乗り物は使わずに歩いてまわった。さすがに一度にまわるのは老人の足には無理で、2泊3日の旅をなんども繰り返した。徳島県からはじめて高知県の最後の難所の足摺岬をまわったところで、父親は何をおもったのか、帰りに高野山によった。

あとでわかったが、お遍路を全部まわったら、高野山に報告にいくものらしい。徳島高知を終わったわけだから、ちょうど半分のところで最後のゴールにいってしまったことになる。母親はせっかちな父親らしいと笑っていた。

足に疲労がたまったのだろう、東京にもどってきた母親が駅で転倒して、足首を骨折した。

母親入院したので、父親は僕が両親用に買った高層マンション最上階の部屋でひとりで生活することになった。父親は入院している母親にぐちをこぼしていたらしい。早く退院してほしい、あの家はひとりだと広すぎるんや、弟の幽霊が現れて、こわいんや。

父親はやめていた酒をまた飲み始めていた。

ある日、母親から携帯電話があって、父親が連絡つかないから家を見にいってほしいといわれた。またかと思った。

家の扉に鍵はかかっておらず、家中を探すと、父親は浴室で溺れていた。鼻まで水に浸かっていたので生きていないことはすぐにわかった。

入院中の母親車椅子のまま、家にやってきた。

父親は酔っぱらって溺れたのだろう。ちょっとだけ苦しそうな表情をしていたが、幸せそうな顔だ、と母親に告げたが、けっして遺体をみようとはしなかった。

きっと弟の死を発見したときの光景が目に焼き付いていて、そんな思い出を増やしたくないのだろう。僕も父親の死体を見つけたときの記憶はあまりにも強烈で、きっと死ぬまで忘れることはできないと思う。

父親が死んだのを発見した翌日には、JCBホール会社の大きな発表会があった。父親の葬儀はその翌日になったので、やることもそんなにはなかったから発表会の現場には行った。葬儀屋一年前と同じで、僕も葬儀屋も慣れていた。

葬儀が終わってから、僕はいつものさぼり癖が出てきて、会社へはほとんどいかなくなり、ずっと母親と一緒に暮らした。

なんのために会社をつくってがんばってきたんだろうと僕は思う。

会社をつくるときの資本金は親が出した。僕は貯金は1円もなかったからだ。後で聴くと、それは妹の結婚資金だった。米国親会社倒産したときには、倒産した親会社の持ち分を減らして独立した日本会社にするために増資をした。僕が買い増した株の代金は、父親の退職金だった。父親は某大手スーパー子会社で経理をやっていて、定年まであと2年あったが、父親の退職金が必要だったので辞めてもらった。僕の会社には経理の経験者もいなかったので経理もやってほしかったというのもある。

父親が30年以上勤務して、最後に得た退職金は、僕の会社の3ヶ月分の運転資金となって消えた。

僕の人生の中で後悔している最悪の決断会社をつくったことだ。僕は人生最大のギャンブル家族と両親の人生そのものに等しいお金を賭けて勝負した。本当は賭けていいようなお金ではなかった。本当はやっていけないギャンブルだった。

結局のところ、僕の会社は数年後に上場を果たしたから、賭けには勝ったことになるのだろう。だからといって卑怯なギャンブルの罪が消えるわけではない。起業した時に、結果的に成功するまでの道筋は、僕にはまったく読めていなかった。

会社をつくってまもなく僕は自分の判断の間違いに気づいた。生まれてこのかた好きなことしかやらず、努力なんてしなかった僕は、なにかを成し遂げるためではなく、会社をつぶさないためだけに睡眠時間も削って働いた。

自分ひとりのことだったら、どこかで投げ出して逃げていたと思う。でも、僕が失敗したあとの両親の悲惨な老後を考えるとできなかった。会社をつくったときに万が一失敗したときにだれにも迷惑がかからないように相棒と一緒に生命保険を掛けた。最初、1億円で翌年は2億円に増やした。日本では会社が大きくなればなるほど、借金リスクも増えていく仕組みになっている。勝負に勝っても、そのままダブルアップで賭けつづけることを強制されているギャンブルのようなものだ。2億円あっても全然、会社を整理するには全然足らない規模に成長したため、上場できるか、できなければ、いずれ一家で破滅するか、そういうゲームになった。

上場の準備を進める中で、父親は仕事を外された。創業者の近親者が経理をやっているのはまずいと証券会社に指摘されたからだ。定年間際まで勤めた会社を辞めて息子の会社を手伝い資金まで提供した父親は息子の会社で居場所を失った。父親が勤めていた某大手スーパーは、いくつかの同族企業合併してできた企業派閥争いが絶えなかった。どこの派閥にも属さない父親はずいぶんと嫌な思いをたくさんしてきたようだ。ずっと傍流で冷や飯ぐらいだったサラリーマン人生の最後で、父親はやっと息子の会社で念願だったろう主流派の一員に加わることができた。それも長くはつづかなかったわけだ。

後ろ盾のいないサラリーマン人生で父親はきっと言い訳ばっかりさせられていたのだと思う。父親の話には論理的に一貫しておらず何を説明しているのか要領を得ないところがあった。能力的にもいまの会社にはふさわしくないと僕は判断し、父親を切ることに同意した。

父親はよっぽど仕事をしたかったのだと思う。やるべき仕事がなくなっても、一所懸命自分データを集めてつくった会社資金繰り表や損益計算書を僕のところにもってきては、会社問題点を指摘しようとした。

僕は、もうそんなことはしなくていいと、父親がつくった資料もろくろく見ないで突き返した。

1年、2年たつと諦めて、会社にもあまりこなくなった。暇をつくるのが怖いのかのように隙間無くカレンダー母親との旅行の予定で埋めた。

会社にあまりこなくなってからも母親には仕事への未練を話していたらしい。息子のために自分会社に必要だから、また仕事をしようと思うと定期的に言い出す父親を、そのたびに母親は、もうやめなさい、と諫めていたそうだ。

お金の心配はせんでようなったけど、あんま幸せにはなれんなあと、ことあるごとに父親は愚痴をこぼしていたらしい。

弟と父が死んで、母親と暮らすようになって、そういう話を何度も僕はきいた。

僕は両親の人生を担保にしてゲームをして、そして勝った。勝利の証しとして得た報酬はそういう現実だったらしい。

何のために生きているのか、何のために頑張って仕事をしているのか、自分自身のことだけでいえば、死ぬまでのたんなる暇つぶしだ。別になにか世の中を変えようとか、大きなことをしたいという使命感なんてない。ただ、僕のまわりにいる好きなひとたちが、僕を必要としてくれているから、自分ができる芸を精一杯見せているにすぎない。

僕の望みは、まわりにいるひとたちの幸せのなかで生きたいということだけだ。

でも、僕の一番の身内のふたりは死んだ。あまり幸福にはできないまま死んでしまった。

僕には他人を観察してすぐに値踏みしたがる癖がある。子供の頃から父親や弟と自分がどっちが優れているかを何度も値踏みした。最終的には大差ないという結論をだした。僕もだらしない父親が嫌いだったが、同じ部分は僕にもあり、父親と同じ人生を生きていたらやはり同じようになっただろう。弟も同じで頭の回転も似たようなもんだった。弟も「自分と兄は得意なものが違う。勉強は兄よりもできないがプライベートでは自分のほうが上だ」と高校の時ぐらいからいっていた。僕もそのとおりだと思う。そもそも人間なんて環境がつくるものだ。本来の素質に意味ある優劣なんてさほどない。

でも、現実世界では、僕は弟の相談は上から目線で笑い飛ばし、父親の仕事は奪った。

弟のことはあまりにも知らなすぎた。何を考えて、何が好きだったのか、何をしたかったのか。

本当に死ぬしかなかったのか。たとえ時計の針をもどせても、なにをすればよかったのかまったく想像はつかない。

人付き合いは弟のほうがよっぽどうまかった。死を選んだ人間が最後の相談相手として選んだほど弟は信頼されていた。過去にもどれたとしても僕が弟に与えてやれるとしたら、仕事アドバイスお金だけだ。弟はブランド品が好きだったし、きっと僕なんかよりも贅沢なお金の使い方はしっていただろう。人間ダメになると母親は僕が弟や妹にお金を渡すことは許さなかったが、金まみれにしてダメ人間になっても生きていてくれるのならそのほうがよかった。そんな貧しい後悔しか僕には思いつかない。

母親は命をかけて弟を産んだ。占い師は、将来、兄を助けるのが弟の運命だと予言した。弟の存在は僕にとってなんだったのか。補佐してくれるんじゃなかったのか。

弟が死によって、僕を助けるのであったとしたら、そして、僕の仕事が世の中にとって意味があるものだとしたら、きっと僕は弟の死に触発されてなにかをしないといけないのだろうと思う。

父や弟には幸せな居場所を与えることはできなかったが、僕の仕事でたとえ赤の他人であっても、よりどころになる居場所をつくることができるなら、多少は心が救われる。

弟が死んだとき、親戚は、このことはあまり話さない方がいいと助言してくれた。話すべきことじゃないといわれた。

でも、たんなる感傷にすぎないのかもしれないが、僕のことをしっていてくれたり、僕の仕事を評価してくれているひとには父と弟のことを話したいと思った。そうして、このエントリをいま書いている。

死なんてものは世の中にありふれている。僕にとって特別なふたつの死も他人には関係のないはなしだ。

父と弟の話を書いても、ネットの中に埋もれて、僕のまわりのひとすら見つけられないのはさみしい。そう思って2ヶ月ほど前にブログをはじめた。僕に少しでも関心をもってもらえそうな話なんて、あたりまえだが仕事しかない。そもそも仕事の話以外に自分にはとりえもなければ、価値もない。弟のいうとうりだ。父親の納骨で区切りをつけてこのエントリをあげるつもりだったが、ブログに予定外の反響があったことや、僕自身のためらいもあって、それから1ヶ月以上たってしまった。

結局、いろいろ手垢のついてしまったブログに書くのも違うと思って増田にしました。

僕の仕事に興味があってブログを見に来ていたみなさん、最後にこんな文章を読ませてしまってすみません。でも、これが僕が聞いてもらいたかった話です。

最後まで読んでいただいて本当にありがとうございました

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20090719134619
  • http://anond.hatelabo.jp/20090719134619

    長いから3行でまとめてくれ

  • http://anond.hatelabo.jp/20090719134619

    全く持って建設的な話じゃないな。 自分の身の上を話した上で、何がしたいの? 何をするべきだと思ったの? 自分を認めてもらいたかったの? 自分は、こういう話でもしないと認め...

  • http://anond.hatelabo.jp/20090719134619

    元々の手持ちポイントが無かったので30000買って、野暮を承知で28572振り込んでおいた。 ついカッとなってやった。 これっぽっちも反省していない。

  • http://anond.hatelabo.jp/20090719134619

    陰鬱さと切なさと異次元成分が入り交じった、言葉では表現出来ない気分になった。 達観の度合いが桁を超えてる。 こういう会社が上場出来てる事に意味があると思いたい。 きっと救...

  • http://anond.hatelabo.jp/20090719134619

    死亡フラグのように読めるのだが、通報したほうが良いの?

    • http://anond.hatelabo.jp/20090719171516

      確かに使い切ったら死ぬと読める。 でも通報して警察が動く書き込みでもない。 知り合いはブコメ付けてないで動けと思うが、そんだけだな。

  • http://anond.hatelabo.jp/20090719134619

    死んだ人間に対してここまでしてあげられたから後悔は無い。なんて思う奴はいない。 絶対に「あの時ああしていれば」とか「何かしてあげられなかったのか」などと考えるはず。 死ん...

  • http://anond.hatelabo.jp/20090719134619

    上場したネットゲームのシステム開発会社ってあんのかね? どっちにしても命を担保にする日本の起業システムはなんとかせんといかんだろ・・・ 文字通りの命を賭けたギャンブル、 ...

    • http://anond.hatelabo.jp/20090719174321

      ハードル下げたらそれはそれで勘違いしたバカがゴミみたいな会社作って潰してそれでお終わりだろ。 それで責任負わなくていいとかどうかしてるw

      • http://anond.hatelabo.jp/20090719190404

        小さな会社が大量にできようが起業のリスクを減らしたほうがいいに決まってるさ。

        • http://anond.hatelabo.jp/20090719195503

          どう減らすつもりだ? リスク自体の総量を減らす画期的な方法でもあるのか? 結局またコツコツやってるヤツらに負担を押し付けるだけじゃないのか?

          • http://anond.hatelabo.jp/20090719195722

            コツコツやることにだってリスクはあるさ。 起業者が多いことはコツコツやる人間にとっても長期的な利益はある。 そう考えるとコツコツやる人間がコストを払うことも問題あるまい...

            • http://anond.hatelabo.jp/20090719203220

              リスクは社会全体で分散しないといけないと思う。個人に集中したら駄目だ。 シリコンバレーの生態系がうまくいってるのはそのためだろう。 コツコツがんばってる人も明日には起業し...

  • http://anond.hatelabo.jp/20090719134619

    これはkawango氏の独白なのだろうか?

  • http://anond.hatelabo.jp/20090719134619

    岩崎夏海氏にもう一度会いに行くのをお勧めする・・・ http://d.hatena.ne.jp/aureliano/20090613/1244864433

  • http://anond.hatelabo.jp/20090719134619

    バロスwwww負け組み乙!

  • http://anond.hatelabo.jp/20090719215732

    http://anond.hatelabo.jp/20090719134619 ダイアリーに書くことによって自分の内面が整理できてればいいですね。もし、つらいのであれば臨床心理士にアクセスしてください。

  • http://anond.hatelabo.jp/20090719134619

    僕って会社に必要な人間ですか?って聞かれたときに、ナマイキって思う人もいるんだね。 日本の多くの会社は、社員を取り替えのきく部品のような感じで、うっかり使っちゃいがちだ...

    • http://anond.hatelabo.jp/20090719232158

      違うだろ。必要な人間かどうかじゃなくて必要不可欠かどうかを聞いてるんだろ。 なに生意気言ってんだwwwっておれだって思うよ。 日本の会社がどうとかじゃなくて問題は弟さんが...

  • http://anond.hatelabo.jp/20090719134619

    はてな的レトリックとはわかっていつつも、肉親が死んでいるというのにこんなタイトルを付けることに強い拒否感を覚える。というか、反吐が出る。

  • http://anond.hatelabo.jp/20090719134619

    弟さんは、既に充分助けてくれたのではないでしょうか? 増田は多分「修羅道」にいた。 亡くなることで増田に悲しみを忘れない限り見失うことがない「心の平安」への「道」を示し...

  • http://anond.hatelabo.jp/20090719134619

    一部上場企業で下請けを使っていない企業などないでしょう。 下請けがなければ大企業もなりたたないはず。 それを『ゴミ』だと思っている。 そこには反感を覚えます。 しかし、身...

  • http://anond.hatelabo.jp/20090719134619

    金融システムの発達したアメリカなら、何の苦労もなく出資者が見つかり皆ハッピーでしたね。 日本の腐った企業社会にかかわってしまったばっかりに、ご自身も周囲の方も無駄な苦労...

  • こいつは文章がヘタクソだな。本当に。

    http://anond.hatelabo.jp/20090719134619 冒頭で登場人物を整理しろ。 時系列順で書け。 長生きして、もちょっとマシな文章が書けるようになれ。

  • http://anond.hatelabo.jp/20090719134619

    ブクマではてサが酷いな。 id:y_arimといいid:I11といい。 それに☆つけて子分どもが全員お追従中。  相手が男だと同情心一切なしかよ。 これで「友愛社会」のエリートなんだとよ。 9条...

    • http://anond.hatelabo.jp/20090720113424

      * id:Beyond 「この文章は医師のチェックを受けている」と書くより、「(以前所属していた)オウム真理教の生物兵器対策マニュアルより」と書いたほうが説得力ある気がする。そ...

      • http://anond.hatelabo.jp/20090720212459

        はいはいナチナチ(笑  サヨを通り越してもはやオウム真理教支配下のはてサの立場がよくわかるレスだね(笑  http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/news2/1242395850/

        • http://anond.hatelabo.jp/20090720223145

          松永英明氏より、はてなブックマークに対して発信者情報開示請求がありました 先日、松永英明氏に関するサイトをいくつかブックマークし、また松永英明氏のブログ記事に対する感想...

          • http://anond.hatelabo.jp/20090721110949

            実際、悪マニのBeyondはオウム記事やカルト記事をブクマするときに、必ずと言っていいほど直接関係のない松永の名前を書き連ねるので、嫌がらせで訴えられても仕方ない。

            • http://anond.hatelabo.jp/20090721112525

              >Beyondはオウム記事やカルト記事をブクマするときに、必ずと言っていいほど直接関係のない松永の名前を書き連ねる    id:Beyond氏のブックマークで、11個の”オウム真理教”タグの...

              • http://anond.hatelabo.jp/20090721124639

                必ずではなかったね。 正直、最近のBeyondはあんまり好きじゃないので、そういう印象を受けてた。 ゴメンゴメン。 んでもまぁ、たとえばこういう使い方は卑怯だと思うわけよ。 http://b...

  • 篁����������

    ひそかにまたひとつ、年を重ねました。 おめでとうと言ってくれた家族と、友人と、某...

  • http://anond.hatelabo.jp/20090719134619

    今、即、お前はその会社を辞めろっていうメッセージだよ。辞めなければ糞。

  • http://anond.hatelabo.jp/20090719134619

    親戚が睡眠薬を大量に服用して自殺した。 結局未遂だった。 胃洗浄され、口からケツまで水を大量に流され、死ぬような思いをしたらしい。 いきながら死んでいるのと死になが...

  • http://anond.hatelabo.jp/20090719134619

    仏教で業とかあるよね。弟を生んでも母子とも生きているのなら、母方の血は何もかも飲み込んで生き残る定め。この増田さんも母方の血を引いてるみたいだから本人の意志と関係なく...

  • しまっちゃうおじさんにしまっちゃわれたときに聞いた話。

    誰かを―自分以外の何かを、自分のために「犠牲」にせずに、生きてないやつなんていない。 君は植物か?君は、何を食べて生きている? 今君の周りに見えるものは、全て君が作った...

  • [日記]DWANGOは社会の公器

    タイトルは一連のid:kawangoさんのエントリーや質問を通して感じたこと。 弟が死によって、僕を助けるのであったとしたら、そして、僕の仕事が世の中にとって意味があるものだとしたら...

  • http://anond.hatelabo.jp/20090719134619

    今更ながら、この文章を読み、彼でなかったら「ニコニコ動画」を作る事は出来なかったと今つくづく思う。

  • 命(が輝くこと)は絶対に肯定されること

      命は肯定され、命が輝くことも肯定されます。 命が存在し、命が守られ、命が世界を味わい、命が望みを叶えて満足することも肯定されます。 もちろんこれは誰かに決められている...

  • 2012年はてな匿名ダイアリー名作ランキング50選

    今年度 総合 タイトル ブクマ数 日付 カテゴリ 1 14 先日倒産したメモリメーカーの友人と飲んできた話 2073users 2012/02/29 コンピュータ・IT 2 15 【2012超まとめ...

  • はてな匿名ダイアリー 197のコト

    ランク タイトル ブクマ数 日付 カテゴリ 1 急がばまわれ式・堅実で一番効率的な英語の勉強法 7900users 2009/10/26 22:02 学び 2 20年来のつらさがほぼ消えたことにつ...

  • はてな匿名ダイアリー 189のコト

    ランク タイトル ブクマ数 日付 カテゴリ 1 急がばまわれ式・堅実で一番効率的な英語の勉強法 7900users 2009/10/26 22:02 学び 2 20年来のつらさがほぼ消えたことにつ...

記事への反応(ブックマークコメント)