「糸柳」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 糸柳とは

2016-10-07

障害者を雇うことの責任とは

text.ssig33.com - 俺が糸柳和法に関して知ってること

ドワンゴ糸柳雇用した時点で、異常者であることが分かって採ったんだから、その辺ちゃんとケアすべきでしょ。ここで解雇したら「障害者障害理由にクビにする会社」ってイメージ持たれることになるよ。障害者を雇ったのだからそれは責任を果すべきだ。

はてなブックマーク - kawango のブックマーク - 2011年3月14日

今回の件で糸柳解雇するか/できるかは置いといて、障害者からといって企業いくら害をなされても面倒みなければいけないなんて主張を認めるなら、どんな企業障害者絶対に雇うべきじゃない。

ひょんなことから糸柳とか荻野とかの界隈を読んでいるが、二人とも今どうしているのやら。

荻野の末路は想像がつくが、糸柳ってまだギークハウスにいるの?

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/note.mu/sub/n/na2192a9c5f2e

これの元記事リンクがあった荻野関連のphaやら糸柳やらの記事読んだ

荻野はコンテンツとしてとても面白かった - phaの日記

死滅病棟: ネットカフェ難民にもなれなかった男の末路

おもろかった

しっかしいろんな人がいるのはわかってるけど、こんな人間でも、ペイフォワード精神で救おうとする人間もいるんだなあと感動した

その一方でそれがまったく相手に伝わっておらず、せっかく手を差し伸べた側が幻滅して考えを変えてしまったりしてたらトータルとしてはどうなんだろうだとか、

相手からさらなるペイフォワードにはつながらないことがむなしいなあとか思った

2014-07-08

最近のkawango

頭の切れ具合が凄い気がする

5年ぐらい前の、糸柳みたいなネット上のクズと遊んでいたkawangoはもういない

2011-03-31

Mさん

facebookアカウントが停止されたとかみみっちーこと書いてる暇あったら

入籍して数か月で破たんして、結局結婚パーティも流れて、挙句の果てに奥さんが自分の友達の高校生浮気

しかも、その事の顛末を堂々とmixi日記に赤裸々告白してることに関して色々対処したほうがよいと思うのだが

当人は非コミュから知らんのだと思うが、奥さんtwitter界隈ではメンヘルビッチで有名だぞ

ネット有名人で人脈広そうなのに、周りに誰も教えてやる人が居なくて悲惨

薄っぺらい付き合いだけしてホントの友達が居ないのではないだろうか?

糸柳と一緒になってバカみたいなことやってる場合じゃない

2010-09-21

itkz死んでない 全然死んでない いつものパターン

 

http://itkz.tumblr.com/post/1155344397

糸柳が死んだと小池周辺が騒いで結局生きてる いつものパターン

ssig33: 昨夜、糸柳和法の死去を知人から知らされ、交流の深かった下林に確認して事実であることを知った。下林もオレも糸柳プログラマー。面識も深かったし糸柳はマラに借金を返していなかったのでまことに残念。

 

周りも「どうせ生きてるんだろ」と思いつつ『え…ショック』『信じられません』『ご冥福を』と一応つぶやいとく いつものパターン

bulkneets: マジで

repeatedly: itkzさんのはマジなのか…

yukiyuki_runrun: 糸柳さんが亡くなったなんて信じられない。

 

生きてる事が(当然のごとく)判明し「またかよ」と思いつつ『よかった!心配しました><』と一応つぶやく いつものパターン

asami81: 糸柳さん生きてたんだ。面識はありませんがよかった・・・。昨夜訃報を知って本気でびっくりした私ですがインターネット、それもTwitterで見ただけの情報なので一瞬でも信じた自分が悪いと思います。

↑いやいやasami81お前は関係なさすぎるだろ ロケスタとかいう会社の半径2キロ内の奴は俺らの糸柳さんについて語るんじゃねー

 

日本滅びようとも糸柳は死せず

だからお前ら今日も安心して業務に勉学にsexに励め

2010-06-11

糸柳さんという人と同じ病院入院してたことがあるのを知ってなんだか人ごとにおもえなくなっています。入院した病院がいっしょだとなんとなく仲間意識みたいなのが芽生えるんですね。早くお戻りになられますように。

2010-05-28

謝肉*ラウンジ

破滅*ラウンジは終わった。

再生」という単語にこれだけの機能不全性を感じたのはいつ頃ぶりだろう。骨から離れてしまった血肉は再生のしようがない。真っ暗でなにも見えない。俺は虚ろな意識と視界の中、少しずつ思いだした。

破滅再生ラウンジの最終日、開始17時や18時頃はまだ平和だった、各々が好きにネットを、ゲームを、音を、絵を、工作を、プログラミングを、好きにやった。いつもどおりに。一見したらカオスなこの空間は秩序で保たれていた。ゴミと見まがう紛うばかりの作品達黒瀬、浅子の手によって厳密に調整、配置され、終始鳴り響いている数箇所からの騒音も定期的にキュレーターの手によって均一に混ざり合うように調整されていた。しかし最終日、破滅メンツの合唱する「紅」によって覚醒状態になった人間達は調整の抑制を受けず、終了の時間とともに黒瀬、嘘、梅沢らを中央のPCでできたジャンクタワーに投げつけた。ジャンクタワーには似非原やパターサンの書き殴ったドローイング同人誌、血、精液などがへばりついていたが、同時に包丁や割れたガラス片なども装飾されていた。そこに生身のキュレイターやアーティストが投げつけられたらどうなるか、想像に難くない。一触即発の緊張感で保たれていた会場の空気カオス側の中心人物三人の内臓の吐露によって破滅した。作家も、鑑賞者も、ギークも、関係ない。ナンヅカ存在する人間はすべてジャンクタワーに叩きつけられ、同時に刻まれ、死亡した。逃げ惑う人間はすべて糸柳に捕まり、叩きつけられ、刻まれ、死亡した。地下に作られたこの空間は窓がなく、入り口も二つだけだった。一つは山本悠の巨大な作品と脚立によって鉄で溶接され、完全に塞がれていた。山本悠自身がよかれと思ってやったこの創作も、彼自身の死を呼ぶだけだった、愛する者の名を言いながら彼は死んだ。もう一つの出口は「受付」の奥側に搬入口として位置していたが、赤い奇妙な形をした立体的な椅子に大量に積まれた作品と書類と死体に阻まれて、ろくに通れる状態ではなかった。血と精液にまみれたそれらをかきわけても(同人誌自慰する者と数少ない女子ライトレイプする者で溢れ、会場内は白濁液でまみれていた。)、かきわけている間に正気を失ったギーク達に捕まり、ジャンクタワーに叩きつけられ、刻まれ、死亡した。「バトルロワイヤル」「バイオレンスジャック」「ベルセルク」「GANTZ」、なんでもいい、そういった虚構の物語で起きていた残虐な出来事が、延々と目の前で繰り広げられていた。唯一ギークの中で正気を失わなかったyuisekiは人を殺すことをせずに、左手右手を失いながらも満面の笑みを浮かべながらインターネットに興じていた。最初から狂っていたのかもしれない。

大量のアニソンやらブレイクコアに混じって人の叫び声が聞こえ続けた。笑い声も聞こえ続けた。junkMAが音が発生する元となるジャックを次々と死体の内臓に突き刺すので、やがて音楽は消滅した。生きる者が次々と破滅する中で、生き残った者も自害し始めた。そして俺の意識は途絶えた。

目が覚めた時、俺は叩きつけられたまま意識を失ってたことに気づいた。先に叩きつけられた肉の上に叩きつけられたおかげで、致命傷に至らなかったらしい。しかしこ空間で血を流しながら数時間に続けることは自殺に等しい。十数年前のPCに付着した菌が培養され、確実に腐食しているのだ。少しずつ、死が近づいていることを知った。

暗闇に目が慣れ始めてきた。大量に積み重なる死体が、まだかすかに生きているPCの光に照らされて、見える。時たま、誰かの携帯電話が軽快なアニメゲームメロディを鳴らし、今は亡き主人を呼ぶが、答えることはなかった。見知った作家が幾人か死んでいるのを確認する。なぜこんなことになったのか、わからない。どうしてこんなことになってしまったのだろう。「どうしてこうなった」というネットジャーゴンがふと頭をよぎり、ふふっと笑ってしまった。模造紙オフ搬入、搬出の時などに、どうしてこうなったって言って笑いあっていたなと思い出した。そういう言葉アートギークも関係なく通じたし、一緒に笑い合えた。twitterをやり始めたのはいつだったっけな。なんだか最初のほうから始めている糸柳やyusekiって奴がいて、こいつらといつか面白いことができたらいいなって考えていたんだな、そういえば。理想的な形で一緒にできたとは思っていたんだが、まさか殺されるとはな。笑えねえよ。擁護した東浩紀村上隆はなんて言うんだろうな…それが聞けなかったのが本当に残念だ。

死ぬ間際に幻影が見えた。再生ラウンジを取り壊し、破滅ラウンジを再構成して記録を撮ろうとしているカオスと破滅のやつらが見える。観客は誰もいない。それなのに、いつもどおり楽しそうに音楽をかけ、ゲームをし、ネットをしているあいつらがいた。それは、俺が体験したどの瞬間の破滅ラウンジよりも居心地がよく、満ち足りた空間だった。再構成の記録が終わり、電気が付いて明るくなった空間で彼らは誰かを祝っていた。一人女がいて、涙を流しながら喜んでいた。糸柳は用意されたケーキ包丁で丁寧に切り分けていた。包丁自体の重みでケーキ自体が歪まぬよう、慎重に分けていた。その包丁で女を殺すことも、犯すこともしなかった。それは幻影だった。

2009-11-15

これの小池スタイルの小池ってssig33の小池?

http://www.youtube.com/watch?v=1L9eh69H9q8

追記:もしかしてここで出てくるスキンヘッドの人糸柳

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん