2019-11-12

表現規制から距離を取ります

当分距離を取りたい。

理由うんざりたからです。



3年前ならまだ続けれましたがいまはもう無理です。

うんざりしました。



なににうんざりたかと言うと、もう処理しきれなくなったからです。

それほどに表現規制コミットしなければならない案件が多すぎます

愛知県トリエンナーレ表現不自由展には何も言わないくせに」とか一番最初にかかわって批判しつつそれでも擁護してきましたが、何もやってないことにされてしまいました。

まあそれはいものことだからいいんですが、


ネットダウンロードについて

右翼左翼講演会イベント潰し←これが一番多い。もう処理しきれませんし右翼左翼のつぶし合いはうんざり

ジャンプ表現

ポスターエロ表現


これらすべてに役所に問い合わせたり、政治家に働きかけたり、手紙を書いたり、メールを送ったり、パブコメを出したり、推移を逐一見続けることが、さすがに不可能になってきました。

表現不自由展で「右派左派規制派の動きは明らかに活発になって、やりたい放題」です。つぶし合いは一気に加速したと思います

こんな状況で逐一すべての案件を追うことが不可能になりました。

公共の福祉からエロ表現規制しましょうとか左翼が言うな左翼が。 ←とかいうと、右翼の肩を持ってるネトウヨだなどと言われるのが表現の自由の戦士のつらいところ。

昔は右翼表現規制をしてくるから左翼との折り合いは良かったのですが、自民党規制派の動きがなりを潜めたあと、左翼規制の小さい案件が増え始め、さすがにパンクしました。

左翼規制は小さいのが間髪入れずに来ます

右翼規制デカくて強烈なのですが数は少ないです。





ボクシングでいえば、左のジャブで散々弱らせた後、渾身の右ストレートが飛んでくる。完璧コンビネーションパンチです。

左右共闘して、表現の自由を殺しにかかってます



twitterでの活動ネットブログ活動と言うのは、ほとんど広報のようなもので、やってることからすれば一部なのですが。しかし、数が増えすぎて生活リソースを圧迫してきて、あらゆる活動がやってられなくなりました。

右翼左翼のつぶし合いに巻き込まれるのはもう面倒くさい限りだし、じゃあ漫画表現にの活動を絞るのならば、「エロを守るだけだ」と言われる。まず、右翼左翼のつぶし合いに多くのリソースが取られるので、もうあいつらが一番面倒くさい。

しかエロ小説エロ漫画描きまくりながら、他人創作非難する左派インテリ作家とか、マジ害悪

そういうやつらには左翼規制派は突撃しない。結局いまの漫画表現に対する表現規制って左右の代理戦争とばっちりなんですよ。

めんどくせえ。

だいたい、半年に一回でいいことが、1週間に1回起きるって無理に決まってんだろ。

どうやって関われっていうんだよ。








訂正しました。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん