2019-04-26

作り話です

 施設のおじさんから、あの女が死刑になると聞かされた。そして、あの女が私に会いたがっていると。もちろん嫌なら行かなくてもいい、けれども、出来れば会いに行って欲しいと。私はそうすることにした。今までずっと、あの女に会って話を聞きたかった。でもその勇気が出なかった。だけど、これが最後ならば。会いに行かなければならない。

 私の母は鬼だった。母に殴られなかった日は記憶にはない。包丁で切られた傷は体のあちこちに残っている。私の右足は少し外を向いていて歩きにくい。母に折られた足だ。

 私は母に殴られるたび泣き叫んだ。そうすれば母の気が収まるのが少し早くなることを学んでいたからだ。何度か私の声を聞いた人が通報したことがあったらしい。役所の人が来たことがあったが、母は全て追い返した。それだけだった。一時期の母は声を上げると怒ったが、役所の人が何もしないことを知るとそんな事で怒らなくなった。

 その日も私は泣き叫んでいた。空腹の時に大声を上げるのは辛かったが、そうしなければ地獄は終わらない。私に馬乗りになった母は包丁を首筋に突きつけてきていた。お願いします、やめてください、何度もそう叫んだ。

 不意にガラス割れる音がした。ベランダの窓だ。母ではない。私でもない。そこにはあの女が立っていた。あの女はすでに怒っていたように見えたが、母と私の姿を見ると形相を変えた。初めて、母以外の女の人を怖いと思った。

 あの女は母を蹴り飛ばした。そのまま何度も母を蹴って部屋の隅に追いやった。そうして落ちていた包丁を拾い、母の首を切った。真っ赤な血があたりに飛び散り、母は何度も口をパクパクさせて、動かなくなった。

全日本新聞 YY年MMDD

騒音トラブル、隣人殺害

 ○○県で昨夜未明マンションに住む無職***子さん(36)が隣室の主婦によって殺害された。近所の人の話によると、***子さん宅は子供の大声で警察通報されるなどのトラブルがあり、大声に業を煮やした隣家主婦ベランダを通って侵入犯行に及んだ模様。***子さんの長女(13)は無事保護された。

 施設に引き取られて迎えた初めての夏。夕涼み会で施設のおじさんは私に話をしてくれた。申し訳なかった、僕に勇気がなかったばかりに、君にもあの人にも申し訳ないことになった。本当に済まない。

 あの人はここにも警察署にも何度も通報していた。僕もそれを受けて何度か君の家へ行った。けれども何もできなかった。いや、しなかった。君のお母さんが怖かったんだ。本当に申し訳ない。僕が何もしなかったからあの人は君の家へ行ったんだ。そうしてあんなことになってしまった。ニュースでは誤解を招くようなことしか言っていなかったが、あの人は君を救けるためにああしたんだ。本当に、いくらお詫びをしても足りない。

 あれから7年が経つ。あの女の死刑は非常に異例、というより日本初のことらしい。ニュースでは、世論判例に勝ったとか言っている。ただの騒音トラブルで隣人を殺した非道な女に重い裁きを、ということらしい。どうでもいい。

 刑務所であったあの女は、記憶にあるよりもずっと優しそうな顔をしていた。会いに来てくれてありがとう、とまずはそう言った。私も会って話をしてみたかったのだから礼なんて言われる筋合いじゃないけど、うまく言えないから黙ってた。

 どうして母を殺したの?

 ずっと訊きたかたことは、思ったよりもあっさり言葉になった。それを聞いたあの女は、顔を歪めてこう言った。

 あなたには本当に申し訳ないことをした。もっと然るべき手段を取るべきだった。けれども私は怖かった。まっとうな手段を選んでいるうちにあなたが死んでしまうことが。もしもあなたが死んでしまえば、私は一生助けられなかったことを許せずに生きていくことになる。それが怖かったから、あん手段をとってしまった。本当に申し訳ない。

 それを聞いて、何だか自分の心が乾いているような気がした。重ねて尋ねる。

 どうして私を呼んだの?

 次の質問もあっさり出てきた。女は、真剣な面持ちになって言った。

 あなたにどうしても伝えたいことがあった。あなたが荒れていることは施設の方から聞いている。だから、どうしても言わなきゃいけないことがある。わかってほしいことがある。

 この先の言葉は、何か恐ろしいもののような気がして、体に力が入った。女は続けた。

 あなたから奪われたものの重さに、どうか気づいて欲しい。それに気づいてしまったらきっと今以上に辛い思いをすることになるだろうけど、それでも気づいて欲しい。あなたから奪われたものは人が生きる上でどうしても必要な物だからあなたの中にはまだその欠片が残ってる。あなたが今も生きていることがその証拠。けれどもそれの大切さに気が付かなかったら、あなたはそれを捨ててしまうかもしれない。それだけは絶対にやめてほしい。それは本当に重たく、大切で、欠片しか残っていなかったとしても、それがある限り生きていけるから。その重さに気付けば、少しずつ取り戻していくことも出来る。どうか、それと向き合ってほしい。

 全く意味が分からない。正直にそう言った。

 そう、今は意味がわからない。それでいいの。そうした時間も大切だから。でも、いつかは分かってほしい。

 それだけで、話は終わったようだった。私は事前に施設のおじさんから聞いた話をした。

 ずっと前に赤ちゃんが死んだって聞いた。それと母を殺したことに、なにか関係はある?

 女は泣き始めた。しゃくりあげるばかりで、何も言葉が出てこないらしい。この傲慢な女の何かを突き崩したことで、私は満足した。

 刑務所からの帰り道、女の話を考えた。私から奪われたもの。無理だ。何をなくしたのかもわからないのになくしものを探すことなんて出来やしない。

 何をなくしたのかわからない?そうか、確かに何かをなくしたらしい。そうでなければそんな考え自体が出てこないはずだ。

 私から奪われたもの。単純に考えれば、あの女が私から母を奪った。でも、あの女の言葉文脈からすると母ではないだろう。私の中にまだその欠片が残ってるとも言った。そういう意味でも母ではない。

 本当に、あの女は何を言っていたのだろう。

 自尊心?ふとそんな言葉が頭に浮かんだ。一瞬でその考えは苦笑に消えたけど。

 あの女の死刑執行はいつになるのか分からない。でも、その墓の前に立って何を私は感じるのか。

 当面の間はそれを目的に死なないのも悪くはないかもしれない。そう思った。

  • anond:20190426165134

    作り話なんだからいいだろ、って態度にうんざりする。作り話だからこそもっとリアリティを気にしろ。 自分でも不自然だって言ってるけど、日本ではどんなに極悪非道な犯罪でも一人...

    • anond:20190427042404

      殺人 一人 死刑 で検索したらたくさん事例でてくるじゃん なんで書き込む前に調べようとしなかったの いつから向上心を失ってしまったの どうして手持ちの知識で安心するようになっ...

  • 死刑=合法的な殺人

    自分がやるのは良いけど、他人がやるのはいけない 世の中には、他人を殺す権限を持っている人間と、持っていない人間の2種類がいる、ということ。   戦争も他人を殺すことが推奨...

    • anond:20190427091919

      戦争なんてくだらねえぜ俺の歌を聞け~!ってやれば 戦争なんてなくなるのになんでみんなやらねえんだろうね? 戦地にグリーンデイとかオフスプリングでも送り込めば大体みんな 戦...

  • anond:20190426165134

    あなたから奪われたものの重さに、どうか気づいて欲しい。それに気づいてしまったらきっと今以上に辛い思いをすることになるだろうけど、それでも気づいて欲しい。あなたから奪わ...

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん