2019-11-12

会社事業は好きだが、組織が嫌い

勤めてる会社ははっきり言ってまったり高給、平均年収も四桁近い。

転職者も少なく、新卒入社してそのまんま定年まで勤め上げる人が大半。

温厚な人も多いし、人間関係にも恵まれてると思う。

個人的には会社事業面白いと思うし、やめる気もそれほどない。

ただ、そういう会社から、みんなとことんやる気がない、意思決定できない、ちょっとでもリスクがあると絶対やらない、改善案提言しても検討中のまんま、そしていつの間にか消えて、PDCAなんてまわりもしない。

それでいても金払いがいいのはある意味守られた業界から

自分もこうなっていくのか、と考えるとゾットするし、

そうならないように常に「改善」の心を気にかけているが、組織は変化に対する嫌悪感がすごい。

ものすごい保守的

はっきり言って組織として改善したい気持ち今日提言したが、

「うーん検討してみる…」という答え。

いつも的を得いから同期とかを巻き込んで別の上司提言したり(自分の言い方が悪いと思い、あくまでメインの同期に賛同する形をとった)、

年上の管理職未満にも言ったりしてみた。

だめだった。

先日、初めて海外主張に行き、同業外国他社を見て、意見交換を行った。

素直に改善すべきことを報告書にまとめた。

もちろん、自社が優れていると思ったところや、得た知見など、全体としてはバランスよく書いた。

しかしながら、上司ハレーションを生むから…と、部署レベル改善できる話を全社的にこういうこと考えたらいいねくらいに留められてしまった。

どうせ担当役員の目に留まり、それが全社問題として取り扱われる可能性はほぼない。

ならば、自部署でこうすれば、このような結果が出て、このように改善する、という具体案のほうが役員の目に留まり、そのまま実行に移してくれるはずなのに。

幸い、自部署役員とは距離が近く、自分はまだ若手にも関わらず、よく飲みに行ったり、いろいろ意見を言わせてもらっている。

言った意見同調してくれることも多いし、実際に自分意見役員の号令で動くこともあった(裏を返せば役員が号令をかけなければ変わらない組織)。

会社トップ層はデジタルトランスフォーメーションやら、フィンテックやらいろいろ勉強会をしているのは知っている。

だが、その知識を活かそうとしたり、その知識を活かす組織づくりをしない役員が大半。

まだそういう意味では自部署は恵まれているのかもしれないが、、、

本当にどこもこんな組織なのか?

いっそのことベンチャーの言うスピード感のある組織体験してみたい。

ぐちばっかりで申し訳ない。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん