2019-07-14

モブ子の恋」を読んでおあああーっとなってしまった(ネタバレあり)

Pixivコミックで連載中の「モブ子の恋」をずっと読んでいて、更新をすごく楽しみにしている。

主な登場人物は地味で目立たなくて大人しい主人公女子大生田中信子(モブ子)と、バイト先の同僚で同じ学年の入江君(メガネ・シュッとしている・真面目そう・モブ子が好きな相手)だ。

田中モブ子ということになっているが普通に可愛い。この顔はモブじゃない。

また,入江君は最初恋愛に興味ないって感じだったのに、いつの間にかモブ子のことを好きになっている。

この辺は作者の甘さが見え隠れしているかんじがあるが、まあそれはいい。

ネタバレすまんけど結局相思相愛になるんだけど、それまでの過程、すなわち

一言以上しゃべるようになって、お互いに好意自覚して(でも相手自分を好きということはわかってない)、連絡先を(周りの協力を得て)交換して、

バイト先の集まりで出かけて、二人で出かけるようになって、告白して、恋人同士になる

という流れがも~~~~~~~~~~~~~~~~めちゃくちゃスローでもどかしく、だがそれがいい

こんなシーンがある。

モブ子が,入江君と以前より少し仲良くなって話せるようになって、

バイト仲間に好意がバレて「告白しないの?」みたく言われて、今の関係を崩したくない、つながりを持った状態でいたい

と答えたら,そんな状態いつまでも続く保証なんてどこにもないと言われる。

それで、二人で出かけるようになって2回目くらいの日の前夜に、

「これまで,私は自分が何も行動しなかった未来と向き合ってこなかったな」と思い、

今日全部終わってもいいから、気持ちを伝えたかった、入江君のことが好きだと告げる。

入江君もその日同じこと思ってて、まあうまくいくんだけど。

この話を何度も読み返して、

好きな人特別になるために、恐怖を感じながら、今までの心地よい関係を壊してでも想いを伝えるモブ子は強くてかっこよくて美しいなと心が震えた。

そして、すごくうらやましかった。


自分には好きな人がいて、その人とは月に何回か会う機会があり、連絡先も知っているが

それは必要に迫られてのことで、個人的な付き合いはない。

今までモノの貸し借りとかお菓子を交換したことはある。

その人のことはほとんど知らない。どこに住んでいるかも何歳なのかもどこ出身かも、恋人配偶者いるかどうかもわからない。

聞けば教えてくれるだろうけど、聞くタイミングがない。言い訳である

知り合って2年くらいで,最初はそういう気持ちは全くなかったのだが、長い期間にわたって接しているうちに特別だと思うようになった。

相手のことをほとんど知らないのに、なぜこのような感情が起こったのかはわからない。

自分も、このままときどき会う機会があって、話して、それで嬉しくていろいろなことを頑張ることができるこの状態がずっと続けばいいなと思っていた。

でも、モブ子の恋を読んで、自分精神的にすごくダサいなと痛感した。

いきなり告白するのは論外だが、もし食事に誘ってみたところで、断られたらどうしよう?と思うと怖くなった。

想像したら、死んでしまいそうになった。

行動に起こさなければ、自分妄想の中でずっと甘い雰囲気を味わっていられる。

でも、万が一誘いに応じてくれて、それまで知らなかったことを色々質問して,恋人配偶者もいなかったら告白して、と考えて

万が一受け入れてくれる未来想像すると、もうだめだと思った。

こういう関係性の人に対して、どうやって食事に誘ったらいいんだろう?

自分恋愛に対して疎く、自分から恋愛的行動を起こそうと思ったのは初めてで、どうしたらいいのかわからない。

その辺で歩いている仲のよさそうな二人連れも、こんな思いを乗り越えて今があるのだろうか。すごい。

モブ子の恋は、好きな人に好きだと言いたくなるマンガだ。

今年の夏は、そう決意して実行にうつした読者の死屍累々が見られるかもしれないな。そして、自分もそこにいる可能性はとても高い。

  • anond:20190714013337

    告白しちゃいけないってのがはてな民の総意。告白は他人にコストをかけてるだけ。なお、席を譲れよなどは言ってもいい模様。自分に都合の良いマイルールでオッケー。

  • anond:20190714013337

    ネタバレ死ねよ。なんか恋は雨上がりのようにっぽさがある 死ねゴミが

  • anond:20190714013337

    告白ってあくまでお互い好意があることを確認する行為だから。ワンチャン大逆転を狙う行為じゃないぞ。

  • anond:20190714013337

    読書感想文「『モブ子の恋』を読んで」って感じ 物語の紹介と評価から自分の話に入るまでの構成が昔習った読書感想文のお手本そっくりだ

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん