2017-08-15

私の推し動物園はいねーんだ

筋肉のあるキャラが好きだ。

オタク腐女子歴が人生の半分を超えたし、好きなジャンルも増えたけどやっぱり筋肉のあるキャラがずっと推しキャラだ。

太い二の腕とか、割れた腹筋とか、服の上からでもわかる筋肉表現が好きだ。

バトル物でも学園物でもスポーツ物でも線の細いキャラよりはがっしりした骨の太そうなキャラを好きになる。

もちろん身体だけで好きになるんじゃなくて、その体格に見合ったバトルや演出、守れるものの多さ、その為の性格の良さを全部ひっくるめて好きになるんだけど、

でもそういうキャラは決まってSNSファンの間では「ゴリラ」って呼ばれる。

それが死ぬほど嫌だって話。

動物ゴリラは温厚で好きだし、檻に落ちた子供を救った事実もあるし、そういうことが言いたいんじゃない。

推しゴリラって言われて嬉しいのか?

私は嬉しくない、怒りすら覚える。

ただ筋肉があって強いだけなのに、人間より知能の低い動物と一緒にされているのが不快しょうがない。身体しか見てないような表現に嫌気がさす。

いままで通ってきたジャンルだけでも推しゴリラと呼ばれることに2回は遭遇した。

公式画像の頭部だけゴリラにされたコラ画像や、ゴリラ呼びをネタにした二次創作も大量に流れてきた。

流れてくるってことはみんなそう呼ばれることを嫌だと思ってないし面白がってるんだろうな〜と思って声を大にしてこのことは言えなかった。

私が我慢すればいいや、自衛しよって思ってた。

けどジャンル公式からその表現が出てくるとは思わなかった。絶句した。

ゲーム推しキャラを使い込んで使い込んで親愛度MAXでやっと手に入れられる限定カード、そのフレーバーテキスト推しゴリラだのなんだの紹介するものだった。

初めて見たときは何の声も出なかった。

そのゲームでの私の推しは誰もが認めるような爽やかな騎士キャラで、主人に忠義深く、仲間も大切にし、真面目で真摯で少し天然で、そして身長の割に体重がしっかりあって鎧の上からでも体の逞しさがわかるようなまさに理想騎士だった。

ストーリーで出てくる時にあまりにも強すぎてユーザートラウマになったキャラだったから、それでファンが強すぎる、ゴリラだの何だの言うのはわからなくもない。

けど、公式ゲーム中でその大好きなキャラの親愛度をMAXにして(相当大変)やっと得られる、そのキャラだけの特別カードが、いわゆる「ネタ」だった。

他のキャラ達は関連のある物とか、場所とか、出来事とか、そういうものカードになっているのに何故私の推しだけネタカードなの?

そのキャラが大好きだからたくさんクエストに連れ回して親愛度を上げて何度もなんども戦って、そしてやっともらえるカードで「ゴリラ」?

そのキャラが歩んできた人生の大きな出来事とか事件とか戦いとか人間性とか全部無視してゴリラ??

笑って済ませて終わり?

ふざけんじゃねーよって気持ちでいっぱい。

それでも、やっぱりファンは笑ってるみたいだった。

そのカードが見たいからそのキャラ引きたい、って言ってる人もいた。

ファンが言うのはまだ良い、でも公式がそれを逆輸入してどうするんだ。

愛をもってそのキャラを使ってるのに、ネタで返さないでほしい、今からでも良いから訂正してほしい。

そんなカード欲しくない、貰っても嬉しくない、親愛度上げたくない、好きなキャラなのに。

あなた推しゴリラって言われて、嬉しいの?

私は嬉しくないよ、悲しいよ

ガウェインは、ゴリラじゃないよ

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん