2019-07-08

Katana ZEROってゲームをやった

Steamサマーセールで猛プッシュされていて、自分の好きな実況プレイヤーが序盤だけ上げてくれていたので見た感じ自分が求めているゲームだなと思い購入。

 

時間ぐらいでエンディング。概ね満足。

説明ブログ検索したりして見て。

 

アクションゲームが苦手な自分にも安心

死に覚えゲーなので、アクションが苦手な自分でも対応できた。

アドリブ力が要求されない+適度に判定がガバい+救済のスローモーションシステムのおかげで、指の動きも忙しくない。

スローモーションシステムはすごかった。SEKIROにこれがあったら、狼が目の前で刀をカチャカチャしちゃう下手くそプレイも減らせたなってレベル相手の動きの学習がしやすい。

最終的にスローモーション必須場所以外はスローモーションを使わなくても突破できるようになると、もう気が狂うほど気持ちが良い。

最初銃弾を弾くのすらスローモーションを使ってたのに、最終的になんとなく間接視野相手を見ながら弾くことができるようになる(もちろん、敵配置を知っているからというのが大きいが)。

そのままやると死にゲーアクションだけど、スローモーションシステムアイワナぐらい簡単リトライできるおかげで投げ出さずにプレイできた。

 

ストーリーが好み

主人公はヤク中の侍で、情緒不安定なので、相手の話を遮って会話を進める事もできるんだけど、これと未来予知が組み合わさることで、相手が言いたいことを先出しして煽る場面は「なるほど!」となった。

詳しく話すとネタバレが飛び出すのであまり言えないけど、別人視点で書かれる話もないのでどこまでも主人公に没入できるのが良い。

ただ、ものすごく短い。プレイ時間時間エンディングなのでお察しください。

まだまだ明かされてない情報もあるので完全版や続編が出てほしい。

 

音楽が良い、ドットが綺麗

ゲームやる上で直接上記の要素は関係ないと思ってる派閥だけど、

このゲームはこの音楽ドットから良いなと思えた。

逆にこれが3Dモデルとかなったら違うなって感じ。

 

こういう話をかたる場所考察する場所がない

攻略サイトがなくて、某匿名掲示板にすらスレがないので、頭の中の妄想を吐き出す場所がない。

から増田に書きたかったけど、それするとネタバレ配慮になるなとおもって控えたのでプレイして、誰かWikiつくって。

自分は昔、語りがたいためにwiki作ったことあるけど、そこにwiki広告が表示されるのを「アフィだ!」と殴りつけられた経験が未だにトラウマなので誰か作ってください。

  • anond:20190708114923

    スレないのか。PCインディーゲーとかで一括りになってるのかな。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん