2017-06-28

社会を変えるためには過激な行動も仕方ないと言っている人は

障害者権利擁護とは逆の立場過激な行動を行った植松のやり方も肯定するのかな。

植松があの事件を起こしたから、現場で働く人間労働環境改善しようという機運が高まってきたわけだけど、それも「闘争の結果、権利を勝ち取った」のだから良しとするのかな。

秋葉原加藤の乱では非正規雇用問題視されるようになったが、過激行動容認派はあれも肯定するのかな。

私は、どんな立場であれ、過激な行動を起こして社会を変えようとすることは批難されるべきだと考える。

内心どう思うと構わないが、少なくとも表向きは過激派肯定するのはやめるべきでは?

過激な行動は、逆の立場過激な行動をも誘発しかねない。

障害者に対するヘイトを高める。

社会を変革できるという良い面だけを過大評価し、ヘイト感情を高め第二第三の植松を産むという負の面は見ようとしない。

青い芝運動という成功体験があるので、それを模倣する者が続出しているわけだ。

それを肯定するならば、その逆の立場模倣者が現れることも甘んじて受け入れなければならない。

(追記)

曖昧言葉を使ってしま申し訳ない。

過激な」とは………目的のためなら手段を選ばない、強硬的、強引、ルール無視する、不必要に周囲との摩擦を起こす、暴力的手段、といった意味使用しました。

ブコメへ)

植松も、自身の持つ思想信条のもとに使命感を持ってあの行動を起こしたようです。

今回の件とは同列に語れない、あまりにも痛ましい事件だというのはその通りですが、思想信条のもとに目的のためなら強引な手段を使っても構わないという主張に私は反対したいです。

少なくとも、そういった行為は堂々と肯定されるような立派な行為ではないはずです。

黒人差別の件を持ち出している方へ。

今回の件は、事前連絡をしていれば軋轢も起こさずスムーズに事が運んだはずですが、当事者自身思想信条から事前連絡を行うことなく強行突破しようとしました。

その件についてそれは褒められた行為ではないという主張に対して黒人差別の件を持ち出すのは、何かがおかしくはないですかね。

強引な手段は強い反発を招きます

今回の件は、同じ当事者である障害者からも批難されていますが、そのことについてはどうお感じになられますか?

体制盲目的に従い、活動家の成果に対してはフリーライドする、狡い人間だと?

ほかに平和的な手段があったのではないかと声を挙げることはそんなに批難されるようなことでしょうか。

私はそうは思いません。

障害者権利を拡大するのは結局のところ強引な手段だけである、やったもん勝ちだという過去経験則は、もはや野蛮で時代遅れものだと見做されるべきだと考えます

https://anond.hatelabo.jp/20170628212238

記事への反応 -

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん