2017-09-23

iOS11から、画面のタップだけでスリープ可能

・・・に近いことを実現できるようになった。

アンドロイドでは確か5.0のロリポップくらいから実現されてたはず、

画面ダブルタップで起動、画面のダブルタップスリープなど。

3Dタッチとかクソなものより、このくらいのこと未だに実装しないのはクソとしか思えないけど、今回iOS11で実現に近づいたのでメモ

さて、ご想像の通り使う機能はAssistiveTouch これは物理ボタンなどの制御を肩代わりしてくれる機能で、その昔ホームボタン故障が相次いだ頃に搭載された?一躍注目を浴びた機能だ。以下手順

 

1、一般アクセシビリティ→AssistiveTouchをON

2,最上メニューカスタマイズ→「画面ロック」1つにする。

3,待機状態不透明度を15%ぐらいにする。

4、自分iPhoneを触る手側(左手だったら一番左など)の<下から4列目あたり>に使うことのないダミーアプリを置いておく(時計アプリとか、フォルダとか)

5、その近くにAssistiveTouchを置く。

6、コントロールセンターアクセシビリティショートカットを追加する。

7、一般アクセシビリティ>AssistiveTouchのチェックを入れる。

設定は以上である

こうすることによって、AssistiveTouchをタップするだけで、画面をスリープさせることが可能になる。

今までのiOSでも可能だったのだが、こいつの存在感が割りとウザくて、活用するには相当のスルースキル必要とした。

しかし今回透明度を15%まで落とすことができるようになって一気に実用に耐えるものになった(と私は判断した)

当然運用面での注意点が一つある。「AssistiveTouchの近くを触らないようにする」・・・

なんということだろうか、そんな腫れ物対応的なメンドクサイ運用必要だなんて。。。と思うことだろう。

けど不思議アイコン数で下から4列目あたりの左右の端を使うことが必要になることは少ない(オレ調べ)

しかし当然、ゲーム写真動画などを見るときにあると邪魔ってことがあると思う。そのための回避が設定手順6,7のアクセシビリティショートカットだ。

この設定をするとトリプルクリックでAssistiveTouchをオフにすることができるが、ぶっちゃけトリプルクリックって難易度高い。多くの人にとって決して慣れることのない機能だ。

なので、コントロールセンターの、アクセシビリティショートカットからON/OFFを切り替える設定を追加しておいた。

コントロールセンターの数をぎりぎりまで削りたい人は、自分運用上いらないと思ったら消せばよいだろう。

また、デフォルトの設定をAssistiveTouchを1タップすればスリープする仕様でご紹介したが、予期せぬスリープ絶対に許せないとおっしゃる御仁も多くおられることと思う。

そんな方には、2つの回避方法を伝授しよう。勘の良い人は上記の設定の途中で気づいているかもしれない。

方法1、設定>アクセシビリティ>AssistiveTouch>最上メニューカスタマイズの「1個のアイコン」を+して何もない「2個のアイコン」にする。

方法2、設定>アクセシビリティ>AssistiveTouch>最上メニューカスタマイズ 3D touchのアクション>画面のロックを設定(方法1も同時に行っている必要あり)

 

この方法2はiPhone6sより前のiPhoneでは使えないかもしれない。

しかしこうすることで方法1ではAssistiveTouchを2回タップで画面が消える仕様にできるし、方法2では3Dタッチにて画面が消える仕様にできる。お好きな方法でといった感じだ。

私の個人的な使い方としては、ケータイ見ながら、寝落ちするか、しないか、、なんか画面眩しいな・・・消したい。みたいなシーンでタップすることを想定しているので、できるだけ考える仕様や、バイブレーションは勘弁願いたいところ。

もちろんバイブを完全OFFにして、方法2で3Dタッチを長押し的な扱いで活用する方法もあるのかもしれないが、、まぁこのへんは好みで調整してほしい。

以上だ。せっかくだから増田スリープとでも名付けておこう。もっといい方法あったら明日教えて欲しい。ではおやすみなさい。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん