2009-06-20

リアル去勢したオイラが性暴力がらみをとりとめもなく語ってみるよ

http://d.hatena.ne.jp/sk-44/20090619/1245413020

地を這う難破船:懲罰としての去勢

http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/51225683.html

正論暴挙

とりあえず今は普通の女ということで世の中に埋没して生きてますけど、昔タマタマチンコありました。隠喩意味で「去勢」ってあるとつい見ちゃう(笑)

北原さんはね、ほんと男性ホルモンの力をナメすぎてると思う。というか、普通の女はみんなそう。実感できないのは仕方ないから、その代わり世の中的な決めごととか「慎み」とか、そういうので「お前よくわからんやろけど自粛しとけ。その方が身のためや」って仕組みになってる。だからダンコガイさんは結構正しい。マッチョでウザいかもしれないけど、それが現実

念のためだけど、「襲っていい」って意味じゃないよ。実際に起きちゃったら、100%加害者が悪い。でも、「悪い」と言ってもやっぱり悪いことは起こるし、どうしようもない。その起こる仕組みを、普通の女はリアル経験したことがない。あんたたちがいか想像力フル活用してもわからん。だからオッサンの言うことは神の法律だと思って聞いておいた方がいいし、実際、それなりの数の女がそうしている。

もちろん、逆の仕組みで男のわかってないことも沢山ある。わたしはweb上にあるエロ表現とかがすごく辛い。これは人にもよるし、全然平気な女もむしろ好きな女もいるだろうけれど、ああいうのがいか暴力的に突き刺さるか、ほとんどの男は知らないんだなー、って思う。「イヤなら見るな」ってのはその通りで、だから見ないけれど、普通に生きてたら視界に入ることもあって、憂鬱になる。でもまぁ、それを規制することによる問題の方が大きいと思うし、頑張っている。

レイプゲームが話題になったときも、それで初めてそういうゲーム存在を知って「知らなきゃよかった」と思った。そういうの、法律で縛るのはわたしは反対だ。そういうゲームやったからって、本当にレイプしたりする奴はまずいないと思う。やってなくてもレイプするやつはいる。だけど、そういうゲームが世の中にある、ってことだけで、それなりにしんどい気持ちになる。でも仕方ないし、目につかないようにして生きていくしかないと思う。法律で縛るのは反対だけれど、そういうの好きな人は、知るだけでしんどくなる人も世界はいるんだ、ってことをちょっとだけ覚えておいて欲しい。それで、みんなの目につくところでは、おおっぴらにお話しないで欲しい。こっそりやるのは全然良いと思う。

有名なFtM(女から男に性転換した人)が著書の中で「男性ホルモンを打ちはじめて体が変わっていった時、皮膚が厚くなっていくようだった。バリアができて、外界から守られる感じだった」というようなことを書いていたけれど、わたしはちょうど逆の体験をした。もうずいぶん昔のことで、前のことがあんまり思い出せないのだけれど、皮膚が薄くなってバリアがなくなる感じだった。物理的にも薄くなるんだろうけれど、バリアというのは、むしろ心のバリアみたいなの。

なんてのかな、たとえば「死ね」って言われたって、そのまま死んじゃう人ってあんまりいないでしょ。気持ち悪い絵とかがあっても、絵は絵なんだから、とか、お話お話なんだから、って、共感しつつもスルーしたりはじいたりする力があるでしょ。言葉言葉、本当との間には皮一枚ありますよ、という。

そのバリアが、男と女で違うと思う。バリアが薄いと「真に受ける」というか、表現がそのまま突き刺さる感じ。もちろん「言葉はことば」って頭ではわかってるんだけれど、ものすごく精神にしんどくなる。逆に、嬉しいことも、ズバ!と心に直で入ってくる感じ。人の喜びがそのまま流入してハッピーな感じ(もちろんそういう共感は男女を問わずあるだろうけど、程度の問題)。

バリアが厚いというのは、良く言えば強くて、割り切ることができるってことで、悪く言えば鈍感。

バリアが薄いというのは、良く言えば感受性が強くて、悪く言えば弱っちい。あほの子っぽい。

バリアが薄い人と厚い人がいるのは仕方ない。だってもういるんだし。個人差もかなりあると思う。

から、せいぜい厚い人と薄い人がいるんだな、それが現実でどうしようもないんだな、ってことで、生きていくしかない。

話ずれたけど、「地を這う難破船:懲罰としての去勢」はかなりイイと思う。

普通の女は、男の子が生きていく上でいか社会的に「去勢」されているかわかっていない。わたし、(病気の問題は除いても)今の方が全然生きてくの楽よ。女付き合いとかは面倒だけど、特に仕事とか楽。治外法権っぽい。その分、出世とかできないし給料安いけど。人生全体がバイトっぽい(笑)。(追記:それが子供持つと変わるのかな、とは思う。産める人はそこでオッサン級に縛られて、ちゃんとオバハンになるのかな、と思う。ただ、これは逆に、普通の女じゃないわたしにはわからない。産めなくてすいません。ほんとすいません。あと、小学校中学校時代女子社会陰湿さとかも経験してないか想像しか語れない。ごめんなさい)

男の去勢は目に見えない法とか上下関係とかルールとかでできていて、そういうのはほんと大変。

女にも暗黙ルールは沢山あるけれど、対男用の伝統ルール大分ボロボロになってきている気がする。北原さんの例みたいに。それはあかんよ。通らないよ。

別にそんなめちゃくちゃ厳しいルールにしようとか、リアル法律作れって言うんじゃないし、作っちゃだめだと思うけど、慎み大事だよ。

男も女も、去勢されないとだめ。

イラリアル去勢して、これで済んだと思ったら、世の中的にもう一回女の去勢があって、もう去勢されまくりやわ(笑)

結論:

タマのないやつはタマの力をナメるな。

タマのあるやつはタマのないやつを思いやれ。

それができないならタマ取れ。

以上。

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20090620141215
  • http://anond.hatelabo.jp/20090620141215

    しかもその読書会は結局やらなかったしな。

  • http://anond.hatelabo.jp/20090620141215

    こう言うの読むだび面白い。 常日頃、草食だの、勇気がないだのと言われ、男としてオワッテルと言われている部類の人間。 それが、ことこうして性犯罪となると、俄然肉食系に豹変す...

  • http://anond.hatelabo.jp/20090620141215

    貴殿のような立場から書かれた名文が読めるのはネットならでは。 立法担当者の大半を占める50代以上の人間はおそらくこういう場、声があることすら知るまい。

    • http://anond.hatelabo.jp/20090621193931

      こんな時代になっても、日本の立法にネットの声が殆ど取り込まれていないのは、やはりゆゆしき事態だと思う。 法制審の「有識者」とか特命担当大臣とか、時にネットの集合知と比べ...

  • http://anond.hatelabo.jp/20090620141215

    バリアの話はほんとよくわかる。 ただ、全方位的に厚い、薄いではなく、ジャンルによる得意不得意があるようにも思う。 自分は人間関係的には非常にバリアが薄く、相手のちょっとし...

  • http://anond.hatelabo.jp/20090620141215

    元増田です。 なんだかたくさんコメントを頂戴してしまって、少しビビっています。いろんなご意見ありがとうございます。打たれ弱いので、コメントは薄目で読んでいるのですが、反...

  • MtFが彼氏に殺された件について一当事者として思うこと

    http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20090624_kill_girlfriend_used_to_be_man/ 2年間付き合っていた彼女が元男性だったことを知って殺害 - GIGAZINE  ちょっと前に性暴力がどうちゃらというちょっと乱...

  • イシクラユウをもう一度使ってみようと思ったわけ

     イシクラユウというのは、過去も現在も戸籍名ではありません。 この名前のわたしにとっての位置づけというのも変遷していて、その辺のはっきりしなさ加減とかも問題の種になって...

  • 私もちんこ切り落として初めて生理用品のありがたみが分かったよ

    今般の震災に絡んでか、Twitterなんかで避難所での生理用品がどうこうの話が出てるようで、私が最初に見たのはこれかな? https://twitter.com/Hohko_T/status/721138209002917888 私みたいな人なりに思...

記事への反応(ブックマークコメント)