2019-06-25

風俗嬢引退プレイに付き合ったら大を漏らした

去年からお世話になっているエステ嬢が引退すると聞いた。

テクニックは勿論、顔やスタイル性格に至るまで俺の理想とするオキニの嬢で、向こうもLINE交換提案してくれるほど仲良くしてくれてたので、卒業と聞いたときはかなり胸に来た。

でも、写メ日記よりも先に引退報告のメッセージを送ってくれたのは嬉しかった。

人妻なので、もう風俗業界に足を踏み入れることはないらしい。

「これで会うのが最後か」と思うと、俺は無性に寂しくなった。

どうせ最後なら何か思い出を作りたいと思い、オプションで初めて「撮影」をやってみることにした。

今思えばこれが間違いだった。

指名予約は滞りなく進み、なんとか店の最終時間ねじこんでもらえることになった。

プレイルームに足を踏み入れた瞬間に寂寥感を抱いた。夜中の静かな時間ということもあり、寂しさがこみあげてきてなんだか泣きそうになった。

向こうも少しくらいは寂しさを感じてくれているのか、「もう会えなくなるなんて寂しい」って3回は言ってくれたと思う。目が合うと自然キスしていた。

嬢は30代前半の人妻だけど、夫には風増で働いているとは伝えずに働いているらしい。

とても穏やかな性格だけど、指名するたび少しずつSっぽいところが見えてきて、そこが好きだった。

彼女の柔らかい身体に包まれながら唾液の交換・・・その様子も、スマホでしっかりと撮影しました。自撮り棒の脚立に固定してマッサージされている様子も撮影。運良く嬢の献身的な様子を沢山映すことが出来た。

引退プレイに沢山思い出を残せるよう、時間はじっくり遊べるよう指定した。全身をローションまみれにしてもらい、前立腺の刺激に取り掛かってもらった。

アナル舐めもしてあげよっか?」って聞かれたけど、最後キスもしたかったので遠慮した。

自分の尻の穴舐めた口とキスは流石に嫌だった。

つん這いになって肛門晒し、指を奥まで突っ込まれた。

まずは前立腺の前に、オーソドックス愛撫である指の出し抜き。興奮してると、これだけでドライオーガズムに達せそうな感じ。

美女肛門を責められる羞恥を堪能していたところ、違和感を覚えた。

便意を催してしまった。

最近アナルめにも慣れてきて、肛門を刺激された際の猛烈な便意も楽に耐えられるようになったハズなのに、その日に限ってどうしても我慢できない感じの便意だった。

さらに嬢が「浣腸プレイにしよっか?」と突然追い打ちをかけてきた。

流石に漏らしそうだったので最初は断った。でも便意に耐えながらの愛撫があまり気持ちよくなく、もったいない気持ちになったので後から頼んでみることにした。

予想通り、すぐに盛大な音を出して実が出てきた。

もちろん俺の排便の一部始終もきっちりスマホ撮影されている。

なぜか風俗嬢の引退プレイで俺が主演の浣腸プレイ動画撮影をしているシュールなことになった。

もうトラウマレベルで恥ずかしかった。

なんでオッケーしてしまったのか・・・浣腸されて直腸に液体の入った僕は、嬢の目の前で、盛大に放出してしまった。

しかもそれをガッツリ見られてしまった。

嬢も「こんな強烈な光景は初めて」と言って乾いた笑いを浮かべてたので、印象には残せたかもしれない。

とても有終の美とは言い難い、強烈な性体験だった。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん