2018-07-23

恋が冷める瞬間

30代、会社員、既婚、子持ち。自宅前のコンビニ店員に恋をしてた。

ハーフか、クオーターか分からないが中東系のエキゾチックな顔立ちに一目惚れだった。

平日、週末どこかしらのシフトに入っていたので、もしかして留学生?とも思ったが、レシートに印字された名字から日本人だと分かった。二世なのか?

それ以来、特に必要ないのだが、毎日のように買い物に行った。挨拶くらいはして顔も覚えてもらおうと努力した。自分の子供も連れて行って、子供をだしに会話もした。いつかはランチくらいはしたいとか思っていた。

しかし、終わりは突然やってきた。

ある平日の朝。その日は休暇で、朝食の準備も面倒だったのでコンビニで買うことにした。いつも通勤前にも利用しており、その時間帯に彼女は居ないことも知っていた。

レジで支払いを済ませ、家に帰ろうとした時、自動ドアが開き見知った顔が入ってきた。彼女だった。

こんな偶然あるんだ。と喜び挨拶がてら話そうと思ったのもつかの間、はじめて見た彼女服装を見て恋が冷めた。当たり前だが、それまで彼女コンビニ制服姿以外見たことはなかった。

彼女高校生だった。

その制服は見知っており、通勤時によく見る近所の高校だった。彼女が乗ってきた自転車のラベルを見て確信へと変わった。彼女が何しに来たのかわからない。忘れ物でも取りに来たのか、昼食でも買いに来たのか。もうどうでも良かった。

自分自身が高校生だったからこそ分かるが、高校生大人恋愛とか無理なのである。それくらい高校生恋愛観は馬鹿なのだ社会的地位保有財産清潔感趣味嗜好。大人恋愛には多種多様な要素が絡み合うが、高校生にはそんなのは一切ない。イケメンかどうか、可愛いかどうか。それだけだ。能無しレモンサワー消費機械であるEXILEレベルじゃなきゃ可能性はないのだ。どんなに財力を見せ、大人の余裕を見せても駄目なのだ高校生はそんなの無視して貧乏ジャニーズEXILE普通に選ぶ。それくらい未熟なのだ。(別にジャニーズEXILE馬鹿にしているのではない。彼らはちゃんアピールしたい層に全力で寄せているだけである

万が一の可能性もあるだろうが、そんな分の悪い賭けをいつまでも続けるのも馬鹿らしい。それ以降もコンビニを利用するが、彼女目当てで時間を合わせたりはしなくなった。元々必要ないものを買っていたので回数も激減した。

でも、名残惜しさは無かった。どう頑張ったって女子高生とは無理なのだ恋愛発達途上の彼女らに多くを求めることは不可能なのだ。やはり、狙うなら年上の婚期逃した女性に限る。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん