「孤立語」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 孤立語とは

2019-01-20

世の中しらんことが多いなと感じる

sin(x)の導関数cos(x)であることを証明できる日本人は何人いるであろうか。30%いるだろうか。

その中で、サティジムノペディと聞いてピンとくる人は何人いるであろうか。

その中で、確定申告のやり方を人に教えられる人は何人いるだろうか。

その中で、冷蔵庫ロードラインという言葉を正しく説明できる人は何人いるだろうか。

その中で、タイ語アルファベットを読める人は何人いるだろうか。

その中で、LD50説明できる人は何人いるだろうか。

その中で、エディプスコンプレックスという言葉が初耳でない人は何人いるだろうか。

その中で、ミクロ経済学での無差別曲線説明できる人は何人いるだろうか。

その中で、膠着語孤立語の違いについて説明できる人は何人いるだろうか。

その中で、圏論モナドを正しく理解している人は何人いるだろうか。

その中で、今月アフリカのどこでどのような経緯でテロが起こったか解説できる人は何人いるだろうか。

その中で、行書と草書の違いを説明できる人は何人いるだろうか。

その中で、黒澤明映画を知っている人は何人いるだろうか。

その中で、悪魔の喉笛がどこにあるか知っている人は何人いるだろうか。

その中で、中国で言われている世界三大美女をすべて言える人は何人いるだろうか。

その中で、ブリネル硬さ有用性を語れる人は何人いるだろうか。

その中で、ロールケーキレシピを知っている人は何人いるだろうか。

その中で、中央選挙管理会はどのように組織され何をしているのかわかる人は何人いるだろうか。

その中で、脳神経の12対を知っている人は何人いるだろうか。

その中で、CIAOちゅ〜るが何か知っている人は何人いるだろうか。

その中で、特別送達がどうすればできるか知っている人は何人いるだろうか。

その中で、パレットとは何に使うものか知っている人は何人いるだろうか。

その中で、アーガイル柄とは何を指すか知っている人は何人いるだろうか。

その中で、外傷性刺青とは何か知っている人は何人いるだろうか。

その中で、廿日市市がどこにあるか知っている人は何人いるだろうか。

その中で、日本専売公社がどのような経緯で設立されたか知っている人は何人いるだろうか。

その中で、三心四修とは何か説明できる人は何人いるだろうか。

その中で、フォッコ英語名を言える人は何人いるだろうか。

ひとつひとつは知ればググることができる。しかひとつひとつは平易である。ただすべてを知っている人は多くない。

こうした言葉1つで知らない世界があったことを知れる。これらの知識雑学と似ているが、少し趣が違っていて、その言葉の裏に膨大な情報があることを知って圧倒されるというものだ。たとえばアーガイル柄をひとつとってもそうで、その言葉からは服飾の世界には膨大な情報があり、ミシンや染料があり繊維があり生地があり針がありファッションがありモデルがあり流通があり……そういうことについて何の疑問もなく「服を買っていた」ということに戦慄を覚えた。それで世の中頭のいい人が多いなとすごく感じている。自分の知らない言葉観念論理が世の中にあふれているというのはおそろしいことだ。

2008-12-25

英語はいくら勉強しても感覚が湧かない

どうも孤立語的な言語とは相性が合わない

2008-06-14

横だけど

日本語世界でもまれに見る孤立語と説明があったり

本にこう書いてあったの?言語学では「孤立語」って動詞が変化しないことばのことで、中国語などを指すんだけどね。

日本語膠着語という分類になる。

http://anond.hatelabo.jp/20080614133143

横だけど、多分この著者はそういう専門用語も知らずに、「周辺の諸語との影響関係が少ない」ということを言うために無邪気に「孤立」という言葉使用しているのでしょう。

それにしても、知り合いの某出版社編集さんが「今新書一冊作るのは、雑誌の特集記事一本書くぐらいの感覚で、正直作り捨て同然ですよ」と苦々しげに言ってましたが、文春ですらそのレベルですか…。専門分野に関わる下調べくらいしないものなんですね。

http://anond.hatelabo.jp/20080614131549

日本語世界でもまれに見る孤立語と説明があったり

本にこう書いてあったの?言語学では「孤立語」って動詞が変化しないことばのことで、中国語などを指すんだけどね。

日本語膠着語という分類になる。

漢字日本人

漢字に興味があったので文春新書の「漢字日本人」(高島俊男)を読んだけど、これが酷い駄本だった。

呉音と唐音の違いを説明するのに、英語のcupに日本では「コップ」と「カップ」の2つの読み方があるようなものと説明したり(コップはオランダ語)、語順が漢語や英語に似てないから日本語世界でもまれに見る孤立語と説明があったり(朝鮮語満州語、モンゴル語は無視)と素人の自分でもわかるような基本的な事実誤認が多すぎる。たぶん専門の人は読んでられないだろう。

さらに行間から滲み出る著者の態度の悪さが不快渡部昇一のような文春・保守系の臭みがある。

しかし、amazonレビューを見るとこの本はそこそこ売れたらしい・・・

2008-05-04

http://anond.hatelabo.jp/20080504203433

 なるほど。参考になるな。

 

>だから「日本語の弱点」って何よ。

ごめんよく考えずに書いてた。前述の「国語学概説」の話であって、元スレの弱点の話とは関係なかった。

その本では、膠着語屈折語孤立語の三つを考えて、膠着語が最も合理的であることは疑いようがないとしてる。

そして他の言語膠着語になるのが合理的なんだけど、実際の変化を考察すると、

日本語膠着語)が英語屈折語)化し、英語屈折語)が中国語孤立語)に、中国語孤立語)が日本語膠着語)に変化しつつある。

こんな風に合理的に進化していかないところが面白いっていう話。

 

だからここでいう日本語の弱点は膠着語の弱点っていうことなんだけど、

膠着語は一番合理的って上で書いたから、その点から見る限りやっぱり弱点なかったわw

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん