2019-05-17

映画吹き替え宣伝の話

映画吹き替えがひどいとか宣伝がクソだとかの話がたまに出るけど、全ては日本人映画を見ないことが原因なんだよ。

売上で韓国に抜かれたりしてるんだけど、ニュースで報じられても、その重大さを映画ファン全然分かってない。

韓国チケット代も人口も、日本の半分以下なんだよ。

安い席で500円、高くても1000円強(昔の話だから今は少し違うかも)。人口は5000万人。

そんな国に抜かれるくらい、日本人劇場に行かない。本当に行かない。

宣伝文句を言ってる人たちは確かに映画が好きなんだろうけど、ファンだけで映画業界が回る訳がない。

外部の人を引っ張ってこないと駄目なんだよ。

普段馬鹿にしてるようなヤンキー子連れパリピ大学生無知おっさんおばさんや老害の爺婆という、ネット創作実話加害者役になるような人にも来てもらわないといけない。

TVyoutubeしか見ないような人たちを連れてこないといけないから、芸能人吹き替えとか説明だらけのダサい宣伝になる。

芸能人を使えばファンがくる可能性も増えるし、大量の広告費を使わなくてもその人が出てるテレビ番組宣伝できる。

テレビ視聴率1%で100万人だからすごい宣伝効果

(ちなみに単純計算で100万人が来たら18億の興行収入劇場Fateが15億くらい)

日本に住んでる限り、吹き替え宣伝問題しょうがないと思うしかないんじゃないか

そりゃ普通に宣伝してもみんな来ないんだから映画会社も苦肉の策を弄するしかないよ。

もちろん、映画会社を擁護するわけじゃなくて、利益の行き先とか劇場との関係とか不透明な部分も多くて、そういうところは批判すべきだとは思う。

でも、売上で韓国に抜かれることが増えてるくらい日本人映画を見ない、という事実には変わりがない。

から自分映画好きなことをアピールしたいがためだけに宣伝とか映画会社を叩くのって、もう本格的にヤバイことなんじゃないかなあって気がする。

あの宣伝が使えないとなったら、いよいよ客なんて来なくなくなって宣伝どころか映画自体が公開されないようになる。大作は上映権が高いからね。

その上ポップコーンを食べる音がうるさいか飲食やめろとかエンドロールで帰るなとかの上映マナーまで強制し出したら、ますます客が離れていっそう早く映画業界は廃れるよ。

俺、それは嫌だから多少のことは我慢しようと思う。

だって、今の日本じゃ仕方のないことだもん。

  • anond:20190517004417

    あの国が自国映画の上映比率が法律で決められている(一定割合を下回ってはならない)点に触れない理由は何? あと、あの国はテレビじゃ日本語の歌を放送するのも未だに禁止してるよ...

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん