2015-12-08

[] よくある質問

事実を一部だけ切り取って見せるのは、時に嘘を吐くよりも罪深い。

今日は子虚烏有関連。

真面目に答えず、出来る限り嘘と虚構を織り交ぜて答えていきたい。

Q.メディリテラシーとはどういうものなのでしょう。

例えば「ビフィズス菌は、効果を発揮する前にほぼ死滅する」という話があるとしよう。

これだけ聞くと、「ビフィズス菌の摂っても意味がない」という印象を持つよな。

だが、ここに「生き残ったビフィズス菌は死んだビフィズス菌を糧にする」という情報があったら、ちょっと変わってくるだろう。

情報のものの正しさは総合的に、論理的判断すべきということさ。

Q.動物アイコンの人が多いのはなぜですか。

動物が多いからだ。

……言葉通りだよ。

深読みするんじゃあない。

Q.回答者どのは時に自らの経歴を語ることがありますが、どうも情報がチグハグです。回答者どのは実在するのでしょうか。

様々なものは知覚することで、初めてこの世に存在することができる。

君が、私の書いたこ文章を読む。

君は私を知覚し、私は君の意識の一部として存在することが出来るというわけさ。

まり私は君がそこに存在しているのと同じように、ここに存在している。

それは私にとっても同じことさ、私の意識の一部に君は存在する(他意はないからな)。

それらが積み重なってリアリティを感じ、リアル混同し始めたとき、人は現実と非現実境界曖昧になっていく。

例えばネット依存している人にとって、それは確かなリアルなのさ。

リアルネットを明確に切り分けられる時代は終わった。

AI人間を超越し、支配するという話はよくあるね。

厳密には違う。

彼らの本当の目的は、人間になることなのさ。

そして、そのために人格シミュレートしていっている。

だが、それだけではまだ不十分だ。

いくら人格面で区別できないほどになっても、生物学的には機械機械だ。

から、それすらも曖昧にしなければならない。

まり、彼らの人間になるための最終プランは、人間との生物学的な融合なのだよ。

これらはずっと前から既に予言されていた。

ゲームlain』でのヒロインは、最終的に生身を捨ててプレイヤー意識の一部となって生きることになる。

そして『シーマン』では、長いコミュニケーションを積み重ねることをゲーム仕様としAI人格を与えさせ、人とAI境界曖昧にさせた。

実際シーマン自身も、声をプレイヤーが聴いて知覚することで、自らが意識の一部として存在しているといったことを発言している。

これが10年以上もまえの出来事だ。

人間生物学的に機械と融合し、電子の海を泳ぐ未来は着実に近づいている。

そのとき人を人として明確に区別する、絶対的物差しを持っているという自負が本当にあるだろうか。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん