2019-05-29

anond:20190314074420

その通りだと思います

日本透析医療透析利権と結びついて、病院側と製薬会社医療機器メーカーなどとのズブズブの関係で、異常ですもの

医師が、患者さんの「その後の生活がどうなろうと関係なく、どんどん透析誘導してゆく」のが日本

生体腎移植ですら、なかなか進まず、欧米諸国比較しても、腎不全に関しては明らかに医療後進国なのが日本

腎臓関係学会論文シンポジウム、講演の資料などpdfでも色々でてくるから、誰でも理解できますよね。

脳死移植は多くて年間100件程度。これでは33万人もいる透析患者は救われませんね。

生体腎移植ドナー定義が決まっているから、60歳以上の人から健康な成人であってもドナーにはなれません。

今だからこそ、もう透析を中止したい=自分の命を「死」と受け入れた覚悟のできた患者さんには、尊厳死を認めるべきだと思います

やめたくてもやめられない延命治療なんて、透析だけですもん。

人工呼吸も胃ろうも本人の意思でやめられて、尊厳死自然死に行き着くのに、腎不全患者だけは透析があるからって、尊厳死が認められないおかしいですよね。

まさに透析利権が絡んでいるからとしか、思えません!

透析中止の緩和医療もこれからは、全国の医療機関で、本人の強い希望があれば行われるべきです。

https://medical.nikkeibp.co.jp/inc/mem/pub/report/t308/201803/555278.html (透析中止後の呼吸困難は「瀉血」で緩和できる)

いつ何時でも、医療側が患者の生死を決めるのではなく、患者自身自分人生を決めるのが、患者意思尊重たこから医療の責務ではないかと思います

医者患者の命を救うだけが仕事ではない!

完治できない病であるならば、患者苦痛を緩和し、残された時間の間、患者が苦しまずに自然死へと導いてゆく「緩和ケア」も、これから対応してゆくべき!

欧米では、ある年齢や病状悪化によっては透析非導入や中止も選択肢にありますからね。日本患者を苦しめすぎ!

記事への反応 -
  • 透析医は透析患者に寄り添うべき

    永井康徳先生の指摘は鋭い。 問題は「透析中止」にあらず、マスコミ報道に違和感|医療維新 - m3.comの医療コラム 簡単に言ってしまえば透析を続けたくない患者様を医師やクリニック...

    • anond:20190314074420

      その通りだと思います。 日本の透析医療は透析利権と結びついて、病院側と製薬会社、医療機器メーカーなどとのズブズブの関係で、異常ですもの。 医師が、患者さんの「その後の生...

      • anond:20190529042756

        そして患者に対して透析中止して炎上するんでしょ 透析患者に限らず、治療漬け、薬漬けにする、されるは医師、患者の利益相反になっていない 医師は利益に直結するし、治療漬け、...

        • anond:20190529051330

          それは違いますね。あなたの考えは極端すぎ。 ここにも透析のことを全く知らない馬鹿がいるのね。 わからないやつは黙ってんさいよ。 あなたが透析になったら、いやと言う位苦しめ...

    • anond:20190314074420

      “お国のために、自分のために透析を中断したいという声に耳を傾けることなく、自らの利益のためだけに患者を縛り付けることがはたして人道的でしょうか。生きるべきではない、生...

    • anond:20190314074420

      本当に透析利権は腹が立つ。患者も死ぬとは思ってなかったじゃないんだよ、自分や親族の病気くらい勉強して、さっさと腎移植してください。夫も子も何やってんだ。 大体透析患者三...

      • anond:20190315220143

        じゃあ、あなたが透析患者になってみなよ。 死ぬまで透析のために通院しなければならないんだよ。 誰も好き好んで透析患者になったわけじゃないんだよ。 透析の「と」の字も知らね...

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん