2011-05-03

さて、今日は「平等」ということについて論じてみようかと。

いきなりですが、この平等を訴える人ってのは決まってその事象の平均値を下回ってる人達です

当たり前ですよね。上の人がわざわざ自分のラインを引き下げるようなことを訴えるわけありませんから

具体例を挙げますと、一番あからさまなのが「男尊女卑」の問題です

いわゆる精神的な女性差別というものはずいぶん減ってきましたが、未だ職場環境などでは女性不利な

感は否めません。経営者側に立ってみれば、いつ結婚やら出産やらで休んだり辞めたりしてしまうかも

しれない女性よりも、辞めたら路頭に迷うかもなので辞められない場合の多い男性の方が戦力としては

安定していまから。だがこれは当然世の中の働く女性達には許せないことであって、いろいろな運動の末

ずいぶん昔に比べれば女性雇用条件は向上したと思います。

でも産休や育休その他の条件はそのまま、かつセクハラやらなんやらという問題もそのまま。

これを男女平等化、とはオレは全く思ってません。男尊女卑女尊男卑になっただけと思っています。

「同じ給料もらうなら、性別は関係ない。特権を主張するならば当然そのかわりに何かを捨てなければならない。」

当然経営者側はこう考えてるわけですから、法的には条件がよくなったとしてもなんだかんだで女性への

風当たりが強くなる。結果女性がその社会適応して強くなっていくわけです。そして子供を産まなくなる。

何のことはない、男女平等化ってのは単なる女性男性化にすぎないわけです

これは社会的平均値を下回っていた女性達が、生物学価値の一部を犠牲にして起こった現象です

女性の「生物学的」本分は子を産み育てること。それを犠牲にする人が増えたからこそ女性の「社会的」地位は

向上し、それと引き換えに少子化という現象が起こってるわけです

次のたとえ話をしましょう。同じ労力100を持って1000の効果を上げることのできるA君と、100の労力で100の

効果しか上げられないB君。要は優秀なA君と凡人B君がここにいたとしましょう。

A君は同じ労力でB君の仕事に+900もの余剰効果を出すことができます。で、A君は当然その余剰分を無駄にすること

なくどんどん業績を上げていきます。当然A君は出世していきますよね。これをB君は「同じ労力100を使っているのに

なんて世の中は不公平なんだろう」と嘆いたとします。B君はA君が900も余剰効果を出せるならそれを凡人の仲間に

分け与えてもまだ他より優れているのになぜそれをしてくれないのか、と不満を漏らしたします。

じゃあ仮にA君が余剰分のうち800をB君含め8人に100ずつ配分して全員業績が200ずつになったとします。

あなたはこれを平等と思いますか?

これは単に優秀なA君が損をして凡庸なB君達が利益をむさぼっているだけです。実際の社会でこのような状況が起こったら

どうなるか。簡単です。A君が自らの力を生かせる場を求めて去っていくんですよ。結果会社は弱体化するんです

じゃあこういう能力不均等の中で平等というものはどうやって見出すのか。

A君に2000いや3000、それ以上の効果を出せる舞台をB君たちが用意するんです。そしてA君だけなら1000しか出ない

ところをB君達のおかげでさらに追加で得た余剰分を分配すればよい。当然そのためにはB君たちは一致団結してA君の力を

最大限に高めるようなお膳立てをしなければなりません。当然その過程でB君たち自身の成長も期待できるというものです

それをせず、ただ口をあけて待っているだけでは自らの不足を省みず不平だけを言いながら干される南極な人になってしまう。

世の中は決して平等なんかじゃありません。当たり前ですよ、人間には明らかに優劣ってもんがありますから

優れたる者と劣った者と、平等なわけがない。だが共存はできる。

優れたる者は驕りやすい傾向にあります。いわばその優れた部分という燃料を燃やして驕ることによって気持ちよくなっている。

逆に劣った者は卑屈になりやすい。それは劣った部分によって足りない燃料を節約するため卑屈になって燃費を抑えているような。

逆に言えば、驕ることのない優れたる者は最強だし、卑屈にならない劣った者は身の程知らずと言われる。

卑屈というと言葉は悪いが、これは別のもので補うことが出来る。先ほどのA君とB君の例えに戻りますが。

A君は100の労力で1000の効果を挙げることのできる優れたる者。

B君は100の労力で100の効果しか挙げられない劣った者。

じゃあB君がA君と互角になるためには、真の平等を勝ち取るためにはどうしたらいいか

1000の労力で1000の効果を挙げればいいんです

A君が300の労力で3000の効果を挙げたなら、B君は3000の労力で3000の効果を挙げればいい。

才能で劣るなら、その分汗を流せばいい。

同じ労力で勝てないなら、労力を追加してやればいいだけのことです

優れたる者というのは才能の剣を生まれながらにして持っている選ばれし者、勇者です

劣った者ってのは元々はその辺にいるスライムとかなわけですよ。

スライムレベル3の勇者様に勝つには、自分レベル20くらいないとダメなんです

つまり「経験値を何倍も稼いでいなくてはならない」、要はレベル上げ作業を勇者様の何倍もやらないといけない。

優れた者に才無き者が抗うには、不撓不屈の精神と筆舌尽くしがたい努力を重ねるしかないのです

レベル99MAX勇者様に出会ってしまったら、諦めて念仏でも唱えて下さい。

努力する天才には勝てません ( ´_ゝ`)

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん