「青鹿毛」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 青鹿毛とは

2020-06-29

白馬王子様=黒人差別

白馬王子様」ってのも「白=綺麗、優れている」って考えに基づいてて黒人差別に繋がる表現だよね

栃栗毛王子様」とか「青鹿毛王子様」っていう表記に早急に改めナイトいけない

2014-03-20

The WINNER

2000年高松宮記念

その馬は10度の敗北を超えて血統を証明した。

敗れても、敗れても、敗れても、絶対に首を下げなかった。

緑のメンコ。不屈の塊。

その馬の名は…キングヘイロー

86年、桜花賞

その美しき黒い流線形

嫉妬すら追いつかない。憧れすら届かない。

その馬が史上初の三冠牝馬になることを、まだ誰も知らなかった。

魔性青鹿毛、その馬の名は…メジロラモーヌ

2001年皐月賞

その馬はわずか四度の戦いで神話になった。

異次元から現れ、瞬く間に駆け抜けていった。

ライバル達を絶望させ、見る者の目を眩ませる超光速の粒子。

その馬の名は…アグネスタキオン

93年、天皇賞(春)

極限まで削ぎ落した躰に鬼が宿る。

王者メジロマックイーンの三連覇を阻んだ漆黒ステイヤー

ヒールか。ヒーローか。悪夢か。奇跡か。

その馬の名は…ライスシャワー

96年、オークス

5頭がもつれた世紀の大激戦の末に生まれた、女王ダイナカール

その娘が、再びレースを支配する。

額の流星宿命か。

オークス、親子制覇。

その馬の名は…エアグルーヴ

93年、日本ダービー

瞬きさえ許さない3つのプライドの激突。

熱狂の2分25秒。

最後の直線を制した、その馬の名は…ウイニングチケット

85年、安田記念

それは革命だった。

マイル戦のために進化を遂げたその脚が、名馬の条件を塗り替えた。

何者も寄せ付けないマイル皇帝

その馬の名は…ニホンピロウイナー

99年、宝塚記念

標的はただ一頭、同期のダービー馬だった。

今行くか。

いや、まだか。

一瞬の判断で未来を変えた未知なる栗毛

その馬の名は…グラスワンダー

94年、スプリンターズステークス

絶頂を極めた者に、もはや勝つべき戦いは残っていないのか。

レコードを叩きだしたラストラン。

最後に勝つ者が勝者だ。

その馬の名は…サクラバクシンオー

83年、菊花賞

その馬はタブーを犯した。

最後から上りで一気に先頭に出る。

そうか、タブーは人が作るものにすぎない。

その馬の名は…ミスターシービー

88年、天皇賞(秋)

芦毛の馬は走らない」。

この2頭が現れるまで、人はそう言っていた。

芦毛芦毛一騎打ち

宿敵が強さをくれる。

風か光か、その馬の名は…タマモクロス

88年、マイルチャンピオンシップ

走ることに安心なんて求めるな。

危険と呼ぶか。冒険と呼ぶか。

見るものすべての心をかき乱す、その末脚を人は愛した。

その馬の名は…サッカーボーイ

89年、ジャパンカップ

躍り出ろ。

お前を知らない者たちの隙を突いて躍り出ろ。

世界を変えるのに3分もいらない。

ワールドレコード2分22秒2という事件。

その馬の名は…ホーリックス

77年、有馬記念

その直線で過去未来も消え去った。

ただ今と今のぶつかり合う伝説のデッドヒート

戯れにもみえた。死闘にもみえた。

その「勝者」の名は…テンポイント



http://anond.hatelabo.jp/20140320144201

2007-09-09

未勝利なのに繁殖に上がろうなんて神経が理解できなーぁーい

なんつーか、ちびまるこちゃんで友蔵に予知能力がうんたらかんたらと言っていたくらいから怒涛のように起こったことを明文化することで、ちょっとは自分を落ち着かせようと思った次第。

ひさびさに親兄弟集まって大宴会。3時くらいからドリーム競馬を見ながら親族一同(馬好き)が集まって酒盛りしてた。キンシャサノキセキ( ゜Д゜)ウマー

それで、晩宴会が始まった6時頃に2歳年下の従姉妹(26歳)がやってきたんだ。

で、ちょっとなにか重大発表みたいなことを言うので、なにかと思えば

妊娠発覚」

ちょwwwwおまwwwwいきなりかwww

半年前から付き合い始めたらしい彼氏との間にできたらしい。ただ、その従兄妹の両親もこの場で初めて聞いたらしく、かなり目がテンになってるんだけど、彼氏がいるのは知っていたので「娘も歳が歳なので認めようか」みたいな事をいうくらい和やかムード。いやーめでたいねーみたいな感じで酒盛りはさらにヒートアップ

ただ、なんか従姉妹の目が気持ち赤く腫れてるのが気になって、なにかあったのかなぁと話かけてみたら、こんなことを言いだした。

家に帰る前に、彼氏実家妊娠の報告に行っていたと。そして、2人揃って両親に入籍するよと挨拶したら、

「一人前にもなっていないオマエ入籍させる訳にはいかない。入籍は認めない。」

と言われたと。それで、従姉妹は泣いて彼氏の家を飛び出してきたが、追いかけてきた彼氏に「親の言うことは気にしなくていいよ。大丈夫だよ。」

と言ってくれたから、もう大丈夫なんだ♪とか言うわけですよ。

いやいやいやいやいや、全然大丈夫じゃないし。なにか、道徳的観点からして根本的に意味がわからない。ていうか、挨拶の順番おかしくない?

普通できちゃったら、男親が女親の前で土下座して謝るのが日本の慣わしなんじゃないの?

ちなみに、「彼氏って何やってる人なの?」って聞いてみたら

「27歳 フリーターバンドマン





(´-`).。oO(・・それってなにかなー  あれかなー  自宅警備員よりは強いのかなぁー でも、メイショウトッパーの方が強いよねー )

とか超ポジティブに思ってみたのの、従姉妹の両親の顔面は青鹿毛の馬面より蒼白なわけで。

ていうか、一人前じゃないから入籍反対の審議結果が理解できなーぁーい。

ていうのがちょいさっきまでの話。今は、1階和室で、親族一同で彼氏の家に一升瓶を片手に乗り込もうと作戦会議を練り始めたわけですが、みんな酒飲んでて誰も車が運転できないわ、タクシーで行こうにも彼氏の家がわからないわ、従姉妹は泣き崩れて壊れ始めてるわけで、何も前に進まないようで。

明日仕事なのになぁ・・・・

 
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん