2007年09月09日の日記

2007-09-09

http://anond.hatelabo.jp/20070909191942

おれはむしろ、ずっとプログラマーでいたい。

世の中の役に立つプログラマーになりてぇよ。

勉強できないからプログラマーなんだろ

たぶんそのとおりだ。

でも、おれよりずっと勉強できる人たちがグダグダに潰れてくの、散々みたから。

RMS,アラン・ケイリーナス・トーバルズ, そんなすごいのになりたいわけじゃないんだ。

ただちょっと、世の中を悪くするような仕事を避けて、ちょっとだけ良くなるよう、努力したいんだ。

http://anond.hatelabo.jp/20070909184401

数百人いる学年に1、2人ぐらいしかストライクゾーンが無かった。

ストライクゾーン内ではなかった」でないと日本語としておかしい

―なんというか

今日だけで同人誌代に2万ほど使った

正直、毎週毎週秋葉原行ってたら財布が持たない気がするんだ

童話

僕の話に君は泣いたね

童話中の人たちはみんな嘘つきだって

僕は君の王子にはなれない

君にはわかってもらえないかも知れないけれども

君が僕を愛してくれたその瞬間から

僕のまぶたの裏にある星たちが一斉に瞬き始めたんだ

童話の中の君が愛したあの天使を書き換えて見せるよ

広げた両手を羽根に変えて君をやさしく包み込むように

信じて欲しい、ねえ信じてよ、僕たちは童話の中にいて

その終わりはハッピーエンドなんだ

一緒にその結末を書くんだ

http://mojim.com/htmt/1/1117-3.htm


エヴァって良いな、ぐらいにしか思ってない私が、シンジ君の描かれた缶コーヒーを開けて飲み干した時、エヴァ好きの友人の目が怖かった。

http://anond.hatelabo.jp/20070909232312

最後よりも途中の恐怖顔にやられる

いい女に育ったよな井上真央

http://anond.hatelabo.jp/20070909230540

どちらにしろ連絡するべきじゃない。

釣りなら、相手の病気を悪化させるだけ。

釣りでなく本当だとして、お前にに何ができる?何もできないよ。何もしちゃいけないよ。お前がしたいことなんて関係ないよ。

彼女殺した俺様アドバイスだ。ばか。人の命を大切にしろ。本気でものごと考えやがれ。

[]Ruby Python の比較

文字列 'Hello world' の o の合計数は2、全文字数は11

Ruby vs. Python

Python:

string = 'Hello world'

print string.count('o'), len(string)    # prints 2, 11        why not string.len()?

Ruby:

string = 'Hello world'

puts string.count('o'), string.length    # prints 2, 11


2007-09-19 - 偏った言語信者の垂れ流し

2007-09-28 - プログラミング日記

jijixi's diary - Ruby に比べて Python の面倒なところ

激しく同意 - 日記を書く[・ _ゝ・]はやみずさん

Django勉強会始まったよ|| Woops'dez | Bloggin'

バベル案内

Pythonはグローバルスコープローカル(関数)スコープ以外のスコープを何も持っていない。

だからPythonには「本物の」OOシステムがあるのだとしても、クラスは自分のインスタンス変数にさえアクセスできない。

あらゆるインスタンスメソッドに対し"self"パラメタを渡す必要があり、そうやってインスタンスデータにself経由でアクセスするのだ。

だからPythonの中のものはすべて、self、selfself、selfselfself、selfSELFselfSELF__SELF__であり、

たとえあなたがホワイトスペースの問題を気にかけないとしても、これはあなたの頭をおかしくするだろう。

http://anond.hatelabo.jp/20070909230540

どーでもいいことだけど、病院によっては携帯PCがOKなところもあるよ。

ま、お知らせをその友人の友人が書いてるならたぶん使用不可の病院にいると思われるが。

あと、多分ね、何を「するべき」じゃなくてなにを「したい」のか考えた方が後々後悔しないよ。

友人の近況

昨晩、しばらく連絡を取っていなかった友人の近況を調べようと、友人のHPを訪ねた。

ブログの最後の更新が今年の3月だったので、bbsを覗いた。

すると、友人がODによる自殺未遂で精神病院入院しているといった内容が書かれていた。

もともと、メンヘラリスカ痕があったり、デパス等の精神安定剤や(少量ではあるが)リタリンを服用していたので入院してもおかしくはなかったが、本人の友人と名乗る人による書き込みの為、未だに信じきれていない。

また、その友人の友人による書き込み文の句読点の使い方が友人のそれに似ているのも、信じきれていない原因の一つだった。

メンヘラ特有の構って癖による「自演」なのでは、とまで考えてしまっている。

一度、連絡を取ろうかとも考えたが、もし本当に入院中であれば、連絡を取ろうにも入携帯はおろかPCも使えないだろう。

私自身もあまり精神的に強い人間ではなく、友人の鬱に引きずられそうで距離を置いた身であるため、入院する程になるまえに相談の一つにも乗ってやれなかった後悔がある。

ここは釣られるつもりで一度連絡を取るべきなのだろうか…。

http://anond.hatelabo.jp/20070909182230

そうですねえ。

MIDIに関しては、「産業保護」というよりは、保護することで新たに産業を生み出せる見通しがあったんでしょうね。

カラオケとか着メロとか。

元彼女旅行してきた

元彼女とは同い年で20から27歳まで付き合ってた。

一応お互いの親に紹介して、このまま結婚すると自分も思っていた。たぶん彼女も思っていたと思う。

25歳の時、彼女の親父さんが癌だということが判明し、彼女は看病のため地元へと帰っていき遠距離恋愛が始まった。

そしてある日彼女の親父さんがなくなった。

朝4時頃に泣きながら電話があった。

電話をきった後すぐ飛行機を予約し、彼女地元へ向かい通夜葬式の手伝いをした。

彼女母親はすっかり衰弱していた。

僕は彼女に3回プロポーズしている。

1回目は彼女の父親が癌だと判明した時、花嫁姿を見せてあげようとプロポーズした。

彼女の父親から「東京に娘はやれない。」と断られた。

自分がいなくなった後の妻のことを考えたのだろう。

2回目は彼女の父親がなくなって1年たった頃だった。

彼女はいった。「母親を残して東京にはいけない。」

俺はいった。「お母さんも一緒に東京に呼んで、三人で暮らそう。」

彼女母親から「地元から離れることはできない。」と断られた。

まだ夫の死から立ち直ってはいなかった。

自分も仕事を捨てて彼女地元にはいく勇気がなかった。

そして3回目のプロポーズが最後のプロポーズになった。

親の問題は何も解決はしてなかったけど、婚約指輪を買って彼女に話したいことがあるから地元にいくと電話した。

彼女はいった。「もう他に付き合ってる人がいるの。。いえなくてごめんね。。。」

僕と彼女との恋人関係は終わった。

3年が過ぎ、お互い30歳になっていた。

彼女は、彼氏と別れていた。自分も新しい彼女と別れていた。

僕はいった。「旅行に行こうか?」

彼女はいった。「Hなしで友達としてね。」

1泊だけど楽しい旅行だった。本当に何も違和感のない旅行だった。

冗談をいいあって、素直に笑って、昔みたいにお酒を酌み交わした。お互い30歳だねと笑いあった。

帰りの飛行機の中、考えたら駄目なことだが、

彼女の父親が癌にならなかったら、どうなっていたんだろう。」

と僕は考えていた。

こんなこと考えても何もならないし、誰も幸せにならないなんてわかってるけど考えていた。

それとももっと僕がうまくやっていれば他の道があったのだろうかと考えていた。

羽田に近づき東京ネオンを見下ろしながら考えていた。

僕は何故彼女旅行に誘ったんだろうと後悔した。

何かを得たのかもしれないが、どちらかといえば何かをまた失くしたのかもしれない。

これからも色々なものを引きずって僕は生活をしていくと思う。

色々な問題にぶつかって、色々な人と出会い、その中で何かを得て、何かをまた失うのだろう。

それでいいのかもしれない。

我ながら30歳で情けない男だと思う。

でもそれでいいのかもしれない。

とりあえずだ。

僕は元彼女旅行してきた。

そうか、 「アイドルマスター」 × 「Perfume」 = 「初音ミク」 か!

http://www.nicovideo.jp/watch/sm1027165

を見て思ったよ。

しかしこの辺の推移というか進化というか、速過ぎだよなあ。どこまでついてけるだろうか。

天高く馬肉おいしい秋

肉食いてえ、肉だよ肉。口のなかで引きちぎるたびに、じゅるじゅると流れでる肉汁想像してよだれを垂らすのはもううんざりなんだ。いますぐここに肉をだせえ!!!!!!!!

http://anond.hatelabo.jp/20070909204623

バンドマン」っていうと、吉田戦車漫画に出てきた、

「しゅるるるるっ」って父親のズボンの周りを回転するお兄さんを思い出す。

http://anond.hatelabo.jp/20070909221058

何か得体の知れないタイムリミットに押し潰されそうで恐い。何もうまくいかない。やる気もでない。うまくできなかったとしても死にはしないのは分かってる。だが自分は死の恐怖を知らない。だからこそ、失敗したときの周囲の目や叱責に対する恐怖が死のそれを上回ってしまい、それの回避策としての「死」に憧れを抱いてしまう。「死」のイメージを繰り返すうちにそれはだんだんとより具体的な行動や状況といったものを作り上げてしまう。

だから僕は必死で馬鹿になりたいと思った。誰からも期待されず、「お前なら仕方ないな」と言われるような馬鹿になりたかった。そのためには底辺でもなんでもよかったが、自分が何もできないひきこもりだったことを思いだすと、途方に暮れるしかなかった。

http://anond.hatelabo.jp/20070909222717

野菜かぁ。野菜ならいっぱいあるんだけどね。うち農家だし。自然にまみれた生活してます。見渡せば、緑。たまに農業手伝ったりしてるし。でも心は動かないんだよなぁ。なんでだろう。

http://anond.hatelabo.jp/20070909221748

結局は楽しんだ者勝ちって事でいいのではないだろうか?

http://anond.hatelabo.jp/20070909221058

とんでもなく無責任なことを言うけど、なにか植物でも育ててみるといい。できれば野菜

ちっちゃいプランターで、なにかの野菜を種から育ててみる。

そして、その成長を見守る。

枯れないように水をやったり、日陰に動かしたりする。実ができれば食べればいい。枯れたら、また一からやり直せばいい。

ひとつの植物を育てることで、けっこういろんなことに気づけるよ。

そして一番大事なのは、そうする日々を過ごすことで昨日と同じ日が来ないという時間を感じることができること。


オレも2年前に仕事も失って体力も失って気力も失ってしまって、毎日毎日ただただネットだけやって生きてる日を過ごしてた。

そのとき、たまたま野菜を育てる機会を得たことがきっかけで気力を取り戻して、半年前に社会復帰できた。

まぁ、野菜を育てたからよかったのかどうかなんて科学的根拠がある話じゃないとは思うが、まぁやることないならやってみるといいかも、ね。

http://anond.hatelabo.jp/20070909204623

そのグダグダな親戚一同がほのぼの。もうその彼氏婿養子にいれちゃえば。またはマスオさんで。

http://anime2.2ch.net/test/read.cgi/asong/1188830832/

15 :ななしいさお@オマエモナゆりかご会 :2007/09/04(火) 09:03:32 ID:???0

らきすたが嫌いな奴はどんな奴か、いろんなスレ考察ブログ参考に考えてみた

1 大した内容の無いアニメなのに、07年No.1アニメみたいに称えられてるのが気に入らない人

2 らきすたに限らず京都アニメーションの作品・手法・賛辞が気に食わない人

3 らきすたを極端に褒める信者の存在・言動、オタ系ブログのほとんどが好意的に取り上げていることに嫌悪感を抱く人

4 別に最初はどうでもよかったが、自分の好きなアニメは話題にならず、あまりにもらきすたばかりが話題になるので、いつのまにかアンチになっていた人

5 ハルヒなど他の京アニ作品は好き(もしくは最初は普通に見てた)だけど白石の悪ノリ、ニコニコに媚る、作品のノリ等により、らきすたは好きになれない人

派生ハルヒを筆頭にフルメタや鍵などの京アニ作品のパロディ手法をやりまくるやりかたがムカつく人

6 ハルヒのハレ晴レや詰合が何十週もかけて10万枚売ったのに対して、 もってけが一月かからず早々に15万売ってしまったことがたまらなく悔しい人

派生オリコン音楽ランキング番組等で上位にランクインしたり、何週もランクインし続ける事に苛立ちを覚える人 

7 もってけリミックスカラオケED白石ED演歌カセットキャラソン大量発売などの信者狙いのCD販売商法に憤りを覚える人

8 自分が好きな声優ではなく平野綾がNo.1声優かのように紹介される事に納得いかない声優オタの人

俺は1,3,4,7,8だな。

らきすた厨も京アニ信者も正直ウザイフルメタは好きだが。

色々訳あってひきこもってるわけなんだけど

最近ネットから離れられなくなった。完全依存状態。ずっと苛々してるし。体ももう目も当てられない状態。ってかね、なんか全然なにしても気持ちが動かなくなってる自分がいて怖いのよ。とりあえず食べることとネットできることと寝れることが確保できてたら、あとホントどーでもいい。なにやっても楽しいと思えないし、生きてることが苦痛だ。でもかといって自殺できるほどの度胸もないし。ほんとこの先のことを考えると絶望しか残らない訳。所詮社会復帰できたところで底辺なことは決定してるし。趣味とか無いし。ほんとネットだけだし。まだね、わずかにね、「これじゃいけない」って理性が騒ぐんだけど、それも最近どうでもよくなってきて、動くのもマジで億劫。苦しい。どうすれば楽になれるんだろう、って考えるけど、これもまだ甘い考えなのかな。結婚とかそんな贅沢は望まないから、ほんとなにか楽になりたい。せめて毎日無意味に苛々しつづけるのから解放されたい。ネット依存から解放されたい。

なんでもいいから「楽しい」って笑えるように、なりたい。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん