2021-04-27

[] #93-12栄光の懸け箸」

≪ 前

昼飯を買ったが、未だ結論は出ない。

このまま帰れば、何となく判を押して終わりだろう。

最後抵抗とばかりに、イートインコーナーで昼食を済ませることにした。

いただきます

心ここにあらずでも、割り箸を横向きにするのは忘れない。

これが身についたのは市長がまだ市長でなかった頃、政治家を志してからだった。

親の庇護下だった頃は実践の機会がなく、知識として教えられていた程度。

彼の親からすれば、自分の子供が割り箸を使うような食生活を送るなんて想定していなかったからだ。

しかし親の元を離れ、市長立候補しようとした時、今度は政治コンサルタントによる教育が始まった。

あなた政治家として学ぶべきことの半分はマナーです”

やってきた政治コンサルタントが、開口一番そう言ってきたのを今でも思い出す。

しろ親の教育よりも、この時の方が身に沁みているかもしれない。

市民は、世間は、あなたの一挙手一投足を気にかけます文字通りね”

その時、「さすがに、そこまで気にする人はほぼいないだろう」と思ったが、それを見透かしたかのようにコンサルタント言葉を続けた。

“もし気にかけられないなら、市民に興味を持たれていないということ。興味のない人間は批難されませんが支持もされません”

批難も支持もされない人間政治家になれない、とまで言われては従う他ない。

そうして、ありとあらゆる“政治家しぐさ”を学んだ。

選挙活動で金がかかることもあり、食事は手頃な大衆食の毎日

割り箸も公私共に割りまくった。

その賜物……かどうかは正直なところ実感が湧かないが、いま市長をやっているのは事実だ。

私自身は構いませんが、子供たちや一般市民の方々に、そこまでさせる意味って……あっ」

にも関らず、この日は久々に箸を割るのに失敗してしまった。

“箸の乱れは心の乱れ”

コンサルタントに何度も言われた、いま考えてみても謎の精神論

だが割るのに失敗した箸は、「そら見たことか」と自分を指差しているように見えた。

「むぅ、割り箸もどうにかしないといけませんかね……環境問題とか色々ありますし」

市長八つ当たり気味に環境問題を呟いた時、ふと近くで座っている紳士に目がいった。

彼の箸の持ち方が、あまりにも見事だったかである

男の持っていた箸はどうやら自前らしく、一般的な箸よりもかなり細長く、先端は鋭く尖っているようようだ。

その上で持ち手の割合は申し分なく、箸先もピタリと合わさっていた。

それだけで、彼が箸で食事をすることに並々ならぬ拘りがあるのが分かる。

次 ≫
記事への反応 -

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん