2020-09-22

ゴリラに育てられた4年間の話

小学3年から6年までの間、担任ゴリラだった。

もちろん正確には人間だったんだけど、なにせガタイがよく、振る舞いもゴリラのようだったので、生徒たちには「北ゴリ」と呼ばれて親しまれていた。

ゴリ草履を履いて生活し、機嫌がいいといつのものか分からない昭和歌謡を歌い、毎日マウンテンバイクで隣県の家から学校に訪れては、日が暮れるまで体当たり子ども相手をした。すべてが風変わりなゴリラだった。

ゴリの授業は自由だった。彼はゴリラらしく、われわれ小ザルにもわかる作法勉強を教えてくれた。

算数で体積を習った日の宿題は、いっぱいに張った風呂に頭まで浸かって、減った湯の深さから自分の体積を計算するというものだった。

比率の授業には、醤油と酢と油を持ってきて、一番おいしいドレッシング比率を計らされた。

円周率を初めて知る日には、コンパスで引いた円に沿って糸をなるべく正確に張りつける遊びをして、その糸の長さがほとんど円周の計算通りだったことにびっくりした。

音の伝わる速さをはかる実験をやったこともある。その時は学校を出て近くのでっかい原っぱに行って、各班が豆粒に見えるぐらい離れてから、端っこの班が大声を出し、それが聞こえたタイミングでそれぞれの班が手にした箒を振り上げる、という遊びをした。端の班から少しずつタイミングがズレて箒が上がっていくのが不思議面白かった。

雪が降るのが珍しい地域だったので、大雪の日には授業がなくなってぜんぶ雪合戦になった。

朝刊で「近くの原っぱで珍しいフンコロガシが見つかった」と報道された日も、やっぱり授業がなくなって、みんなでフンコロガシ探しの旅に出た。(誰もフンコロガシを見つけることはできなかったが、変な動物の骨は見つかった)

かに覚えているのは、理科だったか体育だったかクラス単位性教育の授業があった日だ。私たち小ザルに性教育は難しく、みんな授業が始まってからしばらくはクスクス笑いっぱなしだったが、北ゴリがはっきりと真面目な声で「笑うな!」と言うと、不思議にみんなシンと静まってその続きを聞いた。それから後日、隣のクラスの小ザルたちが性教育を茶化した冗談で大盛り上がりしてるのを見て「子どもだなぁ」と思ったのを覚えている。

あとは、「もしも日記」っていう遊びもあった。一度「何でもいいから”もしも”で始まる日記を書いてみろ」と言われて、その日はみんな自由ケーキ屋さんになったり魔法使いになったりした日記を書いたが、そのあと社会の授業で「もしもこの時代に生きていたら、で日記を書いてみろ」と言われた時にはずいぶん頭を悩ませた。その時代に生きていた人や暮らしを知らなければ書きようのないものなので、がんばって想像したり調べたりしないといけなかった。

ゴリが突飛な授業を始めた時、小ザルだった私は得てしてやれやれ顔でそれに付き合った。でも、今にして思えば結構わくわくしていた向きもあったのかもしれない。20年近く経った今も、こうして授業の内容を詳細に覚えていることがその証拠だ。

ゴリの授業は学力に直結するものじゃなかったかもしれないが、学ぶことの根源が好奇心にあることを教えてくれた。そのおかげで、大学を出て社会人として生きる今も、面倒なインプットの前にはまず好奇心をくすぐろうとする習慣がついている。

今の時代は、北ゴリのような教師には少し生きづらいものになっているかもしれない。北ゴリのような授業を今やれば方々から懸念の声が来るだろうし、なんなら当時ですらゴリラは度々怒られていた。それでも、この愛すべきゴリラ教師が、ゴリラの志が、絶滅せずにどこかで生き延びていることを願わずはいられない。

  • 北ゴリ今校長やってるよ

    • 名前はフェイクだから実際には北ゴリじゃないんだけどね。(呼び名自体は◯ゴリ) でも騙されてちょっと検索したら近年まで現役でやってるっぽい教育記事が出てきた。 ゴリラ、元気...

      • そうか。(俺の知ってる)北ゴリ(みたいな)先生はって話だったんだ 俺の知ってる北ゴリは今は校長になって若い先生の育成や学校経営を頑張ってるらしい たぶんゴリひとりだけの力じゃ...

        • そっかそっか いろんなゴリラがいるんだなぁ

          • 自分の場合、恩師のゴリさんのおかげで理科系に進んだな いかに自分が野山で遊んだかという雑談をしばしばする変な先生だったけど、実験の時にちょっと工夫したらほめてくれて、そ...

      • 季節の変わり目に葉書一通送ってあげるといいぞ

  • 総合的な学習の時間って、まさにこういう教育をするために設けられたはずなんだけどね…… 大学入試をゴールに設定した「学力」の低下を嘆く前に、社会に出た時の地頭を磨く教育を...

  • 良い先生だったんだね。良い話を聞いた。ありがとう。

  • 型破り先生のマンガ、三、四十年前はたくさんあったイメージがある。 (今だと、教え子とケコーンする意味の型破りしかネタにしてないイメージがあるのは何故だ...)

  • 学習を実践と紐づけている 教育と理解の意味をわかっている人間の教え方だ 素晴らしい マニュアルに沿ってカリキュラムを満たすだけの教師とは大違いだ

  • 「些細に覚えている」が気になって、もうね。

  • 「些細」の使い方は、教えてくれなかったんだな。

    • ありがとね!そこ確かにおかしかったから詳細に言い替えたよ

  • ゴリラというか、21世紀直前ぐらいまでの日本の学校教師て 「大学で教職免許取ったんで、ヤバい仕事せんで教師になりましたわ」 みたいな人が教師の何割かを必ず占めてた気がする ...

    • そんで今のヤバい奴は中身が変質者ってか(笑)

      • 昔は法整備が何もなかっただけやろ 女子生徒にイタズラして警察沙汰にならず退職したやつとか普通にいたぞ

  • ワクワクしながら記事開いたのに普通に人間の話でガッカリだよ

  • 仮に合わないなと思っても普通の教師だったら、こちらが常識的な対応をすれば向こうも事務的に対応してくれていたが、 変な使命感とか独自の価値観を持った型破り先生の場合、そも...

    • それはたしかにある、あった、 だが、 荒くれ者で嫌われもので乱暴者を、偶々休んだ担任の代理で来てくれた型破りオモシロ先生が授業中に腹に据えかねてブッ叩いてくれたときは、叩...

  • 最近の増田たちは創作に優しくなったな 世代交代したのかな

  • 音速の実験おもしろいな。 円周率も校庭に大きな円を書いたらおもしろそう。

  • 今はいい意味でも悪い意味でもダイバー教育が加速しているから、野原なんて行った日にはパワー系の人間の子供が脱走して、ゴリラもそれを捕まえるのに必死で型破りな授業なんてや...

  • たまたま今コメント見たら「日本にフンコロガシはいない」って言ってる人いたから一応貼っとこう http://www.kogane.jp/blog/topics/5-3/

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん