2020-07-19

2010年7月18日世代

anond:20200718090944

id:BigHopeClasicです(元増田ではない)

ブコメの中に「10年前はどうだったんだろう」というのがあったので、ちょうど10年前のを同じ基準レーティングトップ20+A級棋士)で作ってみました。

年齢別の方がわかりやすい面もあるのでそちら基準で(名前の横のカッコ内は順位戦クラスレーティング順位です)

年齢棋士
50高橋道雄(A級/31位)
49
48谷川浩司A級/15位)
47
46
45
44
43
42
41
40佐藤康光(B1/6位)
39羽生善治名人/1位)丸山忠久A級/4位)森内俊之A級/9位)藤井猛A級/12位)郷田真隆A級/14位)
38深浦康市(B1/7位)
37木村一基A級/18位)
36行方尚史(B1/16位)三浦弘行A級/17位)
35
34久保利明A級/2位)
33
32
31
30松尾歩(B1/11位)
29山崎隆之(B1/5位)
28阿久津主税B2/13位)
27
26渡辺明A級/3位)
25
24
23広瀬章人C1/8位)戸辺誠B2/10位)
22佐藤天彦(C2/20位)
21
20豊島将之C1/19位)

タイトルホルダー

この当時の七大タイトル保有者は次の通りです。

羽生善治名人棋聖王座三冠なので不調と半ばマジ気味にネタにされてた時代ですね)/深浦康市王位:ちょうどこの時期広瀬章人王位戦を戦い広瀬が初タイトルを獲得します)/渡辺明竜王:敵なしの6連覇中)/久保利明棋王王将

アラフィフ

十七世名人谷川については多くを語る必要もないですが、50歳でA級を堅持していた高橋道雄については説明を。

昭和55年度(1980年度)は、今とはシステムが違うとはいえ1年度で8人もの棋士が四段に昇段し、かつその中で5名ものタイトルホルダー(高橋道雄、中村修島朗南芳一塚田泰明)を輩出するという将棋史上でも空前のビンテージイヤーとなりました。そこでついた名前が「55年組」です。ただ、彼らとほぼ同じ年齢の谷川浩司は彼らより4年も早くプロ入りしていたためか「谷川浩司と同じ世代」というくくり方にはされることがありませんでした。この辺は「実年齢でくくるのか」「プロ入り年度でくくるのか」というくくり方で「羽生世代」と大きく異る部分ですね(ありていにいえば「くくる側の願望や思惑」が出るところでもあります)。

さて、谷川には及ばないもの17歳18歳で早々に四段昇段した他の4人と比べると、高橋は一歩遅れて20歳で四段昇段となりました。将棋界は面白いもので、このわずかな昇段年齢の差がその後のキャリアで大きな差を生むことが知られていますが、高橋は他の誰よりも早く23歳で初のタイトルを獲得し、そしてやや早枯れの傾向のあった同期たちの中では一人熟年まで力を保ち、48歳でA級に復帰し52歳までA級にとどまりました。「棋界における世代」の一挿話として特筆した次第です。

羽生世代ポスト羽生世代

「ここから10年経っても脱落者ほとんどいねーよ!」

いやもう、さすがに呆れるしかないですよね、森内こそ順位戦から撤退してフリークラス転籍しましたが、10年後の表から名前が消えたとはいえ行方はB1にとどまっています藤井猛B2でまだまだ力強さを見せています。この分厚さと力強さが、20歳年下の豊島世代まで重い蓋になったのがよくわかると思います

アラサー

この時点ですでに、松尾山崎・阿久津(と橋本崇載)の4人は「もう若くないぞ、そろそろ一花咲かせないとあまり時間の余裕がないぞ」と言われ始めていたはずです。とはいえ、この4人でタイトル獲得どころか挑戦に届いたのさえ山崎1人、A級昇級すらままならないことになるとはまださすがに予測されていませんでした(松尾山崎A級に上がれず、橋本は1回、阿久津は2回昇級したもののすべて1年でB1に送り返されています)。それでも山ちゃんを諦めない。

20代前半

上記の通り、この年のこの直後に広瀬が初タイトルを獲得するのですが、その翌年羽生に奪い取られてしまます(なお「魂を抜かれた」のはさらにその4年後になります)。

もちろん天彦、豊島渡辺に続く新鋭としてひとかたならぬ期待はありましたけど、初タイトルはともに28歳のときでした。広瀬も含め30歳手前で「実力と実績の均衡が取れて充実の盛りを迎えた」のですが、特に豊島についてはそれでも「遅れてしまった」感はあります

そして渡辺明孤独

というわけで、10年前にさかのぼってみると、「渡辺孤独」により見えてくる部分があるのではないでしょうか。というかむしろ谷川浩司孤独」のほうが浮かんでしまうのかもしれないなこれ、とここまで書いて思いました。

記事への反応 -
  • レーティング上位20人+A級棋士 年齢 棋士 50 佐藤康光 49 羽生善治・丸山忠久・郷田真隆 48 深浦康市 47 木村一基 46 三浦弘行 45 44 久保利明 ...

    • anond:20200718090944 id:BigHopeClasicです(元増田ではない) ブコメの中に「10年前はどうだったんだろう」というのがあったので、ちょうど10年前のを同じ基準(レーティングトップ20+A級棋士)...

      • b:id:BigHopeClasic 氏 よければ貴方の三浦冤罪事件の見解を聞かせてほしい ブコメでもあんなに真っ二つになるとは思ってもいなかった

        • 第三者委員会報告書が上がった後に小暮っていう三流記者使って三浦の名誉を傷つけた渡辺を一生許さない なんで謝罪和解した後にそんなセコい真似するんだよ!

      • anond:20200719101400 ここまで来たら羽生世代でとことん笑ってみよう。 年齢 棋士 60 加藤一二三(A級/30) 59 58 57 56 55 54 中原誠(B1/17...

        • 堀口一史座(C1/13位) 涙が出る

        • anond:20200719124707 ここまで来たら1960年までさかのぼってみようと思います。 (なお、データはけんゆう様作成の「将棋棋士成績DB」を参照しています。けんゆう様には感謝を申し上げます...

          • 「前竜王」の呼称がなくなった現行の方式であれば、 なくなったわけではなく、糸谷も広瀬も名乗ってなかっただけだと思うけど、違ったっけ

            • そうなんですけど、羽生の時代には前竜王称号がまだ実質を伴って生きていたので、20歳の羽生にそれを拒否する権利はなかったでしょうと言う意味です。

              • ちなみに最初に名乗りを拒否したのは誰?

                • https://news.yahoo.co.jp/byline/matsumotohirofumi/20191209-00154312/ セル増。やっぱりタニーだったわ。谷川先生がそういえば、後輩たちの佐藤康光、藤井猛が名乗れるはずもなく、結果として誰も名乗...

                  • それこそ羽生が無冠になったときが最後のチャンスだったでしょうね。羽生ならその気になれば名乗っても良かった。 これより5年以上前に高橋道雄が「すでに前名人前竜王の称号は廃止...

          • anond:20200720204513 年齢 棋士 57 大山康晴(A級/3位) 56 55 54 53 52 51 50 49 48 二上達也(B1/19位) 47 46 ...

            • anond:20200720212826 年齢 棋士 58 大野源一(B1/11位) 57 56 55 塚田正夫(A級/32位) 54 53 花村元司(A級/19位) 52 升田幸三(A級/9位) 51...

              • anond:20200720221040 載せるつもりはなかったのだけど参考として。プロ棋士数が今の半分以下の70人強しかいない時代でその中のtop20、1970年になっても基本年齢が10増えるだけでメンツや序列...

    • 金出してるスポンサー企業の稼ぎのほうが偉いけど?

    • また豊島・糸谷・稲葉は「関西若手四天王」とも呼ばれた。 ここなんか消えてますね

    • 将棋界って定期的にメディアでやたら話題にされる印象だけど、これも電通なんかが絡んだ案件なの?一般人が将棋指しになんて興味ないだろ。

    • anond:20200718090944 ブコメでプロ入り年別のほうがわかりやすそうという意見があったのでスプレッドシートでLEFT JOIN + CONCATする練習も兼ねて作った。 ソースは [wikipedia:将棋棋士一覧] ...

    • 年齢別棋士一覧見てきたけど、40台前半、マジで久保利明以外全員ザコだな

    • 「チャイルドブランド」←このクソダサなネーミングなんとかなりませんか?

    • 戦闘力かと思ったら年齢だった

    • 四天王なのに5人いるとか3人しかいないとか流行ってるネタなの?

      • 5人揃って四天王はネタだけど、3人しかいない四天王は悲劇やで(聞くな、悲しくなるという意味で)

    • もう世界では、人間はAIには勝てないってのが定説になっているのだから、 神の一手を、プロ棋士がたまに見せてくれたら充分だろうな。

    • 将棋ってそりゃ勝ったり負けたりはあるだろうけど、なんで強い人がタイトルを独占しないの? 王将だろうか王位だろうが竜王だろうが、強い人が勝つんじゃないの? なんで特定のタイ...

      • とっておきの罠とか作戦を、ここぞという時にとっておくんや

      • 割と体力勝負なところがある。決戦のルールも違うし、勝ち抜くまでのルートがそれぞれ違うし。

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん