2019-04-04

限界女」とは私のことだ!

20代処女恋人いたことはない。友達もいない。

アニメ漫画にも興味ないし、いわゆる腐女子でもない。

趣味読書映画鑑賞、ただしお金がないので休日図書館TSUTAYAに行くのが数少ない楽しみである

死ぬのが怖いからずるずると生きているだけの、くっそつまんねぇ一番生きてちゃいけないタイプ人間

先日「限界女の性事情」なるエントリがバズったらしい。私が気付いたころには削除されていたので中身は知らない。

さて、恋愛や性のこととなると、必ず現れるのが「女はイージー」という声であるけれども、

性愛をさほど重要ものと考えていない人間からすればばかばかしいのでやめていただきたい。

だいたい、「男性器、精液の入れ物として"だけ"の女性器」として求められるなんてごめんだ、

私はたしかに美しくもないしかわいくもないけれど、ゴミ箱ではない。

そう、私は美しくもかわいくもない。

まり恋愛や性にかんして「自己決定権」を与えられていない。

私のような人間が「恋愛なんて興味ない」と言ったところでどのような視線を向けられるかは明らかであるし、

ノリに合わせて「彼氏ほしい」と言ってみたところで「高望みするからだめなんだ」と言われるだろう。

めんどくせぇ

もう人づきあいがいやでいやで仕方ない。SNSでさえうんざりする。

きっと生涯独身だ。この先、誰かと性的接触もつこともないだろう。

私の望みと言えば、ひとりでひっそり生きて、苦痛なく死ぬことだけだ。

見た目がだせぇってだけでオタク腐女子だと決めつけられて、そうあることを期待されるのがめんどくさくて、

体重を標準体重から美容体重を下回るまでに落とし、無理して以前よりもちょっとだけ高い服だの化粧品だのを買って、

メガネからコンタクトに変えて……ほんと何やってたんだろうな。

財布も心も貧しくなっちまった

唯一のとりえであった健康も損なっている。もう何年も精神科通いの薬漬けだ。

しかし、そう悪いことばかりでもない。

あれは昨年の夏だった。

近所の中年男性挨拶をして、「祇園祭の季節ですね」なんて話をした。

彼は祇園祭いかに素晴らしいかを語った。そして私に言ったのだ、「彼氏と行ってきなよ」と。

そうか、私は一緒に祇園祭に行く彼氏がいるような「普通の女」に見えたのだ、と。

単なることばのあやでもいい。

とにかく、こんなみじめったらしい不健康生活をおくっていても、精神を病んでいようとも、

彼には私が普通の、「正常な」女に見えたのだ。これ以上の喜びがどこにある?

これが、睡運瞑菜実践しなかった者のの末路である。もうどうしようもない。私こそが本当の「限界女」ってやつじゃないのか?

* * *

ところで、「限界女の性事情」っての、気になるので魚拓か何かあったらどなたか見せてくださいませんか。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん