2020-02-19

ゲイアプリ就活をしてみた話

21歳 大学4年生

身長体重は平均、顔も平均と行きたい。

1年から今までずっと平日アルバイトをしてきた。

通信大学からこそ、空き時間勉強をしており

来季から卒論になる。

その中で就職活動をしなければいけない状態になった。

アルバイトをしていくのも良いと思ったが自分の中でしっかりと決めようと決意。

いろいろ求人を見ていくと

「未経験採用!」 「面接1回でOK」とかいろいろあるが、

このご時世、下請け下請けなどの会社ネット会社名をググると、

どれも評価が低いものばかり。

その中で手を出したものゲイアプリ

名前は出さないが以下を提示した。

身長体重・年齢・顔写真(加工あり)

自己紹介には:新しいことにチャレンジしたい。

たったそれだけ。

今の仕事取引先に回ることから

位置偽装する方法を使い、新宿四谷丸の内新橋位置を置く。

また若手だとヒットしないので、フィルターを設定し

「35から45歳に狙いをしぼみこむ」




合う条件は、ご飯から行きましょう。

実際にどのような仕事をしており、

プロフィールから想像できるので、なりたい職種の人に会う。

普通会社も受けてきたが、ご飯はない面接だが、

この世界は、ご飯を食べながら面接を行う。

言ってしまうと、社会人1年目の社交辞令の会食と同じである

その中で、もっと話を聞いてみたいなどと言ってみると

名刺をくれたり朝まで一緒に横になりながら何人とも話した記憶がある。

1人はなりたい職種でもあり5回ほど一緒にごはんに行き、

相手の好きなもの・嫌いなものを把握した上で、一緒に仕事したいといい、

コネであるが、面接。すんなり合格

これで良いのかと考えるか、自分なりにはOK

だって新しく配属になる部長彼氏もの

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん