2018-03-26

幸色のワンルームという作品について

最近ドラマ化するらしいが

現実誘拐監禁事件を下敷きにした作品であり、賛否両論だと聞いたので、

クジ〇ックス先生的な(失礼)陰惨な性犯罪を賛美する内容を、中高生が熱烈に支持するマッポーめいた状況なのかと思い、

どんな内容なのかweb版をざっくりと読んでみることにした。

作品の内容について

作品自体の内容としては、まず誘拐というのは完全なミスリードというか誇大広告であり、無知JCハイエースされてダンダンケされ、ストックホルム症候群に陥っていく…

というような内容では全然なかった。実際の事件との関係性も(少なくとも物語上では)全く見いだせない。

男側も色々病んではいるのだが、そもそもハイエースしてない上、少女自殺を阻止したり、レイプ被害から救おうとするなど、むしろヒロイックに描かれている。

同棲してるのも、家族少女虐待しているので、帰る家がないためだ。少女未成年なので犯罪犯罪なのだが、成人同士ならおそらく罪には問われないだろう。

じゃなんで批判されるのか

作品批判する友人に聞いたところ、実際の朝霞市誘拐事件発覚当時、これが短編として公開されたのが原因であるらしいと分かった。

作品冒頭の誘拐犯が少女に優しくし、しか少女は家で虐待されているという描写しかなかったので、事件当時、下種の勘ぐりで色々被害者批判されていた内容を、そのまま肯定するセカンドレイプとして捉えられたものらしい。

現在、冒頭しか読まないで批判してる人は論外としても、当時から批判者にとっては、その後の作品の流れで、実は誘拐監禁など全くしてなかったということが判明しても、

それは単なる後付け設定に過ぎず、寝技に掛けられたようなもんで、壮大な言い訳を聞いているに過ぎないということのようだ。

そのため、公開当初にこれを見て衝撃を受けた人と、後から知って話の全体構造を知った人とでは、まるで受け止め方が異なってくる。

このあたりの事情が分からないと、擁護側と批判側の話は食い違ったままになるだろう。

今後は?

私は人の善性を信じたいので、作者は何も考えていなかったか、またはセンセーショナル効果を狙って冒頭だけを無邪気に公開してしまっただけと思いたい。

あるいは、あまりに無神経な短編になってしまった事に気づき責任を取る意味物語の続きを書き、実際の事件とは関係がなく、誘拐監禁なども起きてはいなかったのだと明示したものと信じたい。

しかしそれだけで批判がやむことはないだろうから漫画が完結した時、またはドラマ放送された時にでも、きちんと詳細な釈明を述べるとよいのではないかと思う。

とりあえず、何でアレが批判されてるのか分からない人向けに書いてみた。

  • フェミさんの脳内では男の願望垂れ流しの作品でアニメアイコンのオタクに支持されてることになってるみたいだけど 「加害者/敵/仇みたいな好きになってはいけない相手を愛しちゃっ...

  • とりあえず作品を読んでみて、なんで炎上してるか自分も分からなかったので調べて増田に書いたんですが、 朝霞市の事件を連想させるようなセンセーショナルな発表のされ方だったの...

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん