「フルブライト」を含む日記 RSS

はてなキーワード: フルブライトとは

2018-12-08

旧友が自殺した

フルブライト留学したり

Diorデザイナーと一緒に働いていたり

なかなか面白い人だったのにな

ご冥福をお祈りします

2013-08-09

http://anond.hatelabo.jp/20130809145942

政治運動にしようとする人としない人の違いじゃない?はてなは前者の人多い気がするよ。

そういう人の例を出すと、運動邪魔から自分たちの勢力を殺ぐから、敵視したり無視したりするんでしょう。

奨学金学生ローンだ!日本が異常だ!っていう運動だって、「本当に優秀で頑張りたい人はフルブライト奨学金でも得て留学すればいいんじゃね?」って言われたら、運動邪魔でしょ?

2010-10-08

http://anond.hatelabo.jp/20101008123335

大意(日本大学はそれほどダメではない)には同意するが、記事の都合のいい部分だけ使うのはどうなんだ?

頭脳流出組」の先駆けとして、米国活躍の場を求めた根岸氏。

(中略)

理由は、高度な研究になればなるほど、「基本が大事になるから」。それをたたきこんでくれたのが、日本教育だった、というわけだ。

 だが、日本に対しては賛美だけではない。日本を飛び出すことになったきっかけは、フルブライト留学制度を利用した米ペンシルベニア大への留学だったが、「いざ博士号を取得して日本に帰ってみると、日本には私を受け入れる余地はまったくなかった」と、日本高等教育の閉鎖性を暗に批判した。

http://sankei.jp.msn.com/culture/academic/101007/acd1010070904010-n1.htm

(強調は引用者)

日本教育を受けた研究者は、能力はあるけど閉鎖的だってことなの? それは致命的だと思う。

それともいまは改善したのか?

そして、増田は以下のように言っている。

敢えて言葉の壁に立ち向かってまで英米で学ぶことは日本で学ぶことに比べてあらゆる意味で優れているなどということはないのだ。そのことは事実としてもっと知ってもらいたいものだ。

で、記事中の根岸英一は、以下のように言っている。

日本はすごく居心地がいい社会なんでしょうけれど、若者よ、海外に出よ、と言いたい。たとえ海外で成功しなくとも、一定期間、日本を外側からみるという体験は、何にもまして重要なはず」と、奮起を促した。

だからたぶん、増田の言う「事実としてもっと知ってもらいたい」相手には、根岸英一も入っていることになる。

なにか主張したいなら、もっとフェアにやればいいのに。

つまり、増田の言いたいことは以下の一文に尽きるわけだから、

日本大学を出ても使えないだの理系コミュ力がないだの草食系男子人間力が低いだの、何もわかってない馬鹿どもに頭ごなしに見下されるのはもううんざりだよ。

ここに焦点を絞って、自分言葉で説得するようにしないとダメだろう。

単に「ムカツク」と言っているに過ぎないのに、ノーベル賞受賞者権威を借りてきて自分の主張を(しかも増田で)組み立てるなんて、まさに、

お前らはどっちも「虎の威を借る狐」でしかないんだよ。

ということなのだと思うが。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん