2021-10-16

君はちんちんデカすぎて親指を脱臼した事があるか

 最初に言っておかなければならないが、私は陰茎がデカい。

 よくある平均的なサイズからはおよそ逸脱していると見て憚らず、温泉で同席した友人たちからは「花の慶次」の主人公である前田慶次郎利益にも例えられたことがあるほどだ。

 それともう一つ、私は身体が硬い。

 生まれつき足が15度以上開かず、「この子は歩けないかもしれない」と産婦人科医師から母に宣告されたこともあったらしい。その予想は幸い当たることな現在日常生活に支障はないが、未だ全身の柔軟性に欠けている。

 そんな私の特徴が結びつく、ちょうど近しい他人に言えないラインの話を聞いて欲しい。

 

 私はつい最近右手の親指を亜脱臼した。母指CM関節と呼ばれる、パッと想像する親指の付け根っぽい位置から更に下にある手首と親指を軟骨で繋げるような関節部だ。

 そこが、整形外科にて撮影したレントゲン写真ではっきり分かる程度には左側にズレていた。

 問診票に従った質疑応答の後、「普段お仕事以外は何をされていますか」と医師から質問を受ける。私は、数年前から趣味で絵を描き始めていた事を端的に伝えた。

 スケッチブックに齧りつき、鉛筆を使って日夜絵を描くことの楽しさを知り、それ以前にどうやって休日を過ごしていたのかも分からないのに。もしや、これが原因か?

 医師は言った。「多分、それよりも前の……鉛筆じゃないな、何握ったんだろう」。

 私はとっさに、絵を描く前までは休日空手を習っていた事を話した。握り拳からペンに持ち替え、挨拶も「押忍から「おつです」に変わった私の話を聞き、医師は納得した。

 

 だが、私はこの時とっくに気付いていた。医師レントゲンにらめっこしながら脱臼に合わせて想定される握り方をシミュレーションしている時。

 ペンから和太鼓のバチ、そして野球バットとその精度が上がるごとに、明らかに見覚えのあるサイズ感の円筒形が形作られ始めていることに。

 

 そうだ。

 絵を描き始めるよりも前から握っていたものなんてひとつしかない。

 原因はペンではなく、陰茎に決まっている。

 私の絵を描くよりも古く長い趣味は、マスを掻くことだったのだから

 

 その後の医師の話すところによると、指関節付近の柔軟性の欠如によるものだそうで、痛み止めを飲みながらストレッチを繰り返して脱臼箇所を治療していく事が重要であると教えられ現在はその通りに治療を続けている最中だ。

 医師の助言は的確で、ストレッチによってジンジンとした疼痛は日を追うごとに回復してゆき、こうしてキーボードを打つことも問題ないと太鼓判を押されたのだが。

 

 こうして文章を綴っている今も思う。

 おそらく今回の脱臼の原因はちんちんデカくて身体の硬い男の自慰による長期的ダメージの結果なのでは、と。

 

 タイトルの通り、もう一度問う。

 

 君はちんちんデカすぎて親指を脱臼した事があるか。

  • どうでもいいからとっとと写真をうpしろ

  • 今日はおちんちんシゴかずにじぃーっとしてろよ

  • 重くないの😲😳

  • マラドンナ?

  • お医者さんには正直に言いなさい

  • ちんこがでかい 体が硬い 1つずつはあるかもしれないけど 二つ揃うなんて激レアさんじゃん TV局が黙っちゃいない

  • 文体が60歳くらいな感じだから全部うそくさい。

    • むしろ身体が硬いという描写と整合性があるように思えるが....

  • ガンキャノンのキャノンみたいなチンチンなんだろうなあ。 以前、ガンタンクのキャノンみたいなチンチンはみたことがある。 あっちのほうが日常生活では不便そうだったけど脱臼はし...

  • ちんちんこすれないなら エネマグラでアナルの奥にあるビッグバンポイントを刺激して射精する歯科ないな

  • 30年ほど前、上野のヌード劇場で本番生板ショーのジャンケンで勝ち抜いた兄ちゃんの陰茎がでかすぎて、挿入中止になった珍事があった。たまたま目撃したんだけど、「おー」「へ...

  • アメリカで巨乳に挟まれてアゴを骨折した男がいたね。 昔のアンビリバボーでやってた。

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん