2020-09-24

Vの者が好きになれない理由

巷で大人気のVtuberだが、私はどうも好きになれない。私はVtuberというものがそれなりに市民権を得てきている今までで一度も彼ら彼女らに興味を持ったことがなく、触れたことがない、いわゆる食わず嫌いというやつだ。

なぜ私が彼ら彼女らの存在に一切触れずに食わず嫌いをしているかということについて、書き連ねていきたい。もちろん、私のかのような状況であるからして、現実に彼ら彼女らが好きだという皆様方からすると、実際にはそうじゃない、というような話が出てくるであろう。ですがそこはご容赦いただきたい、この記事あくまでも私が彼ら彼女らを気に食わない理由を書き連ねるだけなのだから

前置きが長くなってしまったが、本題に入らせていただく。

彼ら彼女らはクリエイターっぽいことを気取っていながら、何ら実は自分では産み出していない、という点があげられる。例えばゲーム実況。既に存在するゲームを実況するだけで大量のスパチャが投げられること。あるいは曲のカバー。自前でそれらを準備するのではなく、自分の好きなものちょっと配信しただけで大量のスパチャ。見かけだけよくしただけで既存の実況者や歌い手と何が違ってくるのだろうか。それで今言われているような大量の利益を得ていなければここまで気に食わない、という状態には私はならなかっただろう。要するに見かけだけ良いVtuberが好きなことをしてべらぼうな金額を稼いでいるのが私は気に食わないのだ。配信なんぞ趣味でやってこそであろうもの収益化し、挙句の果てに馬鹿みたいな金額を稼いでいる、彼女らに嫉妬している、ただそれだけの話である

これがあるいは、自分で何かしらを作り、それをガワをよくした自分アバター配信する、というものであれば私も納得しただろう。例えば米津氏が、Lemonを、いちばん最初に公開した際にガワをVtuberとして配信していたならば、とった具合にである

キャラクター絵師さんに依頼したもの、実況しているのは既存ゲームカバーしているのはいま巷で人気の曲、雑談他愛もないもの、ガワだけ良い、これだけで死ぬほど儲けられるんだから嫉妬愚痴ひとつもいわせてもらいたくなる。

おまけにVtuber批判的なことを公開で言うと信者に滅多打ちにされる可能性が高いときた。ため息が出るばかりである

嫉妬ばかりのお見苦しい文章最後までお読みいただきありがとうございました。

  • 小室哲哉が一番稼いでた時期に同じこと言ってた人がいた。

  • 何で実況者や歌い手と違わなきゃならんのか分からんが、いま売れてるVはだいたい自分で企画立ててメンツ集めてそのなかで面白いトークができる奴だぞ。

  • つまりホリエモンや情弱サロン経営者にも嫉妬しているということか?

  • 中身は元ニコ動の実況者や歌い手が多いので、そことの差はガワ以外無いぞ クリエイターのVtuberなら納得できると言うなら、例えば絵師のVとか大勢いるぞ。しぐれうい、犬山たまき、カ...

  • なぜVの者を自分を比肩させようとするんだ? ハリウッドセレブとは比肩させようとしないだろう?セレブと比べて落ち込んだり目の敵にしたりすることはない。 でもVは「自分でもでき...

  • おまえもVやればいいじゃん

  • ならば自分も始めれば良い。 Vtuberは誰でも始められる。 驚いたんだけど、声がおじさんの——ボイスチェンジャーさえもかけてない、 演じるどころか素のおじさんであることを前面に...

  • 赤月ゆには、Vの者ではないが、一度見てみるといいぞ。

  • 「貴様、Vの者だな?」(作画:白土三平)

  • 喋りの素人っぽさ?ガワと声のギャップ?アニメとは違う感じが…かな。実況者や歌い手はその本質でやってるけどVはまずガワがあるからそこと声の違和感を感じたらまず視聴は無理か...

  • Vというジャンル略称はヴィジュアル系のほうが先なのでVTuberの人はお面の人達とか面とかで呼んでください

  • 他人の作品に乗っかる実況者的なVtuberが好きではない、本人が創作者なら少しはいいのに、というのは、むしろ2017~2018年から追ってるやや古株のVtuberファンや、個人Vtuberを応援している...

    • Vtuberが好きになれないという話をするとすぐこういう豚が湧いてくるのはなぜ

  • V6かな?ビジュアル系バンドのことかな? そう思ってクリックしたのだが、まさかのVtuber!

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん