2020-02-27

ウイルスによって世界がどこまで崩壊してゆくのか見てみたい

 SNSブログに書いたらめちゃくちゃ叩かれるのが目に見えてるので増田に書く。増田でもブコメトラバでさんざんに言われるだろうけど。

 

 ウイルスによって世界がどこまで崩壊してゆくのか見てみたい。そんな好奇心に駆られている。

 ペストとかコレラとか天然痘とか、日本史世界史でそうした疫病の話が出るたびに「人口の何割も減るような流行病とは無縁の時代なんだな」と、ホッとする反面、少し退屈に感じていたように思う。

 だから今は、日に日に世界中で感染の拡大するさまを不安に感じる一方で、「世界史の教科書に載るような大きな事件のまっただ中に自分がいるのだ」と内心ワクワクしてもいる。

 

 前回のアメリカ大統領選挙では「こんな世の中どうにでもなっちまえ」と、閉塞感に対するヤケクソのような気持ちトランプ投票した人たちがいたという。

 でも、自分はそうしたヤケクソともちょっと違う気がする。おそらくは、単純な好奇心だ。

 

 もっとも、自分生活にも少しずつ支障がでているから、まるっきりの他人事ではない。

 仕事の予定が何件も立ち消えになった。

 楽しみにしていたイベントも延期になった。

 ただ、目に見える形でたしかに影響はでているものの、深刻さは無いのだ。

 こんな呑気にいられるのは、仮に自分自身が感染しても(年齢・体力的に)死ぬ可能性が低いのが大きな理由だろう。

 普段通勤自家用車だし、子どももいないか休校の影響もない。家にマスク在庫もまだまだある。

 

 昨日、仕事銀座へ行った。

 閑散とまではいかないが、普段よりも目に見えて往来が減っていた。

 これがもっと極端に減っていったら、どうなるんだろうか。

 想像してみると、恐怖よりも好奇心のほうが勝ってしまう。

 

 東日本大震災ときは、もっと絶望感を抱いていたように思う。変わり果てた地形や建物津波などの視覚的なショックが一斉にやってきたこともあるだろうか。このままもっと悪化していったら――と想像する余裕さえなかった気がする。

 だが今回はもっと緩慢だ。イベントの中止や休校など、これまでの日常常識が少しずつ歪んでいくさまから目が離せない。

 

 勝手な推測だが、自分のように好奇心を抱きながら今回の推移を見守っている人も少なからずいるんじゃないだろうか?

  • anond:20200227210409

    これ、すごいわかる。 でも太平洋戦争でも死者は人口の5%ぐらいだったんだぜ、ウイルスなんて大した事ないんだよきっと。

  • anond:20200227210409

    俺も中学の頃授業中窓の外を眺めながらそんなことばかり考えていた

  • anond:20200227210409

    プリスキンって呼びなぁ!

  • anond:20200227210409

    ちょっとわかる 個人的には中国がどれだけひどいことになるのか見たい なんかもう終息気味らしいけどまだもう1~2発くらい爆発が来るだろ 日本にもダメージが~とかはひとまずお...

  • anond:20200227210409

    ちきりん は、割とブログに平気で 災害がくると楽しいって書くタイプなので、 そのうちアップされるんじゃないかな。

  • anond:20200227210409

    地酒増田はさっさと心の病院に隔離されとけ

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん