2020-01-13

成人式に行くか行かないか迷っているお前へ

もう成人式わっちゃったけどさ。

お前だよお前、10年前の俺よ。

何となく生きてきて、友達がいない訳じゃないけど、かと言って定期的に遊ぶ友人もいない、そもそも会いたいと思う知人が思い浮かばず、天気が悪いとか着ていく服が無いとかいうしょーもない理由自分を納得させて、結局成人式には行かなかったお前。

お前は成人式に行かなきゃいけなかった、行ったら実は楽しいなんて甘い未来が待っている訳じゃない、お前は成人式のようなハレの日でも友達がいないということがどういう結果をもたらすのか、それを20歳で知っておかなければならなかった。

お前はFacebookで後から知ることになるが、お前が何となく仲良くしていたが心の奥で見下していたオタクたちは、成人式でも楽しそうに集まって、それぞれ卒業した後も定期的に飲み会を開いているぞ。

見てみぬフリをしていたクラスいじめられっ子留学して成人式なんて全く関係無いといった素振りで、完全に過去を捨ててすっかり違う顔付きで前を向いているな。

お前みたいな行くか行かないかすら迷っているヤツが一番ダメなんだ、何となく自分大丈夫と思って新しい関係を築こうともせず、ダラダラと生き続けるんだ。

大学卒業後に就職しても何となく馴染めずにいるが自分では「当たり障りない」関係を築けていると思っているお前よ、お前は本当は職場孤立していて、段々といないもののように扱われるようになるぞ。

そんなお前でも付き合っている女はいるな、数年後にお前はその女を妊娠させて結婚することになる。

でもお前は誰一人として呼べる人間が思いつかないせいで、相手の親すらも懇願するのに自分プライドを優先して結局結婚式をしないことにするな。

後々にこのことが発端で始まった言い争いが激しくなり、誰もお前の味方をすることは無く最終的にお前は離婚することになる。

離婚する数年前には、お前は父親危篤の知らせを聞くが貯金も無いせいで飛行機代が出せず、お金を無心できる友人知人もいないせいで夜行バスで行く選択肢を選び、たった数時間の差で親の死に目に間に合わないぞ。

そしてお前は昨年末に高熱を出して寝込むことになるが、タイミング悪くスマートフォンの充電器が壊れていて職場に連絡しないまま3日ほど無断欠勤をする。

快復して出社したお前は「遊んでいるのを見た」という根も葉もない無い噂を否定してくれる同僚や先輩を作らなかったせいで、あっさりとクビになってしまった。

お前は一人で生きれると思っているな、そもそも一人ではないとすら思っているな。

お前は成人式に行かなければならなかった、そこで祝い事の催しの中でも孤独に一人でいることのみじめさを、つらさを知り、何が何でも30歳までに自分を変えなければいけなかった。

2020年ある意味人生の節目には良い年だな。

お疲れ様

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん