2019-11-30

けみお

けみお(kemio)が売れたのは何故か?ということについて、けみお独自キャラクターがウケているということになっている。

かにそれはそうなのだが、けみお凄さというのは、自分を置く環境キッチリ見極め、見切ってきたことにあると思う。けみお日本で平均的で凡庸暮らしを続けていても、奇抜な服装原宿闊歩する「ギャル」として生きていても、CMに起用され、Diorのような一流メゾン仕事をすることは無かっただろう。

その人の個性が他の競合との差別化として大きな比重を持つのが、インターネットSNSという場所である。その場所に種を撒いたからこそ、大きな花を咲かせることになった。

もちろん、けみおにはけみおなりの「企業努力」もしている。ヒカキンしろ炎上ということは避けようとしているし、人を楽しませようという考えがベースにあり、薬・異性関係犯罪などの不祥事も起こさない。今ネット若い人に支持されるアカウントというのは、「人を傷付けない」という共通点がある。ヒカキンにいたっては、マーケティング的にそのことを意識しているのは違いない。また、幅広い人に認知されるまで、コンスタント動画を作って、配信してきた下積み期間もある。SNSスマホ時代の、時流に乗ったという運要素も大きいが、彼らもそれなりに努力はしている。楽をしてお金を稼いでいるようで、それなりに大変な稼業である

いずれにしろ自分能力や素質を最大限に発揮したいと思うなら、種を撒く土壌は選ばなければならないと、痛感するのだ。自分の素質を客観視すること、そして自分を置く環境の大きさというものへの、本能的・直感的な察知能力について、けみおは優れていたのではないかと推察するのだ。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん