2015-08-26

何に誘われたのか

中学生のころ、僕には友人がいて、名をHといった。

他にKとTがおり、4人でグループを作り、僕かKの家で日々スマブラに打ち込む青春を送っていた。

Hは大柄で、漫画ゲームに造詣が深く、学校へ顔を出すよりは休んでいることの方が多い男だった。出会ったころはごく普通に登校していたのだが、年次が上がるにつれて徐々に休みが増えていった。

いじめられていたというわけでもなく、たまに3限ごろになってふらりと顔を出してはクラスメイト挨拶を交わし、4限の前には帰るのである。原因というか理由はよくわからなかったが、病欠明けの登校しづらさのようなもの慢性的にあるのだろうと思っていた。

そんなわけだから、Hは学力的には周囲についていけなかったようだが、それでも会話の端々に聡明さを覗かせていた(例えば彼はチョッパー海賊団入りすることを級友の中でいち早く看破していた)。

Hの兄も不登校であるようだった。会ったことはないが、イラストがめっぽう上手で、Hがそれをよく僕らに誇らしげに見せていたことをおぼえている。

卒業にあたり、4人の進路は分かれた、僕とKは同じ高校へ進んだがTは別の高校へ、Hはそもそも進学したのかさえわからずあまり連絡を取らなくなっていった。それでも、僕とKとTは相変わらずKの家でマガジンまほろまてぃっくを回し読みし、ゼクンドゥスをエレメンタルマスターでなぎ倒し、交友を深めていた。

そんなある日、地元の最寄り駅でHに会った。3人で黄泉がえりを観に行った帰りだった。

中学の頃のHは、決して太ってはいなかったが全体としてふっくらしており、長さのそろった前髪からは朴訥な印象を受けたが、久しぶりに見た彼は、短めに切りそろえた頭髪を整髪料で逆立て、頬骨がうっすらと浮かびあがった精悍な顔つきに変わっていた。

「Hくん、雰囲気変わったねえ、いいねえ」

僕らはそんな風に言って再会を喜び、また近くKの家に集まろうと約束をした。

その次の週の日曜日、早速4人でkの家に集まった。ハガレンを回し読みし柿の種つまみながら宴もたけなわ、僕はトイレに立った。

戻ると、なんだか空気が怪しい。僕のいない間に、Hから二人へ話があったらしい。

そのHの話をまとめるとこうなる。

今、この世界から信仰心が失われておりそれに伴いさまざまな災厄が起きている。例えばSARS鳥インフルエンザもそうである。これらは仏法によって防ぐことが可能である。ついては君達も一緒に信心を養うべきである

当然僕達は首を縦には振らなかった。Hは頭がおかしくなってしまったのではないかと考え説得を図った。Hも聞き入れなかった。今度は偉い人を連れてくると言った。彼らの話を聞けばわかるからと。

その日以来Hには会っていない。

もともと彼の家族はそういった信仰を持っていたが、中学卒業を機にHも入信させたということらしい。また、Hが僕達以外の元同級生相手にも勧誘を行っていたというのは、後からわかったことだった。

問1 『僕』がHに誘われたのは何か、次の4つから選びなさい。(10点)

1.顕正会

2.立正佼成会

3.創価学会

4.日蓮正宗

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん