2013-05-06

結婚に対するイメージが後ろ向き過ぎってのもあって生きたくない

 GW最後の日を自宅でエンジョイしているはてなの皆さん、ごきげんよう。毎年恒例、5月の憂鬱時間ですよ

 付き合って長くなる相手がいる。付き合う前に私は結婚をしない主義だと明確に伝えている。

 すごくざっくり言うと「そろそろ胎を括って俺との結婚を考えたらどうだ」みたいな事を言われた。

 私が当初伝えた結婚への考え方の事を綺麗さっぱり忘れているわけではないだろうが、「付き合いも長くなってきてお互いの事もすっかりわかっているし、最初に言ってたような強情な結婚観は解けてきて、もう今更女で一生独り身なんて非現実的な事は考えは捨てて、無難な落とし所ってものを分かってきている頃だ」などと都合よく思っているのだろう。

 今の私達は、互いに仕事を持って住居をおのおの確保して非効率(何がとは言ってなかったけど多分、経済的な意味で)だ、

一緒になれば、いろんな事(何をとは言っていなかったけど多分、私が懸念している私の親の老後とか)を解決できるに違いない、

といわれた。

 だが、私には結婚にそんな希望を見出せない。結婚に明るいイメージを持てない。

 結婚をすれば、避妊具無しの性行為を受け入れるよう暗黙の内に強いられるだろう。拒否して相手の機嫌が悪くなれば、私の生活の拠点がストレスの源になる。嫌だ。殴られるかもしれない。嫌だ。離縁を申し渡されるかもしれない、戸籍に傷がつく。嫌だ。

 かと言って、子供を持つのは嫌だ。妊娠しませんようにと祈りながら避妊具無しの相手を受け入れるなど、愚の骨頂ではないか。私に避妊具無しの相手を受け入れるという選択肢は無い。

 子供を持てば、子育て自体が経済的にも肉体的にも大変な負担なので、衰えた親に手を貸すことが益々難しくなる。私は、自分の両親に安らかに老後を生きて死んでほしい。子供なんて要らない。あんな煩くて、大飯ぐらいで、不潔で、自己主張が強くて、躾のなっていない犬みたいな生き物。その上人権なんか持ってて扱いづらい。犬よりタチが悪い。自分の子時代を思い出して冷静に分析しても、やっぱり躾のなってない犬同然だった。

 子供嫌いの話に脱線してしまった。話を戻そう。

 結婚をして、万が一子供を作らずにすんだとしても、私の背負っているものを相手が半分背負ってくれるというイメージをまったく持てない。

 結婚してしまったら、私が自分の親に心を砕けば、「君には君の人生があるのだから」「君は君の、この家の生活をまずちゃんとすべきだ、君には兄弟がいるんだし、君一人がご両親の事を背負わなくていいんだ」とか何か綺麗ごとを言いながら親を助けることを制限されてしまう気がする。そして結婚相手のいう「君のすべきこと」とは、食事の上げ下げや洗濯をしながら収入を家に入れて、義理の親の機嫌をとったり援助をしたりすることなのだ

 業を煮やした私がある日「私とあなたの親はお義父さんとお義母さんだけじゃないのよ。私には自分の生みの両親も大事なの」と言えば、「まあまあ、そう言わないでさ、今日は付き合ってよ。親父とお袋も寂しいんだって。君の両親にもいつでも電話してあげれば良いし、今度お土産もってゆっくり会いに行こうじゃない。車出してさ」となだめすかすのだ。

 義理の両親は私達にニコニコ顔で食事をご馳走するが、私の中では「外食なんかする金なんかあるんなら、後生大事貯金しておいてよね。将来介護つきの老人ホームに入る金くらい自分で何とかしてくれよ。お前ら、持ち家あって、嫁は専業主婦で、子供は一人だけで、世帯主はまだ現役サラリーマン家計に余裕あるんだろうが」という本音が渦巻く。自分の2本の腕で、義理の親の下の世話と生みの親の下の世話、どちらかしか出来ないとなればどちらを選びたいかなんて決まっている。いらん娯楽に金費やすボケが。

 私は「私の親のこと、家族心配事の負担を軽くするためにに力を貸してくれるんじゃなかったの? 新車なんかどうでもいい!そのお金があれば、少しでも私の親の先行きの不安を取って上げられるのに!!」と心の中で叫びながら食後の後片付けをしたりするのだ。

 以上が、私の結婚に対して抱いているイメージのすべてである

 私は今、年金だけでは家を守れないから衰えた体に鞭打って働く父と、まだいくらか体力に余裕はあるものフルタイムで働いてもすずめの涙ほどの収入しか得られない母親家計を遠方から歯がゆい気持ちで見守っている。

 母は私が一緒に暮らすのも選択肢の一つだと提案するとほっとした顔を見せるが、父はお前にはお前の将来があるからお前の将来に迷惑をかけられないと言って私の提案を固辞する。

 私は、親が逝くのを最後まで見守りたい。そしてその後は出来れば介護や他人の経済的な支援が必要になる前に自分は都合よく居なくなってしまえたらいいなと思っている。親が死んだあとは、もう誰から必要とされたくない。でないと、まだ生きないといけないから。

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20130506141113
  • http://anond.hatelabo.jp/20130506141113

    そこに書いてあるとおりの内容を交際相手が知っていて なお冒頭のようなことを言ってきたのであれば、 単純にいよいよ両者の人生がそれぞれ別の道に進むべき時が来たというだけの話...

  • http://anond.hatelabo.jp/20130506141113

    お願い、コンドームだけで避妊するのではなく、ピルを飲んでー。コンドームのみによる避妊はピルによるそれよりも30倍妊娠しやすいんだよ。 増田が思っているよりもコンドームのみ...

  • http://anond.hatelabo.jp/20130506141113

    >>結婚をすれば、避妊具無しの性行為を受け入れるよう暗黙の内に強いられるだろう。拒否して相手の機嫌が悪くなれば、私の生活の拠点がストレスの源になる。嫌だ。殴られるかも...

  • http://anond.hatelabo.jp/20130506141113

    この話 付き合う前に私は結婚をしない主義だと明確に伝えている。 すごくざっくり言うと「そろそろ胎を括って俺との結婚を考えたらどうだ」みたいな事を言われた。 彼は彼で「自...

  • http://anond.hatelabo.jp/20130506141113

    人の価値観は成長と共に変わる。そして、彼は変わった…のだから、もうあなた達は別れる時が来たのだ。 離別を恐れてはいけない。別れてこそ、新しい出会いがあるものだ。たとえい...

  • http://anond.hatelabo.jp/20130506141113

    あんな煩くて、大飯ぐらいで、不潔で、自己主張が強くて、躾のなっていない犬みたいな生き物 そう、それが子供というものだ。そのわずらわしさゆえにあなたの子供の存在が許容さ...

  • http://anond.hatelabo.jp/20130506141113

    一つ不思議なのは。 それでも別れないのだろうか、という事。 そこのところはさておいて、 それでも付き合っているぐらいに相手の事が好きなんだろうか。 そして読んでいて少し...

  • http://anond.hatelabo.jp/20130506141113

    彼氏にはあんたのことをきっちりと理解することは無理だと思うよ。 理解できたとしても、それを尊重するのはなおさら無理だと思うよ。 どちらかと言えば彼氏の方が世の中の平均の考...

  • http://anond.hatelabo.jp/20130506141113

    子供うまない女なんぞ一円の価値もないという事実をいつ理解するの?

  • http://anond.hatelabo.jp/20130506141113

    書き出しが熱い。そして、そこになにか余裕を感じるけどこれはカッコつけてるだけなのかな。

  • http://anond.hatelabo.jp/20130506141113

    「子供嫌い」って精神的に幼い人だけがかかる、中二病的なダッサい病気だよね。 それを貫いて、将来自分がどうなるか、キッチリ判っててやるの? 例えば、君は両親を孤独にさせない...

  • http://anond.hatelabo.jp/20130506141113

    「子供嫌い」って精神的に幼い人だけがかかる、中二病的なダッサい病気だよね。 それを貫いて、将来自分がどうなるか、キッチリ判っててやるの? 例えば、君は両親を孤独にさせない...

  • 最近、増田の小町化が著しい。

    最近、増田の小町化が著しい。 はてなユーザーの年齢が上がってきたからか、はてブのリニューアルで増田が注目されるようになったからか、最近、増田での恋愛・結婚系のエントリー...

記事への反応(ブックマークコメント)