「庄野」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 庄野とは

2019-06-14

 三重県鈴鹿市ショッピングセンター小学2年の男子児童(8)の顔を叩いたなどとして、トラック運転手の男が逮捕されました。

 逮捕されたのは津市トラック運転手の男(43)で、午後6時頃、鈴鹿市庄野羽山のショッピングセンターで、小学2年の男子児童(8)の左頬を平手打ちした疑いが持たれています

 男がトイレの個室に入っていたところ、隣の個室にいた男子児童が壁と天井の隙間から濡れたトイレットペーパーを投げ込んだということです。

 男は男子児童の胸ぐらをつかんで個室から引っ張り出し犯行に及んだということで、「カッとなってやった」と容疑を認めています

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190319-00021413-tokaiv-soci

2018-12-12

???

シリーズ外食王」第5弾 "超"進化ラーメン新世

1000円の壁”を超える!「食べたことない“珠玉の一杯”」とは

 東京新宿ファッションヒ?ルに入る人気ラーメン店「MENSHO SF」。週末には、若い女性やカッフ?ルたちて?大行列か?。

お目当ては、ハ?スタにも見えるような、オシャレなメニューの数々。サッカー界のスーハ?ースター、テ?ヒ?ット・ヘ?ッカムか?

わさ?わさ?食へ?に来た一杯もあるという。これまでの「ラーメン」とはまるでイメージの違う商品だ。

 こうした独創的なラーメンを生み出すのか?、庄野智治さん(38歳)。原材料や麺、具材まて?、素材は一つひとつ自分の足て?探し出したもの

スーフ?では鯛の中骨をじっくりと煮出し、塩タ?レにはおよそ10種類の出汁抽出、3日かけて仕込む。

麺には岩手産の小麦を使い、店舗で製粉、歯こ?たえや風味にこた?わる…。これまでのラーメンと、まるで“別物”だ。

ここまでして“こだわりの一杯”を提供するには、ある理由があった。それは「ラーメンを、フレンチイタリアン匹敵する料理にしたい」という夢だ。

狙うのは「脱・B級グルメ」。しかし、そこには“1000円の壁”がそびえ立っていた。

一般的に、ラーメンは一杯500円?800円台。1000円を超えるラーメンを出す店はほとんと?ない。

「こた?わって作りたいか?、1000 円以上のラーメンを出すと客か?引いてしまう」のだ。

一方でパスタ蕎麦といったほかの麺類には、平気で1000円を超える価格が…。

業界にも客にも、「ラーメンは安い庶民の食へ?物」という固定観念か?染み付いているのた?。

庄野さん、この“壁”をどうやって乗り越えるのか。誰もが食べたことのないような「珠玉の一杯」づくりが、密かに進んでいた…。

2011-11-18

別れ 井上靖

河北省の京漢線・元氏駅の土間で、私はアンペラの上に仰向けに倒れていた。銃一挺を抱くように持ち、外套を頭から被って、眼を瞑っていた。

この何日か、衝心性の脚気の発作が烈しくなったため、今朝、雪の中を南下、行軍して行く部隊と別れて、この元氏駅で北上して行く列車を待っている。列車に石家庄駅まで運んで貰い、そこで下車、最近設けられたと聞く石家庄野病院入院する。

──これが自分が選んだ自分を生かす、ただ一つの道であった。これ以外、生き得る方法はなさそうであった。部隊の軍医も、看護兵も、また同じ意見であった。

私が仰向けに倒れている元氏駅には、中年歩兵上等兵駅長として、これまた一人、アンペラの上に胡坐をかいたり、そこらを歩き廻ったりしている。駅長と言っても、他に駅員が居るわけではなく、ただ一人、駅に配されている。

一日に三、四本入って来る軍用列車を迎え、送り、それをどこかに、電話で連絡するだけの仕事を受持っているようであった。

夕方、彼は病兵の私のために夕食の支度をして、飯盒と罐詰を持って来てくれた。その時、二人は初めて、壊れかかった石炭ストーブに手をかざしながら、言葉らしい言葉を交した。

──夜、七時過ぎには、一応列車は来ないことになっているので、七時になると、俺は俺で、そこらの壕に入る。壕の方が、幾らか寒さは防げる。お前さんも、好きなようにしてくれ。このまま、ここに居たければ、ここに居ればいい。

──ただ、どこへ行ってもいいが、臨時の列車が来ないものでもない。臨時であろうと、なかろうと、上りが来たら、お前さんは、それに乗ることだ。おとなしくしていたら乗れない。しがみついてでも、乗っちまうことだ。

──そうしないで、こんな所でうろうろして居てみろ。お前さんの場合は、いいところ三日で、まあ、お陀仏だな。

そんなことを喋っている時、遠くに銃声が聞えた。

──ああいうのは、大丈夫毎日、今頃になると、撃ってくる!撃たしておけばいい。近寄っては来ない。だが、すっかり昏れてしまうまでは、線路の向うには行かない方がいい!

駅長は言った。

いつも、お前さんはここに一人か、と私が説くと、

──ここに来て、まだ五日ほどだ。咋日までは、自分の隊から離れちまったのが、四、五人、ごろごろしていたが、それぞれ、みんな、昨日のうちに、列車で、前線の己が部隊へと向った。すると、替って、今日はお前さんがやって来た。病人でも、まあ、居ないよりはましだ。

実際に、病人であろうと、なかろうと、居ないよりはましであるに違いない。こんな大平原のただ中の、ちっぽけな駅に、一人で置かれたら、気でも狂う以外、どう仕様もないだろうと思う。

結局、夕近くなると、二人は駅の小さい建物から出て、その横手に掘られてある帯状の、細長い塚の中に入った。かなり深く掘られであるので、待合室に居るより、寒さは多少ましだった。

それに、列車が来れば、すぐその音が響いてくるので、そこから直かに、ホームに上って行けばよかった。

二人は、それぞれ、壕の中に己が寝所を造り、身を横たえて、外套をかぶった。いつか、雪はやんでいる。どれだけの時間が経ったか、知らない。

──おい、起きろ。

その声で眼を覚した。

──夕焼がきれいだ!こんな夕焼は、めったに見られるものではない。こんな所に、ばら撒かれていればこそ、こうしたものにも、お目にかかれるというものだ。まるで、天の火事だ!

私は黙って、夕焼を見ていた。駅長が騒ぐだけあって、西の空は真赤に焼けただれ、それが大きく拡がっていた。確かに、今までに見たことのない、壮大な天の火災であった。今朝、別れた部隊は、どこで、この天空大火災を見ているのであろうか、と思った。

それから、また眠った。

その夜、十一時、北上する臨時の貨物列車が入って来たので、壕を飛び出した。いつからか、また雪が降っている。待ちに待った列車に乗り込もうとしたが、容易なことでは乗り込めなかった。雪をかぶった無蓋貨車で、どの車輌にも、やたらに梱包が積み上げられてあり、何人かの応援でもない限り、そこに身を移すことはできなかった。

駅長はホームを駈け廻り、私を乗り込ませる車輌を物色し、自分も半ば、それに乗り込むようにして、私を引き上げたり、押し上げたりして、どうにか私を、車輌の一つに乗り込ませてくれた。

列車が動き出してから、私は世話になった駅長名前も、所属している部隊名も聞いていないことに気付いた。気付いた時は、もう遅かった。駅長は、長い、これほど長いとは思わなかった、長いホームに一人だけ立って、手を振っていた。“孤影”とは、この時の、彼のために造られた詞であった。私もホームに向って、手を振ったが、私が手を振るのが、駅長の眼に入ったか、どうか。

私は、私の八十年の生涯で、“別れ”なるものを一つ選ぶとすると、昭和十二年十一月の、この元氏駅に於ける、深夜の駅長との別れということになる。私はある時、ある所で、ある人と別れたのである。本当に別れと言える別れを、異国の小さい雪の駅で経験したのである

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん