2019-01-26

ファザコンだってことに気づいた

アラサーになって、ようやく、ファザコンであることに気づいた。ネットでぐぐってみたところ、隠れファザコンというやつらしい。もやもやしてまとまらなかったので吐きだす。

父親との仲は、悪くはないけれど良くもなかった。思春期の頃には、父親のような人とは結婚しないと何度も強く思ったことをよく覚えている。父は機嫌が悪くなると物にあたり怒鳴り散らす人だった。日曜の朝は母親叱咤する父親の怒鳴り声で目覚めるなんてこともあった。口答えすると、誰のおかげで飯食えてると思っているんだ、その服は、この家は。そんな口を聞くなら、今すぐでていけと、当たり前の生活を、当たり前に享受できない気分にさせる人だった。今の生活の安定はみせかけで、父の気分ひとつで崩れてしまうんだと感じさせる人だった。きっと、そんなことはないのだろうけど。頭に血がのぼってしまうと、もう手がつけられなかった。

母には、50キロを超えたら女じゃないか離婚すると平然とのたまう人だった。女は賢くなったら面倒くさいから、だしても短大まで、という人だった。一昔前の日本男性はみんなこうだったんだろうか。身の回りの友だちの父親とは、ちょっと違うように思えた。

10代の頃から恋愛対象は、年上の男性だった。それも、ひとつふたつではなくて、ひと回り以上も年上の人を好きになることがよくあった。そのことに違和感を感じたことはなかった。同級生子どもっぽく思えたし、そもそも恋愛に慣れていなくて、惹かれる人がたまたま年上なのだと思っていた。けれど、アラサーともなれば、どんなに鈍かろうがさすがに、年上を選り好んで恋愛をしていることに気づく。あと、ひと回りも上の男性は無理、っていう子が多いことにも気づく。

あれ、わたしってちょっとおかしいんだって、ほんとうに、アラサーにもなってようやく気がついた。自覚がなかったことが恥ずかしい。

ファザコンは、父親のことが大好きで父親のような人を求めてしまう人だと思っていたけれど、理想父親の姿を異性に求めてしまう人も同様にファザコンということを知った。確かに、今まで無条件に甘えさせてくれる人、穏やかで怒らない人とばかりお付き合いしていた。

なんで最近になってようやく年上好きを意識することになったかというと、アラサーともなってくると、相手の年齢も、かなりイイ歳になってくるわけで、そうなってくると、四十路だろうが五十路だろうが、子どもっぽい人はずっと子どもっぽいということがわかったから。

別に年をとっているからといって、それだけ大人であるわけではなくて、ただ単純に年をとっている(あるいはとってしまった)という人もいるのか、と。わたしも良い年の取り方をできているわけではないので、どの口でいうんだ、という話なのですが。

ある程度の年齢に達すると、ここまできてしまうと、精神成熟度は、年齢じゃなくてその人の資質だとか性格だとか積んできた経験によるんだなって思った。じゃあ、年上とわざわざ付き合う理由って何?と考えたところ、わたしは甘えさせてくれる父親を求めていたんだって気づいた。気づくのが遅い、遅いよ…!

なので、これからは、年齢を気にせずに恋愛できたらとおもう。でも、オジサンちょっと弛んだお腹まわりとか、緩んだ肌の質感だとかは、相変わらずどうしようもなく愛おしく思ってしまうわけですが。これはもう性癖ですよね。でも、同じくらいの年でもいずれはお互い、オジサンバサンになっていくわけなのだから、熟す楽しみがあるのは、それはそれであり。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん