2017-12-18

今年の漢字はどう考えても「倫」でしょう。

今年の漢字はどう考えても「倫」でしょう。

芸能世界において「芸の肥やし」として称賛され、不問とされてきた愛人不倫問題ワイドショーを賑わせたこ

相撲界における、土俵外での「かわいがり」と称した暴力行使の横行

国内企業における、過度の原価低減を追求した結果引き起こされた品質不良問題

国際的にも指摘を受けていたものの、長らく放置されてきた、外国人技能実習生雇用問題

・(最大限譲歩したとして)「森友加計問題」における権力者の信頼にフリーライドしてきた「虎の威を借る狐」を放置し続けた現政権責任

・(最大限譲歩したとして)ある種の権力批判を行う者に対する、ダブルスタンダードと言わざるを得ない「甘さ」

ハリウッド映画界において、長年見過ごされてきた権力者によるハラスメント問題化

国内大手広告代理店において、有能であるがゆえに見過ごされてきたクリエイターによるハラスメント問題化

・「BEPS」と呼ばれる、合法的租税回避を行っていたグローバル大企業が、OECD諸国による対策やいくつかの国における訴訟によって、自主的納税を行うようになったこ

大阪における「地毛証明書

いちいち挙げていけばキリがない。これ全部、狭い世界における「倫理」が、より大きな枠組みでの「倫理」、あるいは「法理」によって制裁を受けた事例ばかりですよね。

世間」において、かつて問題ないとされていた振る舞いが、「世界」には急速に受け容れられなくなっていく。「バズる」という言葉が当たり前ように使われるようになった今、ルールが変わってしまったのでしょうね。喫煙者公共スペースにおいて居場所を失い、自業自得ともいえる肺がんリスクと向き合わなければならないように、多くの人々が過去の「ヤラカシ」に対する執行猶予中あることが、もう、完全に隠しきれなくなったのが、2017年という年だったのかなと思う。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん