2016-01-25

新年会の後で

先日、会社新年会の後で、他部署の有志と合同でカラオケに行った。

年齢は20台前半から40代まで様々だが、そこそこ盛り上がり、俺の隣りに座ったのは何回か話をした事のある、別部署若い女の子だった。

お酒も回り、皆楽しく(なにせカラオケに行きたいという有志の集まりだったので)盛り上がっていたのだけど、その彼女は今の女の子らしく最近の歌でも歌うのかなと軽く想像していた。

実際、彼女以外の若い女の子達は、流行りの楽曲を歌っていて、それらに疎い自分でも何となくいたことのあるような、スピードの早く、歌詞も風で、コード進行も今時のスタイルのものが多い楽曲をえらんでいたと思う。

それらの合間を縫って生粋カラオケ好きの同僚たちが何曲も入れたり、アイドルダンスをしたり盛り上がっておりそれは楽しい時間と感じた。

その彼女は普段バックオフィスで働いている事も関係あるだろうか。

押し出しがそれほど強くはないが、服装や時々選ぶ言葉遣い現代を生きる若い子のそれと同じであり、彼女より二回りも上の私は時々苦笑してしまうような、常識というポイントをたまに外してくるが、それがまた愛嬌として魅力を感じる、そんな若い同僚であった。

仕事以外の一面を見たことはないので、今回の一席では下心なく、好奇心としてどういう曲を選び、どういう楽しみ方をするのであろうかは何となく自分意識のどこかにあったと思う。

暫しの盛り上がりと、歓談、中には上席のモノマネ大会などで羽目を外す同僚もおり、楽しいひと時の後で、どこかで覚えのあるイントロが聞こえてきた。

それは自分が昔聞いていた、中村あゆみの「翼の折れたエンジェル」であった。

そして歌っているのは紛れも無く先ほど自分の横に座り、皆の話を笑顔で聞いていたはずのその彼女であり、その歌う表情は自分の知っているあどけないフレッシュ社会人のその顔ではなかった。

知らない人も多いかもしれないが、この曲は16歳でキスを覚え、17歳で初めての夜を迎える、当時としてはちょっとマセた曲で、当時で言うところの「トッぽい」子達はこぞって聞いたり、車の中でかけていたと記憶している。

「この曲ずいぶん古い曲だけど、どこで覚えたの?」

「お母さんとお父さんが昔から車でよくかけていた曲なんです」

カラオケでは自分以外はあまりピンときていない曲であった為だろうか。歌っている現実スルー空気で、俺と同じ年代の普段ユニークな同僚が触発されたのか、もっとマイナーな曲を歌い出していた。

[続]

  • [月刊増田]月刊増田1月号

    増田読者の増田の皆さん、読み逃した増田はありませんか? おおむね10ブクマ以下を目安に、もう少し評価されてもいいのになーという増田を集めてみました。 http://anond.hatelabo.jp/201601...

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん