2018-02-01

[]勝間和代ふうまぜごはん

はいどーも。

みんな大好きまぜごはん簡単でおいしい。勝間和代ブログを参考にして作ってみたよ。

ご家庭で作るにはいくつかの障害があったけど、何回か作っていくうちにだんだんとおいしく作れるようになりました。

ということで、勝間和代ふうまぜごはんのつくレポ!いってみよう!

材料

無洗米 2合

ひじき 大さじ2

塩昆布 大さじ1

・打ち豆 大さじ1

キノコ類 しめじえのきまいたけなど 1/2から1パック

昆布つゆ 80ml

日本酒 120ml

まず、材料を用意します。材料選びのポイントは「できるだけ簡単調理する」。お米を研ぐのも面倒なので、無洗米キノコ類は包丁を使わなくてもよい、バラになっているタイプおすすめです。ひじき塩昆布、打ち豆は水に戻す必要はなく、そのまま投入。でっきるだけ簡単合理的にいきましょう。

作り方

ひとことでいうと、上の材料炊飯器にえいっと入れて、炊くだけ。それだけだとちょっと説明がさみしいので、もうちょっと詳しく手順を説明します。

1.無洗米を2合、炊飯器の釜にいれます

2.昆布つゆと日本酒を入れます

3.水を2号のラインまで入れます。水の量を先に合わせます

4.ひじき塩昆布、打ち豆を入れます

5.キノコ類を入れます

6.炊飯器モードで、タイマーが使えて一番長時間をかけて炊くモードにセットします。我が家タイガー製のIH炊飯器では、「極うまモード」です。1時間から2時間かかります。「炊き込みモード」では、具材の鮮度維持の問題があるためか、タイマーが使えません。なので、通常の白米の炊飯モードの一つを使っています

寝る前にたったこれだけのオペレーションをするだけで、翌朝には、ほかほかの勝間和代ふうまぜごはんが出来上がっています。すごーい。

オリジナルと異なる点

とても簡単ですね。でも、今回のレシピを試すために困ったことがあったので、それを書いておきます

ひよこ豆が手に入らなかった

田舎スーパーでは、ひよこ豆が手に入りませんでした。アマゾンフレッシュとか来てくれないので、代用品として、大豆の打ち豆を採用しました。

日本酒

オリジナルレシピでは、酒臭くなるので、日本酒は入れないとなっておりました。でも、酒臭さよりもお米をメッコにしないために日本酒を投入しております日本酒を入れると水の量に多少増減があってもお米に芯が残ることがなくなります

ということで、最近はてなにやってきた勝間和代さんのレシピを作ってみました。材料をそろえて、スイッチオンでできちゃう簡単メニュー栄養バランスも良く、お昼のお弁当にもおすすめですよ。みなさんもぜひ試してみてくださいね

まったねー。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん