2013-10-23

http://anond.hatelabo.jp/20131023083520

こんにちは

キリスト教徒なんですけどね。

なんか書くの余計かなとか思うんだけど書いちゃうんだよね。つい。

戒律」についてできなかったことを「ゆるしの秘蹟」(告解は古い言い方)で神様代理で「言葉ではっきり」赦してもらうんだよ。

から戒律って実は「できないことを前提にしてる」の。

でも信仰があるんだから、行いに顕れるべきだ!ってことで、「正しい」行動をするように奨められる。

あれはただそれだけのことなんですよ。

http://www.pauline.or.jp/yamamoto/yamamoto_56.php

この辺りなんかがわかりやすいかもね。

あと、神父さんや牧師さんについてなんだけど、

「体はひとつでも、多くの部分から成り、体のすべての部分の数は多くても、体は一つであるように、キリスト場合も同様である」という感じに

「いい人も悪い人もすべてキリストの体(教会、の暗喩)の一部」と求道者には初心者のうちに教えるのが普通なのよん。

これはコリント信徒への手紙Ⅰの12章~13章に載ってる。

で、これに続けて、あなたへの答えが載ってる。ついでに書いてみよー。めんどくさかったら読まなくていいよ。

あなた投稿を見て、「はて?」と思った人のために書いてるつもり。

あなたがたに最高の道を教えます…(中略)…愛がなければ無に等しい」。

現実、真面目な信徒や真面目な子供教会の外でも中でも「いい評価」を受ける。

でもそれがどうかしたの?っていうのがキリスト教徒長所であり短所なんだよね。

日本人は「ごめんなさいで済むかばかやろう」なんだけど、

悪いことやりたい放題してても、「ごめんなさい」で済ませるのが教会

その「ごめんなさい」を重視するのが教会仕事から

この点で不愉快な思い、たぶんする人多いんだろうなあ。

人に赦しを請うのは後回しで、先に神様に赦しを請うから

それについては本当に申し訳ない。ウチらの優先順位神様なんだ。

もしキリスト教徒が誰かに悪いことしたのに謝りに来なかったらそれはちゃんと伝えるべき。

その時怒っても当然だと思う。


キリスト教徒は「罪を悔い改めた罪人は、等しく神に愛された存在であって、『ずっと正しく生きてきた信徒』と同じように救われる存在だ、という感覚が本当に持てているの?

どこかで、昔から仏教のような感覚で、「より修行をした僧は、より仏に近い」「偉い」存在だ、という感覚がありはしないか。」と疑っちゃうんだよね。

気持ちはわかるんだけど…死ぬ間際に簡単な洗礼を受けて天の父の元へ一直線しちゃうのも別に構わないよってのも、伝統的な教会は受け入れるよ。(※教派による)

しかもそうやって亡くなった人の死者のためのミサ(プロテスタントなら日曜礼拝の時に同時に祈る)もやります

カトリックなら大概は来週~再来週辺りにやることも多い(ハロウィン・死者の月・11月参照)。


ほら、宗教改革引き起こしルターが言ったじゃないですか。

「大いに罪を犯し、その罪を大いに悔やんで赦しをいただきなさい。そして、その赦しの大きさ(愛)を感じて、他者を愛せ。」

とね。

余計な散文お目汚し失礼しましたー

トラックバック - https://anond.hatelabo.jp/20131023131026
  • 過剰な子持ち優遇が少子化を促進している。

    よく、子持ちに対してちょっとでも冷たい意見が出ると、こんなだから少子化になると言ってくる人がいますが逆だと思います。子持ちのみを過剰に優遇し他者に負担をかけているから...

    • http://anond.hatelabo.jp/20131020225918

      そもそも成熟化した国家ほど、出生率が下がるのは実証済み。 なので、この意見は正しい。 今非正規の問題がクローズアップされているけど、雇用の流動化とか、働き方の自由と言う...

      • http://anond.hatelabo.jp/20131020232700

        国家の「成熟」というのは、文化の違いを超えてあらゆる近代国家は同じ発展の仕方をする、ということが前提なのかね。物理的に発生する課題なんかは、確かにある程度似てくるだろ...

        • http://anond.hatelabo.jp/20131023083520

          こんにちは。 キリスト教徒なんですけどね。 なんか書くの余計かなとか思うんだけど書いちゃうんだよね。つい。 「戒律」についてできなかったことを「ゆるしの秘蹟」(告解は古い...

    • http://anond.hatelabo.jp/20131020225918

      優遇が足りねえんだよ。 1人生むごとに1千万円もらえりゃポンポン産むさ。

    • http://anond.hatelabo.jp/20131020225918

      なるほどー… 未婚増加の背景って、雇用問題が大きいんだろうか? でも出産によって職を完全に失った後、職探しから始まるわけで、今の日本だと小さな子がいる女性を快く雇ってくれ...

    • http://anond.hatelabo.jp/20131020225918

      優遇辞めたら減ってないらしい「夫婦層」まで産まなくなって更に減るんじゃないの? リスクと負担が高すぎて産めなくなるから。

    • http://anond.hatelabo.jp/20131020225918

      同意します。子持ちの方やつわりの方のしわ寄せをかなり受けて疲弊しました。産休や育休は独身でフォローできる人がいるからこそ成り立つ制度です。職場のバックアップの体制が不...

    • http://anond.hatelabo.jp/20131020225918

      子育てに必要な優遇は、仕事上の優遇とかじゃなくて、金銭的優遇。 独身でいるより、結婚して子供が生まれた方が得っていう制度にすれば子供は増えるよ。 ベーシックインカムみた...

    • http://anond.hatelabo.jp/20131020225918

      必要なのは独身でも子供を産める、育てられる環境にすべきだろ

    • http://anond.hatelabo.jp/20131020225918

      増田意見に同意した上でもう1個。 出産へ至るまでの“正しい”選択肢が「独身→結婚→出産」しかないのが問題。 子供増やしたいなら未婚出産の援助増やせ。 負の連鎖が起こらない程...

    • http://anond.hatelabo.jp/20131020225918

      子供の幸せを考えたら、安易に未婚出産を奨励する制度にするのはどうかと思うぞ。

      • http://anond.hatelabo.jp/20131021151931

        未婚の女性が産んだ子供は、子供が欲しいけれども子供を創れない魔法使いのおじいさんやおばあさんに育ててもらえばいいんじゃないか?(割と真面目に)

      • http://anond.hatelabo.jp/20131021151931

        別に推奨はしない。 しかし「離婚したからお金なくなったでしょ?貧乏でしょ?ほら子供不幸になったじゃん」 つって不幸な結婚生活を続けざるおえない袋小路に追い込むのは違う。 ...

        • http://anond.hatelabo.jp/20131021174028

          未婚出産と出産後離婚はわけて考えないと。 出産後離婚のリスクが減ることは幸せな家庭を作るチャンスを減らさないメリットがあると思うけど、未婚出産の推奨は最初から不幸な家庭...

          • http://anond.hatelabo.jp/20131021174404

            いやだから、別に推奨はしていない。 未婚出産=不幸って考え方がそもそもおかしい。 未婚出産したから不幸になるのではなく、 未婚出産によって収入面、制度面が不足しているがた...

    • http://anond.hatelabo.jp/20131020225918

      産休育休制度は作ったけど、実際どう動くか(フォローするか)をきちんと考えていなかった組織が大半。それでこういう議論になる。「お互い様なんだから(子供を生む予定のない人...

    • http://anond.hatelabo.jp/20131020225918

      あなたの会社のシステムがいけないんじゃないの? 子ども産まれて突然休んだりするような人に以前と同じ様な仕事させるのがいけないんじゃないのかな。 それを過剰な子持ち優遇制度...

    • http://anond.hatelabo.jp/20131020225918

      結婚できない理由を既婚者のせいにしてる時点であなたは結婚できないと思うよ。

    • http://anond.hatelabo.jp/20131020225918

      違うだろ。 単純に子育てが大変で、それ以外に楽しい事が沢山あるから、皆がそれを選ばなくなっただけ。 増田には、 『奇を衒う』って言うか、 この手の『私は人と違う角度から物事...

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん