2022-08-11

うどんスクールカースト下剋上

私は子供の頃、香川県とある町に住んでいた。

休みの日になると、よく午前中から友達の家に遊びに行き、友達のお母さんにお昼ごはんをご馳走になった。

そこで振る舞われるのは当然うどんである

友達が私のうちに遊びに来た時に、私の母がうどん振る舞うこともまたよくあった。

そして、誰の家のうどんが一番美味しいのかという話で盛り上がるのだ。

私の住んでいた地域では、親のうどんを作る腕前が子供学校内での地位に影響を及ぼすことがしばしばあった。

しか所詮は家庭で作るうどんであり、お店で出てくるようなレベルには及ばないような、あくまささやかランク付けだ。

だが私が小学5年生の頃、事件が起きた。

隣のクラスのS君の家で出てくるうどんが途轍もなく美味しいという噂が学年中を駆け抜けたのだ。

それまでS君の家のうどんランクは精々上の下といったところだったのだが、なんとS君のお兄さんが作るうどんは彼の両親を遥かに凌ぐ味なのだという。

ぜひともその味を確かめたいと、何人もの人たちがS君に頼み込んだ。もちろん私もである

5人くらいまでなら多分大丈夫とS君に言われた私達は、うどんを賭けた大じゃんけん大会を開き、見事私はその5人の中に選ばれた。

後日、手土産を持ってS君宅に上がったときお兄さんは既にうどんを作り始めており、挨拶を済ませた後慣れた手付きで人数分のうどんを作られていくのを私達はじっと見ていた。

S君の話では、お兄さんは1年ほど前からうどん店でアルバイトをしており、家族振る舞うために店主からうどん作りを教えてもらっているうちにめきめきと上達していったのだそう。

そして出来上がったうどんを食べた私は仰天した。市販材料から作られたとは思えないほど美味しく、間違いなくうどんランクの頂点に立つ味だった。

翌週、私達が噂は本当だったと触れ回ったことで、S君は一躍人気者となった。

休み時間になると大勢に取り囲まれ、誰もがあのうどんの話でもちきりだった。

まだ半信半疑の者も多少いたが、数週間後にS君宅に招かれた元うどんランク1位のK君や親戚がうどん店を営むN君らの証言もあり、徐々にS君を疑問視する声は無くなっていった。

この出来事によって、それまであまり目立たない方だったS君も少しづつ変わっていった。

以前よりも社交的になり、友達も増えたことでスクールカースト上位層、言ってしまえば陽キャとしての振る舞いが身についていったのだ。

その後中学校でも彼は人気者であり続け、私が親の都合で東京に引っ越すことになってからは会っていないが、元同級生からS君にとても美人彼女が出来たという風のうわさを聞いた。

あれから6年ほど経つが、うどんスクールカースト下剋上をした彼は今どうしているのだろうか。

  • 蕎麦派なんで関係ない話だな

  • 香川に住んでたから嘘だってすぐ分かるけど、面白いから許せる。

  • オカンがうどん作る家ってあるの?普通製麺所で買うだろ

    • ウチのバーチャンは、毎年、年越しそばの時期に蕎麦と一緒にうどんも打ってくれただよw うどん県ではない中部地方在住だし、飲食や食品関連の仕事でもない普通の一般家庭だったがな...

  • 香川ならありそうと思ってしまう。

  • 知るかバカうどん

  • 糖尿病っぽい文章

  • 香川県民、家だとうどん打たないよ。 そもそも意外と香川県民はうどんに無頓着だよ。 無頓着というか、奴らにとって空気みたいに自然にあり過ぎる、みたいな方が正確かもしれないけ...

  • 考えてみれば、たこ焼き1皿100円以下で買えた大阪で、わざわざ家庭でたこ焼きなんか作る文化がなかったのに、いつの間にか一家で一台タコ焼き器があるみたいな話になっちゃったんだ...

    • テレビショッピングでよく見かけた気がするやでという話

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん