2019-05-23

あるおっさんの性欲

当方38才会社員

東京住まいで既婚、子あり。毎日満員電車通勤している。

若いからモテたことはない。

風俗キャバクラも行ったことはない。

オタクでもない。

若いからオナニーはやめられなかった。モテない男でも性欲はある。でも風俗に行く勇気お金もない。ではどうするか。一人でするのだ。エロ漫画サンプル動画で。若い頃はサンプル動画探しに2時間くらいかたこともあった。毎日しても、毎日したくなる。まじで脳が壊れてるんだと思いながらもどうしようもなかった。むかしタイガーウッズセックス依存症とかニュースでやってたけど、金持ちの悩みなんだと思っていた。そんなことはどうでもよくて、やっぱり毎日したくなってしまう。脳が壊れてるから。では寝る前じゃなく朝だったら、満員電車でも仏のような顔をしていられるのではないか。試してみる。出勤前にオナニー。うーん、満足度が低い。でもしばらくは性欲ないような気もするが会社で眠くなる気もする。これはいかん。帰りに花太郎。やや満足度が高いが、やっぱり女の子を見てしまう。

触りたい、ではない。痴漢しちゃダメってわかってるけど、それ以前に目の前の人にいきなりおっぱい触りたいとは思わない。空想の中では触りたいけど、現実にはしない。そのへんは普通にわかっている。本題はそこではない。花太郎帰りでもおっぱいに目が行ってしまうということだ。キモいなと思う。脳が壊れている上に視線キモい、糞のようなおっさんになってしまったんだな僕はいつの間にか。と思う。むかしゴーストスイーパー美神で横島くんがちちしりふともも、って若いながらに言ってたけどちちとしり視線が行ってしまう。30代後半になってからは、現実的におっぱいを触りたいと思っていないのに視線だけ1秒くらい向いてしまう。若い時は0.1秒くらい見てすぐに自制心を持って視線を外してたような気がする。なんなのか、これは。肉体が衰えて脳が信号を受信するまで1秒かかっているのだろうか。

そんなとき、いつもふとボケたくないなと思う。こんな性欲おじさんがボケたら自制心がなくなっておっぱいを触ってしまうかもしれないし、視線を外せないかもしれない。俺はキモいおっさんの俺を認識しながら生きている。ボケない間は痴漢絶対にしない。したいとも思わない。だけど自制心がなくなったら、ボケたら、犯罪者になってしまうかもしれない。若い頃は性欲は出したら終わりだったけど、おっさんになってからは出しても終わらなくなってきている。ちんちん賢者でも、沼のような視線は変わらないのだ。触りたいわけでも出したいわけでもないが、目が向いてしまう。そんな自分キモいと思っている。ボケても痴漢しないような人間になりたい。

少しお金が溜まったら去勢したいと本気でも思っている。世の中のみんなは道を踏み外さないが、俺だけがこんなにキモい目を持ってしまっている。去勢すれば性欲でもない沼のような視線から解放されるかもしれないし、ボケたとしてもおっぱいは触らないだろう。

本能から女の子を1秒見るくらいいいじゃないか、と優しい人は言ってくれるかもしれない。でも俺が嫌なのです。汚いことはしてないはずの俺が汚いおっさんになってしまっていることが嫌なのです。みんなどうやって折り合いをつけて生きているのか。自分視線コントロールしているのか。

睡眠野菜は足りています

  • anond:20190523220941

    性欲強すぎるのも病気らしいよ

  • anond:20190523220941

    毎日2~3回オナニーしてる。休日は5回~する。大丈夫だ。

  • anond:20190523220941

    去勢はやめとけ。 変態去勢エロ糞馬鹿おっさんにレベルアップするだけだぞ。 VR擬似セックスが凄い時代がやがて到来する。それを待て

  • anond:20190523220941

    きっときっと後悔すると思うんで、やめたほうがいいよ。 無駄に老けたりしそうだよ、ほらショックでしょ。

  • anond:20190523220941

    野菜と肉減らして糖類ばっか食ってると性欲減退するよ

  • anond:20190523220941

    1秒でも見られるのって相手絶対わかってるから本当に気をつけたほうがいい

  • anond:20190523220941

    子供が17歳過ぎたころ突然息子だか娘だかに 「お父さんなんていつも人のおっぱいさがしるだけのおっさんじゃん」っていわれる それで治らなければたぶん 特別擁護老人ホームをセ...

  • anond:20190523220941

    去勢ってパイプカットのこと? 僕もやったけど性欲は減らなかった,精液の臭いはともかく. 逆に風俗や援交で後腐れなく遊びたい人のやることだよ

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん