2017-11-14

夫婦別姓のことから思った価値観のこと

ホッテントリを見てると、さまざまな人のさまざま意見があって面白い

最近気になったのが「 選択的夫婦別姓への反論に反論します|青野慶久|note 」というやつ。

上位に挙がっているのが主に選択夫婦別姓制度への賛成意見で、選択肢を増やすことは良いことで、

それにすら反対するのは感情論とか自分パラダイムから抜けられないからみたいなことを書いていた。

私は選択夫婦別姓制度については正直どちらでもいいのだが、

はてな界隈には多いリバタリアニズムの信奉者というのはいつもこうなのかとちょっと呆れざるを得なかった。

今ではリバタリアニズムとまではいかなくても漢字で書く「自由主義」がネットでの一般的価値観になっているか

おそらくそれはブクマカの周りでは妥当な考えだと思うが、しかし、意見を戦わせる全体集合をはてな界隈から日本に広げるとどうなるだろうか?

こんなことはよく言われているが「自分常識他人にとっての非常識」で、価値観なんて常に一致するわけがない。

その人にとっての正義はその人の価値観合致するもの。そんなことだいぶ前からわかってるじゃないか

でも日本という集合でのとりあえずの方向性を決めなければならないから、日本という集合の中でも

一番多くの人が属している集合(価値観)に日本全体を合わせることにした。これが民主主義

もちろん日本全体が属すことにきめた価値観に合わない人は必ずいるからその人たちにも十分配慮して決めていこうってこれで

何十年もやってきたでしょ?

で、話を戻すと選択夫婦別姓制度にかかわる問題というのは自ら名乗る姓にかかわるものから

合理的な側面はもちろんだが、その人の持つ価値観によるところが大きい。

リバタリアン的な価値観を持つ人からすればもちろんこれに反対するひとがいるなら理解できないだろうし、

その逆もまた真なり。でもやはりこの問題に限らず価値観の違いでいがみ合うのはいいことじゃないというのはたぶん多くの人が同意すると思う。

そういうひとには、

異なる価値観の人に対して同意もいなくていいし、活発な議論をすればいい。

でも存在排斥したり不当に貶めたりするような行為絶対に悪である

という考えをもってほしいなんておもったりした。

最後面白いquoteを見つけたので書く。

「Values」となっているところはもともと「Religion」だったが、私が変えた。

Values are like a penis. It's fine to have one and it's fine to be proud of it, but please don't whip it out in public and start waving it around... and PLEASE don't try to shove it down my child's throat.

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん