2017-10-22

斉藤和巳野球解説がひどくて、もうがまんできない。

私は福岡ソフトバンクホークスファンで、王監督就任の頃から応援しているので、もうかれこれ22年ほどホークスファンだ。

斉藤和巳は96年のホークスが弱小の頃に高卒入団してきて、2000年くらいから本格的に活躍し始めたと思う。

2003年の優勝への貢献度合いは凄まじく、一気にエースにのし上がったのはとてもかっこよかった。それまでホークスエース工藤不在以降はどうも小粒で。若田部健一星野順治田之上慶三郎ブレイディー・ラジオあたりがエースで。ロドニー・ペドラザ吉田修司篠原貴行岡本克道といったリリーフ陣が踏ん張っていたと思う。

そんな時代を終わらせたのが斉藤和巳だった。2003年2005年の強いホークス象徴斉藤和巳だ。

それからいろいろあったけれど、とにかくマウンドにいるとワクワクする、夢のあるピッチャーだった。

なのに、本当に何なんだ、あの解説は。


本当にあんなことしかしゃべれないのか。

もう2〜3年我慢しているが、いよいよ言う。


斉藤和巳解説は、日本解説者の中で圧倒的に最悪のレベルである


斉藤和巳はとにかくホークスファンに人気がある。そのせいで霞んでいる。

福岡ローカルTVQの「Super Stadium」と題する野球中継でよく解説をしているため、全国の人には知られないが、とにかくひどいのだ。

彼の解説の悪さは一言で言うと「歯切れが悪く、内容が薄い」。

実例

実況「ホークス、5点差付けられてますどうでしょうか」

斉藤和巳「え〜〜〜〜〜、そうですねー。8回で5点差というと、え〜〜〜〜〜〜厳しいような感じもするんですが、オリックスリリーフ陣、ホークス打線ということを考えるとですね〜〜〜、まだ諦めるような点数ではないかなあ、というところもありますんで、え〜〜〜〜〜あと2回の打線のつながりというものが、非常に〜〜〜ですね〜〜〜〜〜〜、大事になってくるかなぁー、というところですかねぇー。」(ピッチャー、その間に球投げちゃって、実況何も言えず。)

ホークスファンならみんな知ってることを、時間をかけて言う。

野球ルール知ってたら誰でもわかる事実を、時間をかけて述べる。

結論がない。(どのようにせめていくか、というところですかね〜〜〜〜〜、など。)

④「え〜〜〜〜」とか「非常にですね〜〜〜〜〜」みたいな、全く意味のない言葉が長い。(その間にプレーが進む)


斉藤和巳「非常に、一点がほしいばめんでしたので、この一点は大きいですねー」

斉藤和巳打者は7回失敗できるという点もありますからねー、まあ、それだけ打者は難しいということですねー」

本当にこういうことばっかり言う。本当に。④は純粋不快で、これが原因で副音声球場音声のみにすることが多い。

最初解説を聞くとき、すごく楽しみで。

選手時代からまり間がない人の解説って、臨場感があって、試合を盛り上げる。

最初に聞いたときは、ショックで言葉を失った。呆然放送事故かと思った。

大げさかな。分かる人いれば嬉しいです。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん