2014-06-23

大学新入生に贈るファッション指南

やあやあ、大学合格して夢のキャンパスライフをおくろうとしてるおまえたちへ。

おまえらがまず頭を悩ますのは毎日の服装のことだろう。

今までは制服ジャージでよかったのに、いきなり毎日私服のデイズがやってきたわけだ。

そんなおまえらに、ついこの間大学生活を締めくくったおっさんからアドバイスをしてやろう。

おれも服では苦労した。

昔買った服がダサかったことに気づく→今度こそかっこいいのを→…

このループだ。そもそもファッションなんてのは先天的に備わってる才能じゃないから、誰しもトライエラーを繰り返しながらオシャレさんを目指していくわけだ。

それでも今思い返せば、なんであんな服を買ったのか、あの金を使わずにいれば今頃あれを買えてたのに。なんて後悔をおっさんたちは沢山してきたんだよ。

からおまえらには同じ後悔をしてほしくない。ライトオン繁華街のよくわからないお兄系の店やマルイ系に無駄金を使って欲しくないんだ。

とりあえず言いたいことを3つにまとめた。

シンプルイズベスト

これは肝に命じてほしい。

大学の先輩から見ると大学一年生はすぐに見分けられる。それはおまえらがまだ引き算のファッションを知らないからだ。特にチノパンの裾を折り返して柄を見せている奴。おまえだよ。さっさとそのダサいパンツを捨てろ。

この考えを理解したければ先輩の服装を見ろ。色使いが落ち着いているはずだ。入れたとしても差し色的に使っていて、基本の色味は地味な色のはずだ。

お前らには無印良品おすすめする。価格と質のバランス、サイジング、店舗の多さ。どこをとっても平均以上の優良店だ。

今後お前らがどんな服に向かっていくのか知らない。だが、大学から服に興味を持ち始めたやつが、いきなりストリート系に走ったり、モードに振れたりすることはまずない。とりあえず、無印良品ベーシックな服を買っとけば長く使える。

サイズが命

これをとにかく意識しろ。よくチェックがオタク臭いなんていうやつがいる。確かにオタク臭い柄があるのは確かだ。だが根本的な原因はサイズの選び方にある。よく先輩を見てほしい。チェックを着てるのにおされオーラを醸し出しているやつがいるだろ?それはサイズが合っているからだ。おまえらが思うより1つ小さいサイズを買え。それでも分からなければ店員に聞け。

特にボトムスサイズには気をつけろ。お前らが細すぎだと思うやつを買え。分からなかったらユニクロに走って、一番細いやつを買ってこい。ユニクロボトムスは使える。

③目を肥やせ

ファッション経験だ。とにかくインプットを沢山したほうがいい。道行く人、ファッション雑誌ネットのコーディネート集、店舗に出向いて品物を触る。これをやってればいつの間にか、世間でおしゃれと言われているモノはなにか、についてわかってくる。おしゃれは絶対的価値観じゃない。みんながおしゃれだと思うからおしゃれなんだ。だから「みんな」の基準を知ることが大事になる。



他にも色々あるがとにかくこの3つを頭に叩き込んどけば大きく失敗はしないはずだ。

健闘を祈る。

記事への反応(ブックマークコメント)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん