2020-01-06

初恋相手に会ってきた

2019年の暮れはいつもと比べて少し特別だった。成人式以来12年ぶりに、中学時代初恋相手と会ったのだ。「同級生が来る」とだけ言われて誘われた、一体誰が来るかもよく分からない飲み会で、馴染みのない地元居酒屋に行ったら、数名の女子の中に彼女がいた。

正直言うと、彼女が来る事を期待していないわけではなかったが、まさか本当に来るとは思っておらず、僕はうろたえた。ぎこちなさを隠しながら、その場にいる全員に向かって「久しぶり」と声をかけた。返事は様々だったが、彼女がぎこちなく発した「久しぶり」という声しか私の耳には入らなかった。あの頃と同じ、少しくぐもったハスキーな声だった。

同級生を交えた会話ではあったものの、僕達は12年ぶりとは思えないほど自然に話せた。前に誰かから聞いたとおり、彼女は5年ほど前に結婚し、3歳の子どもがいるそうだ。写真も見せてもらった。彼女に似た大きな瞳の可愛い女の子だった。僕は、彼女にあまり似ていない口元から父親の姿を頭に描こうとしたが、うまくいかなかった。

話題は、今の仕事の話や他の同級生現在の話、中学時代の笑い話など、同窓会テンプレと言えるものだった。恐らく同じ時期に日本中のそこかしこで繰り広げられているであろう話にも思えたが、それが楽しかった。

会話が一段落して一瞬静かな時間が訪れた時に、一人の同級生が「そういえば、2人って付き合ってたよね?」と唐突に言った。まだ酔いが回っていなかったが、動揺を隠しながら「そうだね」と言った後、急に顔が熱くなるのを感じた。「中学生のカップルってどういうことしてたの?」と無邪気に聞く同級生に対し、彼女は僕と行った所や一緒にした事を話していた。彼女が俺との思い出を覚えていてくれたのは嬉しかったけど、まるで自分ではない誰かの事のようにすらすらと話す、その口調だけが妙に引っかかった。僕も、記憶を辿っていくつかの出来事を話した。僕だけが覚えていて、彼女が覚えていない事もあった。数は少ないけれど、その逆も。

そんな小さな同窓会は思いのほか盛り上がり、解散する頃にはもう0時を廻っていた。旦那が車で迎えに来ると言った彼女を、車まで見送る程の度胸は僕には無かった。店を出ながら彼女は僕の顔を見て、「帰り、気をつけてね」と笑った。時折夢に出てきたあの笑顔と同じだった。

実家まで歩く途中、イヤホンを耳にねじ込んだが、何の音楽も聞く気分になれなかった。頭の中には、答えが出ない疑問が渦巻いていた。彼女は、僕と同じように、事あるごとにあの頃の事を思い出したりしていたのだろうか。僕は彼女にとってどんな存在なのだろうか。答えが何であれ、もう何もかも無意味だ。

  • 女視点で考えると昔の男って1mmも興味が持てないんだけど、男視点はこんな風になるんだ、興味深い。

    • サンプル1で「男視点」って言うなよ つーか増田についてすらお前は理解出来てなくて、 まともな国語力のある人間が文見ればわかるとおりこいつはナルシストだ 元カノに関心がある...

    • 興味が持てないならまだましだね。 多分、過去の汚点くらいにしか思っていない。

      • 汚点と思ってるなら思い出語ったりしないだろう 多分「幼稚園の時に将来結婚する!と言ってた男の子」と同じカテゴリ扱い 幼稚園よりは中学生の方が多少記憶は確かかも、って程度...

  • だから私は童貞厨。

  • 君がイヤホンをねじ込んでたころ、 彼女は旦那さんのイヤーアハーンをねじ込まれてたんだね。 口の違う第二子が楽しみ。

  • まるで悲劇な喜劇 モテない方じゃなかったのに

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん